また原発

-----
・原発立地特別措置法案に与党内からも異論!
 与党三党が駆け込み成立を狙っている「原発立地特別措置法案」に対し、 野党や市民団体からの批判だけでなく、与党議員の一部からも 「原子力に一方的に肩入れし、ばらまき行政拡大の象徴的存在」と異論が出ていることが明らかになった。 それでも与党側は「与党質問を省いてでも早期採決を」との強硬姿勢を崩していないという。
(11/21 共同通信)
<関連記事>
『原発推進特別措置法案ってなに?』
-----

日本はクリーンエネルギーに本気で転換する気が無いようだ。 「原子力はクリーンだ」などという欺瞞がまだ通用すると思っているのだろうか。

だいたい原子力発電所は大体地方にある。 理由は「近くにんなもんがあるとイヤだ」というのが普通だからで、 財源に困っている地方都市が、この「給付金」欲しさに原発建設を受け入れるというパターンが多いのだ。 原発建設をを受け入れると、その町には道路や鉄道などのインフラ設備が整えられたり、 毎年給付金がもらえたりする。 一度その金をもらってしまうともう戻れないのだ。 そしてその金は年に数千億と言う単位だったりする。

原子力のためにばらまく金があるならクリーンエネルギーに回しなさい、 一桁違うんだから、といつも思う。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2000年11月27日 23:45に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「象なのか象でないのか」です。

次のブログ記事は「省エネ、してみないか。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ