世界風力地図

「世界風力地図」が示す風力発電の大きな可能性

 スタンフォード大学の研究チームが編纂したこの地図は、世界の8000ヵ所を超す地点の風速を示したものだ。 研究チームによると、そのうち、現在使われている風力タービン1基を動かすのに十分な強さの風力が観測された場所は 少なくとも13%にのぼり、こうした地域すべてに風力タービンを設置すれば、72テラワットの電力を生成できるという。

もちろん全ての場所に風車を設置できる訳はないが、 こういう調査が行われたのは自然エネルギーを見直すきっかけにもなるという意味で good jobなのではないかと思う。

途上国での発電には、厳格な運用が必要な原発とかよりも、 間違いが起きてもリスクが小さい風力などの自然エネルギーによる発電は良いと思う。 コストは依然として問題であり、先進国による技術支援が欠かせないのは言うまでもない。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2005年8月16日 21:06に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「郵政民営化メモ」です。

次のブログ記事は「最近のGoogleさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ