MT使いの憂鬱

いつも思うのだが、バージョンアップがめんどくさい。

今回3.33から3.35にしてみたわけだが(めんどくさいので3.34にしてなかった)、 毎回めんどくさいと思う。 で、今回は更にどうかと思ったのでちょっと思ったことを書く。

さて、今回のバージョンアップの手順書には、下のようなことが書いてあった。

1 バックアップの作成
バックアップの手順に従い、バックアップをローカル側に作成します。

2 以前のバージョンのデータの削除
FTPプログラムで、アプリケーション・ディレクトリとスタティック・ディレクトリの内容を空にします。これは、以前のバージョンとの混在を防ぐためです。

3 新しいバージョンの導入
新規インストールの手順に従い、新しいバージョンを導入します。

4 環境設定ファイルの復旧
(省略)

5 カスタマイズ内容の反映(オプション)
default_templatesディレクトリやsearch_templatesディレクトリ内のテンプレートをカスタマイズしていた場合は、ローカル側に作成したバックアップから、それらをアップロードします。

なんですか「ディレクトリの内容を空にします」って。 ユーザを信用しすぎじゃないでしょうか。 世界中で「アッーー!!」な人が発生しているのではなかろうか。 外国だと「オゥッーー!」かもしれないな(←どうでもいい)。 少なくとも「ディレクトリを空にする」というリスクの高い行為をユーザにやらせるのは危険だと思う。

システムを構成するファイルはわかっているのだから、 どのバージョンからアップグレードしたら、 どのファイルが更新されるかというのはわかるはず。 ならば、こういうのはどうだろうか。

更新用のファイルが詰まったディレクトリと、 バージョンアップ用のスクリプトをアップロードする。 そのスクリプトにブラウザからアクセスすると、 対話的にアップグレードが始まる。 不要なファイルは一覧を表示して、OKを押すとサクサク消す。 上書きが必要なファイルは、確認して上書きする。 できることなら、上書きされるファイルのタイムスタンプを見て、 ユーザーが変更していたらカスタマイズの可能性があるので、 変更点を表示しつつ「ここ、変わってますけど上書きしちゃっていいっすか?」 と聞いてくれたり・・・

そんな風になったらとてもいいと思うのだが、 夢見過ぎだと思った。

しかしこんなめんどくさいことをユーザに課すと、 スキルのないユーザほどアップグレードはしなくなるし、 セキュリティーホールはそのまんまほったらかしになる。 企業ユーザもいるだろうし、リスクになると思うのだが・・・

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2007年4月28日 20:40に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「尊師ソングメドレー」です。

次のブログ記事は「Top 10 Playoff Performances」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ