Movable TypeのライセンスのGPL化

MovableTypeのラインセンスがGPL化されることが意外と知られてない/理解されてないらしい

Movable Typeユーザは必読。
私もホントに全く知らな/理解していなかった。 でもそれもそうだろう。日本語のリリースでは触れられていなかったのだから。

で、GPLって何だっけという話だが、上記リンク先を引用する。

1. ソフトウェアのライセンスがGPLであるということはそのソフトウェアの使用にはお金がかからないということと事実上同じ意味である。「えっ?でもSixApart日本法人のニュースリリースには5万円に値上げって書いてるよ?」という話は後述。

サポートが不要なら、使う分にはオープンソースだと。 GPLというのは、GNUのようなコピーレフトということらしい(余計分かりにくい?)。
参考)GNU General Public License - Wikipedia


まとめ
・MT4は商用でもサポート不要なら無料(要サポートなら有料)
・無償個人利用継続
・なのだが、今までのリリースを読んでそう理解できた人はほとんどいないと思う
・SixApart日本法人のこの発表が適切だったのか、ちょっと疑問

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2007年6月19日 23:24に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「くよくよするなぁ!」です。

次のブログ記事は「今日の聞き間違い大賞」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ