MacからCGI(Perl)でAPIを叩く - APIを使って遊ぶ2

「携帯さーちあしすと」の裏側を公開 - APIを使って遊ぶ1で書いたように、APIいじりのwebサービスを作っていたりして遊んでみている。

しかし、編集したファイルをいちいちサーバにアップしてpermission変えたりするのがめんどくさいという、非常に重大で深刻な問題が持ち上がった。

ふと気付くと、MacOSXにはapacheが入っていて(Leopardではapache2)、システム環境設定の「共有」で「Web共有」をonにするだけでwebサーバが立ち上がる。 じゃあ、Macのapacheを動かせば、ファイル転送しなくて済むし、少し楽じゃない?

ということで、環境整備、というほどのものでもないが、簡単にやり方を書いておく。 今どきCGI?という話もあるが、気にしない。いいじゃない。Perlで。

apacheの設定

以下のサイトにわかりやすくまとめられているので、参照されたい。
Mint's log: LeopardでApacheを使う・お手軽入門編

かんたんにまとめると

  1. システム環境設定の「共有」で「Web共有」をonに
  2. /Library/WebServer/Documents/ にファイルを置く
  3. ブラウザで http://localhost/ にアクセス

以上。簡単でしょ?

次にCGIを使えるようにする。

/Library/WebServer/Documents/ に.htaccessというファイルを置いて、以下のように書く。

Options Includes ExecCGI
AddType text/html cgi
AddType cgi-script cgi
AddType cgi-script pl
AddHandler cgi-script-debug .cgiline
AddHandler server-parsed htm
AddHandler server-parsed html
order allow,deny
allow from all

.htaccessの作り方は、あまり丁寧に説明していないが、以下を参照するとわかるかもしれない。
管理者権限でのファイル編集 (うむらうす)

また、.htaccessの内容についてはミケネコさんのサイトを参照されたい。
ミケネコの htaccess リファレンス

これで「.cgi」または「.pl」という拡張子でCGIやSSIが使えるようになる。 SSIは正直使わないかもしらないが、なんかクセで。

エラーログの見方

書いたコードはエラーを生む運命にあり、エラーログはコードのどこが悪いのか教えてくれる貴重なご神託なので、以下のコマンドでありがたく拝む必要がある。

% tail /var/log/apache2/error_log

FinderでShift+Command+Gでディレクトリを表示して、エディターで見てもいいが、ログファイルの容量が大きくなってきた場合、上のコマンドの方がずっと速い。


これで、PerlでAPIを叩く下準備ができた。 (なぜか知らないが、「API」は「叩く」ものらしい。 硬くて表面が平らなんだろうか。API。)

ということで、次からは再び実際にAPIをいじくっていく。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2009年5月10日 22:30に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本館のフィードに別館(annex)のフィードもまとめた」です。

次のブログ記事は「はてブのマイページ検索のURLが変わってた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ