2000年12月アーカイブ

メール年賀状の光と闇

メリークリスマスあんどハッピーニューイヤー。
今日のタイミングではどちらもタイミングが合っていないところがすてきだ。

おそらくメール年賀状を出す方も多いだろう。 この年賀状の電子化により、ハガキ代に切手代、 果てには郵便屋さんの配送をも省くことができ、 家計の支出の大幅な削減と同時に、郵貯の流出であえぐ郵政省へのダブルパンチとなることが予想される。
 さらにお年玉決算の電子化により、給料振り込みによる父権の失墜と同じ現象が起こることも懸念されている。
 なんでもかんでもIT化すればいいというものでもない。 負の側面があるということを認識すべきである。

我ながらうさんくさい。というかウソです。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

「天皇の戦争責任」を読んだ

「天皇の戦争責任」加藤典洋、橋爪大三郎、竹田青嗣(径書房)を読んだ。
かなり分厚い本なのだが、著者がいずれも賢い人たちなのでそれほど苦労せずに読めた。対談形式だけに、議論がかみ合っていなかったりして多少読みにくい部分もあったが。

要点は以下のようなものだ。
今までのような「日本は悪かった=天皇に戦争責任がある=革新派」 対「日本は正しかった=戦争責任はない=保守派」 という二者択一では、そこから先に進むことはできない。 どちらの意見も極端すぎて、一般の人の感覚とは結びつかない。 戦争には仕方がない部分もあった。しかし悪い点もあった。 そういったところから一般的な共通認識を作り上げることで、 日本がこれから国際社会を生き抜いていく土台が作られることになるのだろう。

今までなんとなく「考えておいたほうがいいんだろうな〜」と思いつつもそのまま過ごしてきた問題なので、 こういう信頼を置ける人たちが書いているものがあるのは非常にありがたい。 読み返す価値がある本だ。オススメ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

うーむ。

エネルギー問題のコーナーの見栄えを良くした。

「原子力発電で本当に私たちが知りたい120の基礎知識」(広瀬隆 藤田祐幸、東京書籍)を読んでいる。
日本の原子力行政の現状についてかなり詳しく書いてあり、暗い気持ちにさせられる。

高速増殖炉やプルサーマル計画、核燃料再処理工場など、フランスやイギリスも撤退している技術になぜか日本は固執している。 日本の原子力は、もはや世界で完全に孤立している。
このあたりのことはいずれ詳しく書くつもり。

これを改善するにはどうしたらよいのだろうか。
通産省関係の官僚を動かすというのも手だが、現実的にはより有望な技術を発展させていく方向だろう。 世界一高い電気料金にしているくせに赤字まみれの電力会社も、電気料金自由化であまりバカなことをしている余裕はなくなったはず。 市場原理が導入されることで、合理的な技術が主力になるのを期待。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

パラベンよお前もか

-----
 化粧品や石けんなどに保存料として含まれている化学物質「パラペン」が、 これまで影響がないとされていた少ない量でもネズミの精子の数に影響を及ぼすことがわかった。 東京都立衛生研究所の大石眞之主任研究員によると、 「パラペン」を8週間にわたってオスのラット24匹にえさに混ぜて与えたところ、 精子の数が20パーセントから、40パーセント減り、量を増やすほど精子の数が減っていったという。
(12/15 NHK)
-----
パラベンはパラオキシ安息香酸エステルのことで、 上にあるようにせっけんの防腐剤としてよく使われている。 無添加寄りのせっけんでも、指定成分として「パラベン、香料」ぐらいは使われていることが多い。 それは、今までパラベンはそれほど害はないものだと考えられていたからだ。

FLAPPAERS SOAPによると、
「人により接触皮膚炎を起こす。アレルギー性湿疹。 飲み下すとむかつき、嘔吐、酸性症、掻痒症、薬物発疹、発熱、メトヘモグロビン血症、肝炎。」
とあるが、今回の問題はこういったアレルギー関係ではなく環境ホルモンとしての働きがある可能性があるということである。

が、人間はせっけんを「えさに混ぜて食べる」ことはないので、 このニュースを見て「すぐにパラベン入りは使わないようにしよう!」 ということもないと思う。
 結局のところ、パラベンは環境ホルモンである可能性は指摘されているので、 使わないに越したことはないだろう。

やはり時代は手作りせっけんか。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

NTTってば

NTTはまーだISDNのキャンペーンを張っている。
設備投資に金を使ってしまったから、時代遅れのISDNを無知な消費者にだまして売りつけようというわけだ。 来年の頭からはフレッツDSLを売るそうな。 つまり来月に10分の1以下のスピードになるのを、NTTは確信犯的に売っているのだ。
「在庫整理で買わされたユーザーの立場は」という質問に
「それが会社の方針ですから」との答えたとのこと。
ふざけんな〜!

NTTに通話料を払うのは、やめましょう。東京電話にしましょう。
ISDN導入、やめましょう。有線かケーブルテレビにしましょう。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

省エネ、してみないか。

TOPのページを始め、いろいろリニューアル。
見栄えの改善に重点を置いた。というか内容はいじってない。
やっぱり画像だよなー。

イギリス政府は、2010年の温室効果ガス排出量を1990年比で23%削減することを計画しているそうな。 京都のCOP3で英国に義務付けられた削減目標の12.5%の倍近い。 具体策としては、電力供給量の10%を風力などの代替エネルギーに転換することや、 低公害車の開発促進などをあげているとのこと。 ちなみにドイツも20%以上削減目標を掲げていたはず。

にもかかわらず、日本は相変わらず「90年比で6%減はムリ」という構えだ。 政府は産業界からの要請で、省エネ努力による削減に二の足を踏んでいるのだ。 省エネ努力って当然なんじゃないの?うーむ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2000年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2000年11月です。

次のアーカイブは2001年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ