2001年5月アーカイブ

マンガいろいろ

自分で作っておいて、トップページのさわやかな雰囲気に耐えられなくなってきた。 もうちょっとうさんくささをかもし出していきたい。

Angel Heart三話目。ちょっときつめのことを書こう。
やはりこの話は、北条司が描いている以上正式なCity Hunterの続編だ。
私は文句を言うなら読むな、というスタンス。
受け入れられないのなら、同人誌に行けばいいんじゃなかろうか。

思い込みの強いキャラクターが死んでしまったのを見るのがつらいのはわかるけど・・・なんだか見ていて楽しいものではないのですよ。 似たようなパターンもいろいろありましたな。エアリスとか。

なんて考え方をするのは冷めてるんですかねぇ。

実は「暁!男塾」一回も読んでない。 読まなきゃ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ふんぬ!

先日の貴乃花のように、憤怒の形相をしている人に遭遇。びっくり。

ただ貴乃花と異なる点があるとすれば、それは格闘している相手は武蔵丸ではなく、今にも自転車から落ちそうな、いっぱいにつまった買い物袋×3だったということだけだ。

なんだか臭そうな兄ちゃんだったので 武蔵丸より全然軽そうだし平気だろ、と素通り。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

永遠なんてない

 先日友人から来たメール。おもしろかったのでそのまま載せる。 彼は現在就職活動で奮闘中。
-------

 ひと試合に最低一本のヒットを打つことがもはや当たり前のことであるかの様に感じ、 もう永遠に続くと思われたイチローの連続試合安打記録が、 先日24でストップした。

 そして、今日(正確には昨日だが)私は一本の電話を受け取った。 そのとき時計の針は午後11時を回ろうとしていた。 電話の主は、先日面接を受けた******という会社の人事の人だった。 ******の面接の時に私は 24時間早くいってしまい、 とてもじゃないが満足のいくようなPRはできなかった。 しかし、その電話の主は私に一時面接通過の旨をつげ早々と電話を切ったのであった。

 それは長い長いトンネルの先に見えたひとすじの光であった。 そのトンネルの出口まではまだかなりの距離がある。 しかし、出口はあったのだ。 そして、出口のむこうには内定という楽園が広がっているということを私は知っている。

 私は今、この世の中には良くも悪くも永遠に続くものなどないのだと知った。 イチローの記録がストップし、私の面接連敗記録も今日で終わったのだから。 文:金子達人

--------
 この身を削ったギャグがたまらない。芸人です。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

クリ殲

クリスマス殲滅委員会

心が痛い。

ちなみにクリスマス殲滅委員会2000もある。

きっと今年もある。ぜったいに。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

白黒つけろ

理解とは、物事を中身(理論、根拠)から自分で作り上げられること。
=ホワイトボックス。
暗記とは、物事の外側のみを再現できること。
=中はブラックボックス。

自分が理解しているかどうかは、一から作り上げられるか試すとわかる。 人に説明できないことはわかってない。

んー、オチなし。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

はさみ手

「シザースハンド」ではなく「シザー・ハンズ」ではないかという指摘を頂く。 その通り、シザー・ハンズでした。

でも「はさみ」は「scissors」であり、複数形ではじめて「はさみ」である。 単数の時は「a pair of scissor」とする模様。 従ってヤツも「scissors hands」だと思ったのだが。


言い訳って楽しいな。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

PS2で動くLinux

 PS2にで走るLinuxが出るらしい。外付けHDD(40G)やらキーボードやらセットで2万5千とか。 4万程度で本体+2万5千+モニタ、全部で10万しないぞ。 PS2は3Dグラフィックの演算能力がすさまじいので、 そういう使い方ではすばらしい力を発揮するはず。 単純にスペックを見て、CPUのクロックは300MHzなので 「大したことないじゃん」とか思ってはいけないのだ。

 元々PS2は開発をLinuxでやっていたらしい。 そのキットを売ってくれ、ということで署名運動もやっているようだ。

「メインマシンはPS2」なんて人が出てきたらおもしろいね。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

iBook

 新しいiBookの構成が変わった。 当初はCD-ROM、DVD-ROM、CD-RWという構成だったのが、 CD-ROM、DVD-ROM、DVD-ROM/CD-R/CD-RWコンボドライブに変わった。 販売が開始されて直後にCD-RWを注文した人はコンボドライブにしてもらえるのだろうか。 してもらえなかったらショックだろうな〜。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

MacでSSH

 MacでSSHで接続する場合でも、フリーソフトだけで日本語入力ができることがわかった。 SSHというのはSecure SHellの略で、Telnetの認証と通信を暗号化したもの。 Telnetだとパスワードが暗号化されないで流れちゃうので、 途中で盗み見された場合にばれてしまうのであまりよろしくないのだ。 これがSSHだと、暗号化されてるので安心ね、というわけ。 ちなみにftpも暗号化されてなくて、それをsshで暗号化したものがscpというんだけどあまり知られてないみたい。

 それで、Macの環境でSSHを使ううえでの問題点が「フリーのソフトだけでは日本語が通らない」 と言うことだったのだけど、ちょっと細工してやることで読み書き可能になるというわけ。 このツールのことは前から知ってたし実際使ってるんだけど、 「読める」だけで「書け」ないと思っていた。 ところが試してみたら実は書けたという話。

よかったよかった。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

バカばっか

 「バカと言ったやつがバカ」
いい切り返しだ。
しかしこの言葉を使ったからにはその人は一生 「そばかす」 なんて言ってはいけない。 「その場限り」 なんてもっての他だ。 「大場加奈子」 というかわいそうな名前の子がいても、 フルネームで呼んではいけない。 かわいそうな名前といえば、結婚して「金子金子(かねこきんこ)」 になってしまった人がいたそうな。結婚に踏みきるにはかなり勇気が必要だったろうに。

 話を戻すと、そもそも 「バカと言ったやつがバカ」 と言っている時点で、本人が既に二回も「バカ」と言ってるではないか。 ああ、わかった。
「私は確かにバカであることは認めるが、私が提唱するこの規則に従えばバカといったあなたもバカということになる。 へへーん、道連れだー。やーいやーい。」
ということだ。

ばくだん岩のメガンテを連想させますね。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

にゅーらるねっとわーく

ニューラルネットワーク(NNというらしい)について学んだ。 もともと脳の仕組みをまねて簡単なモデルを作ったら、 なかなかどうして結構賢いものができたというものらしい。

どういうものかというと。 さまざまなパラメータのうち、どれがどの位の重みで効いているのかを試行錯誤から学習するそうな。 言い換えれば、入力に対する結果をフィードバックする(=学習する)ことで、 次の入力に対する結果の予測の精度を高めていくんだって。 しまいには、未知のものに対する予測もできるようになるんだって。 正しく命令しないとエラーを吐いて止まるコンピューターが! ようするに賢くなるってこと。 人工知能に使われてるらしいです。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

バックル・AH

本日の不思議。

男性用トイレの小用便器の中に、ベルトのバックルが落ちている

のを発見。
なんで?その後どうしたの?

1・シザースハンドな人が、ベルトを外そうとして思わず切ってしまった
2・ベルトの鮮度が高く、いきおい良く跳ねて落下
3・ベルトを外そうとしたら、長さを調節するところが開いてベルトの先端が落ちてしまった

まぁ3で、落ちたら拾う気にならないのでそのまんまなんだろうけど。


趣味のお話。

先日創刊したコミックバンチに載っている、 北条司のAngel Heart。 北条司は好きなので興味津々で読んでみたのだが、 City Hunterのキャラクターがかなり重要な関わり方をしている。 んでファンの方々はとても大きなショックを受けている。 EVAの25,6話を思い出すなぁ・・・

私はそれほど思い入れはないから多少客観的に見れるのかもしれないけど、 まぁ作者を信じていればいいんじゃないの?と思う。 そのお気に入りの話を作ってくれたのも作者な訳だし、 作者だってこういう形で前の作品を出すことのリスクだってわかってるはず。 その上で何かを成し遂げたいっていう意気込みが感じられて私としては好ましい。 彼はこの話にかなり気合い入れてるので、ただの続編漫画では終わるまい。

追記。
群馬県国領のodn使ってる人からプレゼント(ウイルス)が届いた。
うれしいな。誕生日、覚えててくれたんだ・・・教えてないのにさ。
(注:別に誕生日じゃないです)

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

グレート分別

学校で、紙類の分別がすごい。

大きさ5mm×40mm以上の紙だったら、全てリサイクルに回すらしい。 お菓子の包み紙も。箱も開いて。レシートも。 これはいかがなものだろうか。

「紙の無駄遣い=森林破壊」 という図式から、 「紙はリサイクル」 という考え方になるのだと思う。 しかしリサイクルはバージンパルプから紙を作るのよりもエネルギーがかかる。 また紙に使われるパルプは熱帯雨林じゃないので、 紙のリサイクルは熱帯雨林の急減を食い止める助けにはならない。

もちろん「リサイクルするな」と言っているわけではない。 例えばトイレットペーパーのリサイクルなんて、どんどんやってくれればいい。 コピー機の隣に箱を置いておき、コピーに失敗したコピー用紙を回収するのもいいと思う。 いつも書いてるけど、消費者側に完璧を求めても絶対にうまくいかないのだ。

重要なのはコスト対効果なわけで、 あまり効果がないことにエネルギーを傾けても効率が悪い。 コストは0から30程度まで上げるとその効果は目覚ましいが、 70から100に上げてもその効果は少なくなってしまうのだ。 100m走で、普通の人がタイムを1秒上げるのは可能だろうが、 国体レベルの選手が1秒上げるのはほぼ不可能に近い。 そんなイメージ。

要するに、誰でもできる程々のところでいいんじゃないか、 ということでした。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

心頭バーニング

近ごろ暑いなぁ。と思いふと考える。

暑いのに耐える的な諺として、「心頭滅却すれば火もまた涼し」がある。 この諺は「二つの温度が異なる物体が接したときに、 熱は温度が高いほうから低いほうへ流れる」 という熱力学第0法則(ホントにあるよ)を元にしている。 つまりどんなに高温でも、相対温度が低ければ涼しく感じるという主張だ。


しかしこの考え方には大きな欠点がある。

確かに相対温度が低ければ涼しく(冷たく)感じるだろう。 しかしその前に「心頭滅却すれば」という恐ろしい仮定があるのだ! これは相当難しい。

体だけでも不可能というかおそらく死に至るため、 涼しいと感じるヒマもなかろう。 仮に死に至らなくても、火傷が痛くて「涼しい」とは思えまい。

要するに絵に書いたモチだ。

関係ないけど宇宙人情報。要約。
10月の南アメリカで夜中にチューブ状の武器を持った宇宙人に攻撃されマヒする確率が高い。

従って、10月に南アメリカで夜中にチューブ状の武器を持った宇宙人を見かけたら、 マヒさせられないように気をつけるべきだということがわかった。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

続・レッサー

しまった。昨日あんなことを書いておきながら、 lesserって存在する単語だった。 そういえばレッサーデーモンとかレッサーデビルとかいうもんな。

英英辞典によると、
「not so great as the other(s) (lesser evil;lesser mortals)」
ということらしい。レッサーデーモンには下級悪魔とか訳がついてたりしますね。

ということはレッサーパンダはやっぱり「下級パンダ」なのだろうか。 日本語風に言うと、「パンダもどき」といったところなのかね。 知らないけど。

と思ってちょっと調べて見つけた(3分)パンダの語源
あー、そうなんだ。 レッサーパンダの方が元のパンダなんだね。 普通のパンダはジャイアントパンダ。 しかし「レッサー」の適訳は不明。

ちなみに上のサイトの「語源コーナー」はなかなかおもしろい。 「へべれけ」って日本語じゃなかったのね。 「かぼちゃ」の語源も予想外。「アンデスメロン」も変な感じ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

レッサー

レッサーパンダの帽子。

レッサーパンダ=lesser panda。
lesserは、lessの比較級である。 lessで既に比較級なわけだから、 「もっともっと劣った」という意味である。 もちろんこのような単語は存在しないのだが、 「worse pandaではworth pandaと似ていて、 劣った感じがうまく出ない」 という理由からあえてlesserという単語が使われている。

つまり「より劣ったパンダ」なのである。 では、何故そのような不名誉な名を持つ動物の帽子なのか。 そして、なにが劣っているのか。 そこが問題の焦点となっている。

「私には、何一つ人よりすぐれたことがない。 つまり劣っている事ばかりだ。 そんな私にふさわしい、私を象徴するのがこの動物なのだ」
というのがノーマルな解釈。しかし
「私は人より劣っていることがないため、 劣り具合が人より劣っている。 その象徴としての帽子である」
という考え方もある。 どちらも説得力にあふれていて、どちらを取るか悩ましい。

 とか書いているとそんな気がしてくるところが不思議なものだ。 レッサーパンダという響きだけで書いてみました。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

男塾!

RAINY DAY モロ画像に笑った。
なぜ笑っているのかを考えると複雑な気持ちになれる。

SUPER JUMPで「魁!男塾」の続編が始まるそうだ。 "さきがけ"だから、てっきり次のタイトルは「殿(しんがり)!男塾」だと思ったら、 「暁!!男塾」のようだ。納得いかぬ。 ちなみにサブタイトルは「青年よ、大死を抱け」。 非常に男塾っぽくて良い。
「撲針愚(ぼくしんぐ)」とかあったなぁ・・・。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

電車内ウォッチング

電車の中でウトウトしていると、なんとも上機嫌そうな若者(男)がでかい声で会話している。

「それがさー、弁慶の泣き所。べんけいの、なきどころ!うはははははー!」

何がおもしろいのかわからない笑い声を聞くと、なんとなく不安をかき立てられる。 なんだこいつは?と思っていたら、 結局その後の「オレすげー酔ってるよー」という発言で、 ただの酔っ払いということが判明。一件落着。(何が?)

乗り換えたあとの電車で。 今度はやや混んでいるのだが、横に立っているオジサンの前に、 髪の毛洗えなさそうなパーマ (ちりちりになった髪をひねり上げてとんがったものが何本もあるようなやつ) をかけた女の人が立っている。 よく見ると、そのひねりとんがりのうち一本の先端が、 電車が揺れるたびにオジサンの耳の穴を襲っている!

おじさん、ぴーんち!

見ているだけでも不快な攻撃だ。ああ恐ろしい。

とりあえず、オジサンの口からあえぎ声が漏れなかった のが不幸中の幸いだ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

アタック?

管理しているサーバに不審なアクセスが見られる。 調べてみるとアクセス元はフランスや韓国やらベルギーやら台湾やら。 ノルウェーやイタリアもある。 なんともワールドワイドですな。

有名なセキュリティーホールでもあるらしく、 そしてどいつも同じ手口でアクセスしようとしている。 そこは開いていないので大丈夫なのだが、 あんまりいい気持ちはしない。 IPさらしてる何やってんだかなぁ。

できればトラップでも仕掛けたいところなのだが。
知りあいに強者がいるので聞いてみることにしよう。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

添付ファイル

今日ヘッダにFromフィールドもToフィールドもないメールが来ていた。 そして「私はウイルスです」と言わんばかりの 謎の.exeファイル が添付されている。 夜中の街で、全身白タイツにサングラスをかけた男が 「私は怪しくないです」と言っているのに出会ったかのようだ。 ここまであからさまなのも珍しいなぁ。感心した。
まぁウチはMacなのでダブルクリックしても何の問題もないのだが、 とりあえず即捨て。 ちなみに発信元がodnなのはわかった。 頑張れば特定可能だろう。

基本的にウイルスというのは外からダウンロードしたものかメールの添付ファイルでしか侵入経路はない。 メールの添付ファイルは内容がわからないものは開くべきではない。 ましてや知らない相手から「I love you」とかいうメールに添付されていて決して開いてはいけない。 知っている相手でも、送り主がウイルスだと知らない場合があるのでスキャンすべき。 従ってウイルスソフトも、基本的にはここを抑えればOKということになる。

しかしいつも思うのだが、なんで意味もなくWordファイルを添付したメールを送りたがるのか。 それで開いてみるとほとんどのケースが、テキストのみでメール本文にペーストすれば事足りるものなのだ。 この行為は、余計なネットのトラフィックを増やすという点よりも、 ウイルスに汚染される可能性を増やすという点においてもっと強く禁じられるべき。

前園に「.docファイル添付、カッコ悪いよ」と言わせたい。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

薄く長く

見ている人がいるようなので更新頻度を上げてみよう。 けれども基本的にネタがないと書かないという方針だったので、 密度が薄くなることは否めない模様。

ぐるぐる石鹸工房の方は15000ヒットを超えた。 気がつくとあちらは石鹸系サイトの中でもかなりの有名サイトになっている。 早くも子供に巣立たれる気分を知ってしまった。

いやぁ、ついこの前までは赤ん坊だったのに・・・

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

New iBook

Appleから新しいiBookが発表された。
デザインは旧型のiBookよりも、はるかに先日発表された新型PowerBookG4に近いものになっている。 これなら持ち歩く気になれるな。 前のiBookを見たときは、 一体誰が持ち歩くんだろーなーと思ったのだけど、 池袋のファーストフード店でコギャルが机の上に開いてカタカタやっているのを目撃したときはちょっとビックリした。 今度のはその点安心ですな。 いや、コギャルがカタカタやっててもビックリしないという意味ではなく。

スペック的にも問題なさそうだ。 モニタも12.1インチTFT XGA液晶で、解像度も1024×768が出せる。 そして何より安い(CD-ROMのラインで15万!)のが強い。 この価格でこのスペックのノートが手に入るのはヒジョーにそそる。 前のiBookは「誰がどーやって持ち歩くんだ?」ということでiMacとの差別化はっきりしていなかっただけに、 今回のものは「低価格中スペックのノート」ということでコンセプトもはっきりしている。 むしろPowerBookG4と重なる部分が大きいかな。 材質は、バックパックに入れて持ち運ぶ事を考慮して、外側は弾力性のあるプラスチックで角も丸くなっているそうな。

結論としては、これは 「当たり」だ。 記事には「教育機関向けという狙いがある」と説明されているが、 一般ユーザーにもかなり売れるだろう。 少なくともこの前の変なiMacよりもね。

さしたる欠点も見受けられないし。Apple、よくやった。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2001年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2001年4月です。

次のアーカイブは2001年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ