2002年5月アーカイブ

包囲網

私は電車に乗り込んだ。
左奥側の右から3番目の席が空いている。 列の先頭に並んでいた私は躊躇なく左サイドに向かう。
その時左から影が現れ、それは流れるようにその席に高速移動した。

「ずどむ」

イヤな音をたててシートに臀部をめり込ませつつ、影は実体化した。 それは席を奪ったことに対する満足げな笑みを浮かべていた。

私はあわてず目標を第二候補の左サイド手前右から3番目の席に変更し、 席をゲットした。しかしそれは休息にはならなかった。 しかし、それは休息にはならなかった。

右に座っている人は「催眠による人格転換」という本をじっくりと読んでいるおぢさま。 あなたは誰の人格を催眠によって転換しようとしているのですか?

左に座っている人は口紅のカタログをじっくりと眺めているおにぃさま。 口紅を選んでいるのはもちろんプレゼントのためですよね?

私は気配を殺しながらひっそりと時を過ごしたのだった。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

初期化魔王

「知ってますか?近ごろハードディスクの初期化が流行ってるらしいですよ。」

「うそつけ。そんなもん流行るわけないだろうが。」

「いえ、それがホントなんですよ。 なんでも、ハードディスクを初期化すると過去の自分にとらわれることなく、 新しい自分を見つけることができるそうです。 新陳代謝即死することで健康になれるらしいですよ。」

「即死するなよ。」

「あちゃー、しまった!(妙にうれしそうに額に手を当てる)」

「いやな反応だな。」

「ところで初期化と言って思いつくのはなんですか?」

「は?わかんないよ。」

「いいから答えてくださいよ。」

「わかったよ。えーとサバの味噌煮。」

「そうです、子宮回帰です!なにしろ初期化ですから!」

「無視すんなよ!しかも納得いかねえよ!」

「もうお分かりですね。 ハードディスクの初期化は生命の過去の記憶を呼び起こすのです。 そして自分のルーツを見つめ直すことで新しい自分に!」

「気分転換ならもっと簡単にできるよ。」

「ごちゃごちゃうるさい人ですね。お前なんかこうです!」


というように悪のハードディスク初期化魔王に呪いをかけられて、 ハードディスクを初期化させらてしまいました。 ついでにコンピューターがCD-ROMからも起動しなくなってしまいましたとさ。

めでたしめでたし。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

きしめんケーブル

メルコ、極細フラットLANケーブル「きしめんケーブル」

メルコが開発した、名前から想像できる通りの薄型ケーブルである。 上のリンク先では「きしめんケーブルときしめん」の比較を行っているので、 間違えてつゆにつけて食してしまい 「ちょっといつもより固いかな?」 などと言ってしまい恥をかくことがないようにしっかり勉強しておこう。

両者を見分ける最も簡単なポイントは端の部分だ。 きしめんケーブル端にはコネクタがついているが、 一方きしめんの端にコネクタはついていない。 従って、端にコネクタがあるかを調べることで両者を見分けることが可能だと考えられる。 ただし今後、端にコネクタがついているきしめんが出てくる可能性も否定しきれないため、 より確実に区別する方法が必要となる。

上の見分け方は両者の見かけ上の差異を用いた判別方法だったので、 次は両者の用途の違いに着目してみる。

言うまでもなくきしめんは食べるためのものであり、 一方きしめんケーブルはLANで接続したPC間の情報の伝達などに用いられる。
「ならば食べてみればわかるではないか」
と結論を急いでしまいがちだがそれは大きな間違いである。 なぜなら食べてみたのがきしめんだった場合には問題ないが、 きしめんケーブルを食べてしまった場合にはそのケーブルがなくなってしまい、 何でPCをつなげばいいのか途方にくれることになってしまうからだ。 また、元々食べることを想定していないきしめんケーブルを食べてしまった場合、 胃と腸がケーブルで接続され内臓ネットワークができて情報が伝達されてしまうことも危惧される。 従ってこの方法は両者の判別方法として適切ではない。

そこで「きしめんであるか」ではなく「きしめんケーブルであるか」を調べてみよう。 具体的にはPCとPCをつないでみて、データが転送されればきしめんケーブル、 されなければきしめん、ということである。 しかし今後データを転送するきしめんが出てくる可能性も否定できないため、 きしめんときしめんケーブルを識別する確実な方法はない、という結論になってしまった。

せっかくきしめんケーブルを買ってきても、 「これはきしめんケーブルのようだが実はきしめんなんじゃないか?」 と疑問を持ちながら使用し続けるのは、 使用上の問題がないにしても気持ちが悪いものである。

今後のきしめん識別技術の発展に期待がかかる。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

崩し

体調を崩し気味だ。

「崩し」とは、皆さんご存知のように柔道などの武道において、 技をかける前段階として相手の体勢を崩すことである。 崩しと一言で言ってもさまざまな形態があり、これと一つにまとめることはできない。 結果として相手のバランスを崩すものであれば「崩し」であると言えるだろう。

さて、現在私は体調を崩された訳である。 誰に、ないし何に、そしてどのようにして崩されたのだろうか。

答えを言うと、ズバリ「布団に」である。
どのようにしてかといえば、「寝ている最中に自発的に移動することによって」である。 寝る前は確かに私の体を覆っていた布団が、起きたときに体を全く覆っていないではないか・・・!!
あの時の衝撃を私は忘れることができない。

なぜ自発的に移動したとわかったかというと。
それは私は布団をはねのけた記憶がなく、 かつ部屋に人が入ってきた形跡がなかったからである。 タネを明かせば非常に単純な推理なのである。

というわけで私は布団の陰謀によって寝込むのであった。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

いろいろ紹介

ネタがたまったので紹介。

キャラクター紹介
言わなくてもわかります(一人目)。

アスパラマンの壁紙
やっぱり宮下あきら先生の絵の迫力が秀逸。
ちなみに藤子不二雄A先生の「ドーン!」私の座右の銘。 (間違えて「バーン!」と書いていたので慌てて直したのはヒミツ)

メタルギアソリッドニックネームジェネレーター
Solid Snakeみたいな名前をつけてもらえる。
ちなみに私はArtificial Poodleだった。
人工的とは毛の刈り方のことか?

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ゴミレンジャー

ごみ減量戦隊ゴミレンジャーについてもうちょっと詳しいプロフィールを創作紹介しよう。

ごみレッド
言わずと知れたゴミレンジャーのリーダーで、燃えるゴミの減量をする。 まゆ毛が太くて声が大きく 暑苦しいノリの 正義感の強い熱血漢である。 多分空手をやっていて、意味もなく無生物を壊すのが得意。 また、悪の敵を倒して一時の安らぎがおとずれたときに、 全くおもしろくない 彼一流のジョークで戦いに疲れた皆の心を和ますのも彼の役割である。

ごみブラック
もちろん忍者で、誰がなんと言おうと忍者で、燃えないゴミの減量をする。 煙幕により視界を奪った隙にゴミを一瞬にして移動させ、 あたかもゴミが減ったかのように見せかける。 忍者なので普段も黒い服を着ているし口数が少ないしほどけないロープの結び方をたくさん知っているけれども泳げなくて女性と犬が弱点。 好物は海苔(味付け)。

ごみブルー
青いので海が好きなサーファーで、水っぽい生ゴミの減量担当。 具体的には水分を絞ってその水分をそのまま海に流す環境汚染野郎である。 サーファーなのだがそれほど日に焼けておらず、 丘サーファーであることを示唆している。 一生懸命働くことが嫌いなすかした女好きだが、終盤では真実の愛に目覚めたりする。 得意技は波乗りアタック。

ごみピンク
ゴミレンジャー唯一の女性で、とてもフェミニンな感じ。 裁縫が得意で衣類の再利用などリサイクル関係担当。 結んで長くした衣類により相手を縛り、体の自由を奪う。 趣味はカラオケ。

ごみイエロー
現在のゴミ減量マンで、プラスチックゴミ担当。 好物は言うまでもなくカレー。

というように、紹介文の量がやる気とともに徐々に減少していることがおわかり頂けたと思う。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ゴミ減量マン

ごみ減量マンは誰でしょう 正体は山形市職員

ごみ減量マン!!
なんとすばらしい響きを持つヒーローだろうか。 写真を見ても、その名に恥じない風格を感じさせる外見である。 (特にベルトと目の部分のネット)

このように ツッコミどころ 見どころ満載のごみ減量マンだが、 タイトルの疑問に一瞬で答えてしまっていること以外にも、 ヒーロー誕生のストーリーが秀逸である。

「ヒーローを登場させるのはどう?」

職員らが企画を練る中で飛び出た冗談が、冗談ではなくなった。 視線は自然と、課の中で一番若い三浦さんに集まったという。 職員1年生でもあった三浦さんは「断れるわけがなかった」

泣かせる話だ。 最初はさぞかし 「はたしてごみ減量マンとしての勤めを果たすことができるだろうか?」 とその重責に押しつぶされそうになり、悩んだことだろう。 しかし今や彼は、世の中になくてはならない、 どこに出しても恥ずかしくない立派な「ごみ減量マン」である。

「最初は恥ずかしかった。でも今じゃ、子供の笑顔や歓声がうれしくて。 素直な反応に僕がのせられてしまいます」

というセリフからも、ヒーローとしての自覚と自信、 そしてごみ減量マンとしての誇りが伺える。

ところで、ごみ減量マンはもともとごみ減量戦隊ゴミレンジャー(五人) の一員ごみイエローだった。 しかし悪の博士フホウトウキーの攻撃によって、 ごみレッド(リーダー)とごみブラック(忍者)とごみブルーごみピンク(女性)が倒されてしまったために、 残ったごみイエロー(カレーが好物)が「ごみ減量マン」としてがんばっているのである。(この段落全部ウソ)


ということで触発された私は、対抗して「ごみ袋取り換えマン」を目指そうと思う。 得意技はもちろん「いっぱいになったゴミ袋の交換」で、 敵は倒せないがゴミ袋から悪臭が発生するのをある程度防ぐぞ! しかしヒーローとしてまったく絵にならないぞ!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ジャイアンソング

「お前のものはおれのもの、おれのものはおれのもの」

この所有欲の肥大化を肯定する思想、 ジャイアニズムの始祖と言えば、言うまでもなくジャイアンだ。

そして彼のテーマソングと言えば、
「おぅれぇはジャイアーン、ガーキ大将!」
だ。

この「は」「も」に変えて歌ってみると、 なんだかおもしろいという発見。 ぜひ一度歌ってみて欲しい。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

長い友

AB型にハゲはいない?

ダイワ建設の「今週の雑学」コーナーの記事です。 読んでみましょう。

「平均的な髪の毛の本数は、1平方センチあたり120本から140本です。 頭全体で男性は焼く10万本、女性は約12万本もあります。」

焼いちゃいけませんね、 と軽く揚げ足を取ったところで本題。

「AB型の人にはほとんどハゲはいない」
ホントか?

ということでgoogleで「ハゲ AB型」で検索してみたところ、 2400件ほどヒットしたから、きっとホントなんだろう(件数判断)。
しかしもっとも興味深いのは以下の部分。

メキシコではハゲるのが常識で、60歳を過ぎても髪がフサフサしていると、 かえってコンプレックスをもつそうです。

つまり、メキシコではこんな会話がなされているということだ。

「あいつさ、確かこの前還暦だって言ってなかったか? なのにまだあんフサフサさせてんのかよ。 フッサフサフッサフサみっともねぇなぁ。 いい加減年落ち着けってんだよ。
それに引き換えおまえは今日もよく光ってんな。 何食ったらそんなに光るんだよ。ったくかなわねえなーって、 え?なに?なんだよイテテテ!いきなり殴るなよ!」

メキシコでの日本人同士の会話でした。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

(獏)

語尾につける(爆)などについて
(笑)や(爆)など、語尾に付けるさまざまな文字が挙げられており、 それら意味が説明されている(吐血)
訳はかなり適切だと思います(感涙)

要するに「(笑)」などの語尾に付ける言葉は、 文字だけでは伝わりにくいニュアンスを表現し、 誤解を防ぐための手法であると述べられている(殴)
お気づきの方もいらっしゃるだろうが、 今回はこの語尾文字を多用することで正確に意味を伝達することを目指そうと思う(遠い目)

私はこの表にあるものは見たことがあるものが多いが、 見たことのないものも多少ある(ホロリ)
例えば「(檄爆)」「(超爆)」と同じであるそうだが使われているケースを私は知らないし、 「(脱兎)」は存在すらも知らなかった(ニヤリング)
おそらく初めて見ても意味がわからなかったことだろう(脱兎)

さて、この表を見ていて気づくことは、(核)が付くと意味が強まる、ということである(過去形) 例えば(核爆)(爆)の強化バージョンである(嘘笑)

しかし納得が行かないものがある。「(核汗)」だ(吐血)
核爆発が爆発よりもすごいのはわかるが、汗に核がついてどうするのか(お)
きっと核分裂ないし核融合を起こすようなすごい汗に違いない(命令)
かなり物騒(はぁと)


ということで、結論としてはTPOをわきまえろということでした。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2002年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2002年4月です。

次のアーカイブは2002年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ