2002年12月アーカイブ

安くないのよ

夜に街を歩いていると、見知らぬ人が声をかけてきた。
「おにいさん、安いよ安いよ!」
と。

日本語として意味を解釈すると、「安い」の主語は「おにいさん」、 つまりこの場合は私のことであると予想される。 つまりこの見知らぬ人は、私のことを良く知りもしないくせに、
「あなたは価格が安いですよ」
親切にもこう指摘してくださったわけである!

なぜ私が、いきなり市場価格が低いことを指摘されなければならないのだろうか。 そもそも何市場だというのだろうかその市場は!?(倒置法)

と一人屈辱にうち震えていると、その見知らぬ人は他の人に対しても
「安いよ安いよ!」
こう呼びかけ続けている。

私は合点した。
彼はアイデンティティーの不安に悩んでいるのだ、と。
つまり、他の人間の市場価格が低いと決めつけることで、 相対的に自分の価値を高めようとしているのだ。 これはアイデンティティー補償行為だったのだーーー

そして私のアイデンティティーは、 あなたの価値を鑑定します で聖人のような選択肢を選び

ハルさんの価値は6134万1552円です(階級は「落語家真打級」です)

という数字を得ることで補償されたのだった。

アタシはそんなに安くないのよー!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

国語

またサイト(というかFlash)紹介。

楽しい国語
楽しい国語2
楽しい国語3

個人的には「あたかも〜」と「あたふた」が好き。 きれいにまとまったのはどうも好きではないようだと、自分の嗜好を分析。
あと声がゴルゴだと、それだけで楽しさが30%アップする予感。

ということで、ここは一つよせばいいのに作ってみる。

Q:「あからさまに」を使って短文をつくりなさい。

A:「リモシー・シルアカラさまに背後から強烈に蹴り上げられうずくまる従者ゾロン(46)」

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

イブ

クリスマスイブ。
パパの皮をかぶったサンタ(これで正しい)が大量発生する日。
今年もろじぱらはやってくれた。

クリ死ね団の活動はなかったようだが、一日25回とは恐れ入りました。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

フィーバー

メリークリスマスネタ紹介。
タマちゃん進化論
(注:ネタはクリスマスとは全く関係ありません)

侍魂を思い起こされる方も多いかと思うが、 このネタの神髄は、「進化論続報」、「驚愕のアイテム」の後の「最後の証拠」である。
いい仕事、英語で言えばGood job、である。

さて、タマちゃんはなぜあんなにフィーバーしたのだろうか、いやしていない(反語)。 としてしまったものを反語にしてもしょうがないので、理由を考えてみる。

私の考えでは、タマちゃんフィーバーと田中耕一さんフィーバーには、ある共通点がある。 それはなにかといえば、どちらもいるべき場所(タマちゃんならどこかの海とか動物園、 田中さんなら研究所とか電車?)にいるのならば、 あれほど注目されることはなかったであろうことである(田中さんすみません)。 それが、普段いるはずのない所に出現したことにより、 そのギャップが皆の注目を集めたのではないだろうか (田中さん本当にすみません)。

ということで、フィーバーを起こしたければ、 普段いるはずがない所に出現してみるのも、一つの手だとういことになる。 例えば男性が女湯に入るとか、女性が男湯に入るとかである。 後者は歓迎、前者は撃退とフィーバーの結果は異なるかもしれないが。

ということで、フィーバーを起こしてみたいあなた、メイクフィーバー、レッツビギン!

いえ、私はフィーバーとかそういうの、苦手ですから。ハイ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ホトトギスだよ

いくら携帯電話の漢字変換だからといって、 許せるものと許せないものがあるわけです。

例えば「飲み会」と入力したいとする。
「のみかい」を変換して・・・「能美海」(第一候補) はい?
ちなみに能美海は石川県富山県にあるようなのだが、 「のみかい」が「能美海」を示していることは、 石川県富山県以外では非常にまれであろう。

そのくせ「心太」(○ところてん×しんた)とかは一発で出てくるし、 ホトトギスなんて「不如帰」も「時鳥」も、はたまた「子規」なんてのも出てくる。 ちなみに調べてみたところ、ホトトギスの異称は30個以上もあるそうだ。

ちなみにこの中で、私が最も心ひかれたのは「死出の田長(しでのたおさ)」だ。 「拘枳羅(くきら)」も不思議な語感を持っている。 どちらも初めて聞いたらさっぱり意味がわからないところがいい感じだ。 「しでのたおさ」なんて、漢字を見ると閻魔大王か?と思ってしまう。

ということで、これらの単語をさりげなく使いこなしてみよう。

「パパ!しでのたおさってなに?」
「え?あ、ああ、アレね。しでのたおさね。よく知ってるぞー。
昔はこの辺りにもな、よくしでのたおさを見かけたもんさ。 パパもよくしでのたおさを捕まえたもんだよ。」
「へー!すごいねパパ!どうやって捕まえるの?」
「それはね、しでのたおさの好物を使うんだ。」
「好物って何?」
「それはね・・・たかしみたいな子供の目玉さー!!!ひゃーっひゃっひゃっひゃー!」
「わー!パパくれいじー!」

というように、「しでのたおさ」を知らないことが原因で、 親としての威厳を失うことも十分考えられるのだ。

で、何の話だったっけ?

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

それがどうした

アーモンドクラッシュポッキーを人生で初めて自分で買って食べてみた。

一人で一箱全部食べるもんではないなとちょっぴり後悔しつつ、 箱の裏面を見ると驚愕の文面が!

本品製造工場ではピーナッツを含む製品を生産しています。

(だからなんだ!)
叫び出したい衝動と必死に戦う私。 しかしその激しい内面の葛藤を、周りの人が伺い知ることはできない。 単に深みのある表情をしてポッキーの箱の裏面を見ている人にしか見えないだろう。 ちなみに原材料にはアーモンドは入っているが、ピーナッツは入っていない。

一体、この文章は何を訴えようとしているのか。

自慢か!?
「ヘイ!オレっちの製造工場が作ってるのな、 アーモンドクラッシュポッキーだけじゃねーんだよなこれが! なんとピーナッツ! ピーナッツも作っちゃってるわけなんだな〜! すごくね?すごくね?」
とか。

あるいは脅しか!?
「おい。私の製造工場で、アーモンドクラッシュポッキーの他に何を作っているかわかるか? ・・・そう。そのまさかだ。ピーナッツなのだよ! どうだ?これでもまだ知らないと言い張るのか!?」
とか。

と冗談はこれくらいにして、知ってる方は教えてください。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ウェンコ・ジャパン

気になるニュースをいくつか。

ダイエー、外食2社を売却

何が気になるのかというと。

 経営再建中のダイエーは年内に、子会社でハンバーガー店「ウェンディーズ」 を運営するウェンコ・ジャパン(東京・渋谷、辻岡敬社長)と、 子会社で外食のビッグボーイジャパン(同・千代田、奈良英治社長) を牛どん大手のゼンショーグループに売却する。

そうです。ウェンコ・ジャパンです。 この絶妙な響きが気になったのです。 大きな声で言ってみましょう。 ウェンコ・ジャパン。

心が洗われますね。次。

と書いたところで初めて、 気になるニュースは一つしかなかったことに気がつきました。 いやー、まいったまいった。

しょうがないのでこの「ウェンコ・ジャパン」 というフレーズから即興でおもしろいことを捻り出しますよ、 と宣言することで自分の首を絞めるお父さんの生き様をよく目に焼き付けておくように。

ウェンコ・ジャパンとかジーコ・ジャパンとか、 監督名を前に、チーム名を後ろにつける言い方が微妙に定着しつつあります (ウェンコ・ジャパンのお役目ここで終了)。 しかしそれがなんとなく気にくわない私としては、 なんとかしてケチをつけてやりたいわけです。 どうにかして変なフレーズを見つけてやろうと思うわけです。

まず思いつくのは、おもしろい名前を先につけてやれば、 自動的におもしろくなるだろうと。 例えば「ポンセ・ジャパン」。 スーパーマリオみたいなヒゲをたくわえた、大洋ホエールズの助っ人外人です、 という説明のためにポンセの画像を探そうとGoogle imageで 「ポンセ」を検索したらこんなポンセ(ponse2.jpg)が! どうやらチチカカ湖近くのティワナク遺跡にあるポンセという石像らしい。 思いがけず勉強になるが、明後日には忘れているであろう自信に満ちあふれている私です。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2002年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2002年11月です。

次のアーカイブは2003年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ