2003年7月アーカイブ

それゆけアンパンマンワールド

アンパンマンについて勉強した。

なかまたちのしょうかいを読んでみたのだが、 新しい発見がたくさんあった。 その発見を皆で共有したいと思うので、ここに紹介しよう。


1.アンパンマン・カレーパンマンはカタカナだが、しょくぱんまんはひらがな

マンぐらいは揃えてもよかったのではないのかというのが私の意見である。


2.アンパンマンが強い理由

「顔は、勇気の花のしるが入っているから強いんだよ。」
好物が汁の私ですが、そんな汁が入っているとはさっぱり知りませんでした。


3. ジャムおじさんバタコさん の特徴

「ふつうのにんげん」
それって特徴になるんだ、と目からウロコが落ちた思いです。
ちなみにめいけんチーズの特徴は「ふつうのいぬ」です。


4. 丼類は嫌われているらしい

根拠。
うなどんまんの特徴
「さいこうきゅうをきどっているいやみなやつ。」
てんどんまんの特徴
「じぶんのえびてんをさいこうだとおもっている。」
かまめしどんの特徴
「じぶんのかまめしがさいこうだとおもっている。」
かつどんまんの特徴
「じぶんがいちばんハイカラで、カッコいいとおもっている。」

かつどんまんへのからみ方とか、かなりムリがあるのではないかと思います。 製作者、なにか丼物にイヤな思い出でもあるのでしょうか。

いやー、アンパンマン。奥が深い。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

低温ノンホモ

近ごろタカハシ乳業「野っぱらの仲間牛乳」がお気に入りである。
牛乳戦士の私が太鼓判を押すほどにおいしい牛乳であり、 値段も二百数十円台とお手ごろなのもうれしいところである。

さて、牛乳は菌が繁殖しやすいため、商品として売るには殺菌をする必要がある。 食品衛生法は殺菌後の菌の数が5万以下になるように定めており、 殺菌方法についても 「62〜65度で30分間加熱殺菌するか、またはこれと同等以上の殺菌効果を有する方法で加熱殺菌すること」 と定められている。

殺菌方法は、以下の4種類がある。
●低温保持殺菌法(LTLT):62〜65度・30分の殺菌
●高温保持殺菌法(HTLT):75度以上・15分以上で殺菌
●高温短時間法(HTST):72度以上・15秒以上の殺菌(世界的に一般的な方法)
●超高温短時間殺菌法(UHT):125〜135℃・2秒の殺菌(日本で一般的な方法)

一般的に、高温殺菌では処理時間短縮のために処理温度を高くしており、 たんぱく質が変成してしまうために牛乳の味が変わってしまう、 一方低温殺菌では必要以上の温度をかけないため、牛乳本来の味がするということになっている。

じゃあ低温殺菌ならおいしいのかというと、必ずしもそういうわけでもない。 私は今までよつば牛乳、タカナシ低温殺菌牛乳などの低温殺菌牛乳を飲んできたが、 それらはそれほど違いがあると思えなかった。
が、「野っぱらの仲間牛乳」は、おいしい。 私はそう思う。

何が違うのだろうか。
「野っぱらの仲間牛乳」はノンホモジナイズであるらしい。 脂肪球を小さくする処理らしいが、詳しいことはよくわからない。 もしかするとこれが口当たりの違いの原因かもしれない。

ちなみに「小岩井牛乳"おいしさしたて"」もおいしいです。

本日オチなし。

参考サイト:タカハシ乳業

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

9度5分

熱を出しました。

久しぶりに9度ぐらい行きました角度じゃないです。

自分で言うのもなんですが、かなり苦しそうでした。

とりあえず死ななくてよかったです。

苦しみを味わってこそ生の充足がある、とか言ってみたりして。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2003年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2003年6月です。

次のアーカイブは2003年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ