2005年10月アーカイブ

100000hit

気付いたらちょっと前に100000超えてました。
毎度遠路はるばるありがとうございます。
しかし一日100リロード、雨の日も風の日も、屋内なので関係なく続けた甲斐があったというものです(ウソ)。

ちなみに100000を踏んだのはinktomisearchさんでしたので(本当)、残念ながら念波のプレゼントはなし!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

何者か

後ろから見ると、普通のおばさん。
余計な装飾を極力抑えた白いTシャツの上に、これまた不要なデザインを排除し機能性に徹したエプロンを重ねたその姿、 さすがに年季が入っており、まるでユニフォームのように自然な着こなしだ。 家の外なのに、あたかも家の中にいるかのようなリラックスしたムードがただよっている。

しかし前から見ると、これまたすごい。
エプロンと合わせることが全く想定されていないアイテムーサングラスーがさりげなく、 かつ揺るぎない自己主張を、おばさんの威圧的なオーラの強度とは対照的に控えめなサイズの瞳の上で放っている。 しかもこれがターミネーターみたいなミラー入ったやつなのですね。

さぁ、なんでだか考えてみよう。

  1. フライを捕るときにまぶしくなるのを防ぐために装着
  2. 相手の場所をつきとめ、その戦闘力を表示したりするために装着
  3. 実はターミネーター

ということで、また来週!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

教頭よ

小学校教頭が試験でカンニング 道教委、停職処分に

教頭は9月10日、函館市内で行われた選考試験で、左手に縦9センチ、横3センチの紙を握っているところを試験官に見つかった。  約600字の論文の下書きを縮小コピーした紙で、教頭は「見ようとしたが小さくてはっきり見えなかった。自分の記憶で思い出して書いた。教育者、管理職として恥ずべきことで誠に申し訳ない」と話しているという。

小学生に模範を示す立場であるところの教頭が!よりによってテストで不正!
なーんて糾弾する気はさらさらなく、教頭という立場にある人間といえども、 見つかったときのリスクも少しは頭に入った状態でも、カンニングの誘惑には耐えられない、 そう解釈するのが妥当かと。 あと文字の大き携帯電話のように、年配の方向けに字が大きいカンペもこれから需要が増えて行くのしれませんね行かないよ。

しかしこの教頭、それだけでは終わらず「余罪」が。

また道教委は5日、養護学級の男子生徒の頭にかかとを落とすなどの暴力をふるったとして、旭川市立の中学校男性教諭(31)も減給3カ月の懲戒処分にした。  教諭は5月2日午前の授業中に、2年生の男子生徒の額をこぶしでたたいたほか、午後には座っていた同じ生徒の頭にかかとを落とすなどした。生徒にけがはなかった。(共同)

かかと落としですか。教頭アンディ・フグリスペクトですか。 しかしこれでは「ちょっと頭こづいた」というレベルではないですな。むしろ男塾。 そして一方で、両腕を頭上でクロスさせることでかかと落としを受けきり、 ケガ一つ負わなかった生徒も天晴れ!(←まちがった解釈)

というように、昨今の教育現場は一段とその厳しさを増している状況です。 気をつけてたりしてみましょう。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

もうすぐ

100000hitになりそうです。
0の数が一瞬ではわかりにくいところに、私もここまで来たか、という感慨が沸き起こると共に、 いや別にそれほどでもないでしょ、というニヒリズムに身もだえすると共に、 いやここは一つ皆様のおかげでとか平身低頭風味をかもし出しておくべきだろ、 と斜に構え直すと共に、そんなことは実際に超えてから言え、と自分ツッコミを入れずにはいられないのです。

ちなみにキリ番ゲットの方には漏れなく私からの「幸せ促進電波」が届きますのでお気軽にお申し出下さい。 というか申し出なくても電波は強制的に届くから覚悟されるとよろしいかと。

電波の内容は「絶対幸せになってやる!」のエンドレスリピート。
私が疲れるのが先か、それとも飽きるのが先か!(どっちでもいい)

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ジーニスト

ベストジーニスト賞、氷川きよしさんは初受賞

この催しって、私の見解ではジーンズ業界主催で、 売れてる人とジーンズとを力強く関連付けることによってジーンズのイメージ向上売り上げ促進大決定! みたいな印象なのですが、ふと見ると。

一般の人が選ぶ部門は、歌手の氷川きよしさん(初)と歌手の浜崎あゆみさん。浜崎さんは5回目の受賞となり、「永久ベストジーニスト」として女性では初の殿堂入りとなった。

そうなんですねー。一般の人が選ぶ部門もあるんですねー。 しかし私と致しましては、氷川きよしがジーニストだと一般の方は本当に認識しているのか? と票の操作が行われている可能性について危惧してみたりするわけなんですけれども。 あと「永久」はやりすぎだろと思いつつ「女性初」ということは男性は既にいて、 それはきっと吉田栄作なのだろうと思うが確かめる気なし!

記事には他にも含蓄のある言葉でいっぱいです。

業界団体が選ぶ部門では、銅版画家の山本容子さん、演出家のテリー伊藤さん、タレントのベッキーさんが選ばれた。

銅版画家の山本容子さんを存じ上げないのですが、ジーンズが似合うのでしょうか。 山本容子さんのサイトを見てみましょう。
MouRa|山本容子、銅版画|山本容子オフィシャルサイト はなうた工房
残念ながら、私にはよくわかりません。

 ベッキーさんは、「世界にたった一つのものにしたくて、ほぼ徹夜でリメークしてきました」と、豪華なジーンズを披露した。殿堂入りを果たした浜崎さんは「今回が最後の受賞になるので、全身デニムにしてみました」と話した。

「ほぼ徹夜でリメーク」した「豪華なジーンズ」。「全身デニム」。
想像力をかき立てられるフレーズがちりばめられています。

・リメークしまくって元がジーンズであることすらわからないほど宝石がちりばめられまくっている、 カラスまっしぐら!な感じのシルクのジーンズ(←ジーンズじゃない)。

・全部青いスパイダーマンか全部青いムックのような、全身スーツor着ぐるみ(デニム地)。

実際のところを見たら、ものすごくガッカリするのでしょうなぁ(遠い目)

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

スマート履歴変換

私は日本語入力ソフトは、EGBridgeというやつを微妙に愛好しているのですが、 これがVersion15から「スマート履歴変換」という機能を搭載したのです。

これは携帯の文字変換とかでよくあるように、 前に入力したフレーズを覚えていて、最初の何文字かを入力した時点で、 先読みして変換候補を表示するやつなのです。 なにやら便利そうではないですか。

しかし私はこのとき、この機能に隠された罠など知る由もなかった・・・

さて便利そうなこの機能、実は私つい先日までさっぱり使えていなかったのです。 なんでって、それを今から説明するんじゃない。せっかちさんなんだから!(←自分に殺意)

で、説明を読むと、その「スマートな変換候補」を選ぶには、 「tab」キーを押しましょうね、と書いてあるのです。 そりゃあ私は喜び勇んでtabキーを押しましたですとも。連打してみましたですとも。 ところが私がtabキーを押しこんだその刹那、問答無用で変換が確定されてしまうではありませんか! 私がアメリカ人だったらここで絶対「オーゥ」と言ってマース!

で、マウスでその「スマートな変換候補」をダブルクリックすれば選択できるのですが、 流れるように暗打(ブラインドタッチ、わかりにくい略)しているときに、 いちいちマウスを握り直してちまちまカーソルなんか合わせてられるかってんだいコンチクショウ! ということなのです。

これはどういうことかと。どういうビックリ新機能かと。 バカには変換されているのがわからないような変換機能かと(わかりにくいのはこのギャグ)。 もし他のソフトとコンフリクトしてるんだとしたら、どれと当たってるのか調べるの超めんどくさい! と華麗にその面倒くささを自分の中で正当化しつつGoogleさんに聞いてみると、こんな記述が。
Wakui3's Factory: スマート履歴変換が使えない?

これはもうピーンと来ましたね。
私はWnn大好きっ子なので(ちょっとウソ)、要はキーの割り当てを編集しているわけなんです (ちなみにWnnの語源はWatashi no Namae ha Nakano desu.)。 要は、勝手にキーの割り当てを編集している人は、 「スマート履歴変換」がtabキーに割り当てられないということなのです。
なんかデフォルトでOFFになってる新機能とかやる気なさ過ぎてイヤすぎます。

というわけでこの文章は、そのスマート履歴変換機能を駆使して書いているわけなのですが、 それほど入力効率が上がっていないところが悩ましいのでした。
〜終了〜

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2005年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年9月です。

次のアーカイブは2005年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ