2005年12月アーカイブ

尻笛

以前も別名を考えたことがありましたが、 今日初めて、これだ、というものを思いつきましたので発表します。

「尻笛を吹く」

なんとなく気品に満ちあふれたような気がしてくる語感。 季節は初夏、少し汗ばむくらいの陽気の下、足取りも軽やかに道を進む少女が、 彼女の後ろで電信柱の根元を執拗に嗅ぎ続ける愛犬に向かい尻笛を吹く。
ぷっぷぷぅーぅ?

みたいな。
ちなみに現在私の周りに何の香りも漂っていないことを強力にかつ高らかに主張しつつキーボードを置く。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

おじさんの顔

本で読んだ話なので真偽の程は確かではありませんが。

昔缶コーヒーはポッカがかなり独占的状態だった。 そこに品質もデザインも特に遜色ないBOSSを出した。 そんなに差はないはずなのになぜか売れない。 BOSS陣営はいくら考えてもわからないのだが、ふと両者の缶を見比べてみると、 ポッカにはおじさんの顔がついていて、BOSSにはなかった。

これだと。

そしてBOSS陣営も缶にボカし入りまくったおじさんの顔を採用し、 売り上げを伸ばしたのでしためでたしめでたしっていうか何でおじさんの顔が描いてあるとコーヒーが売れるのよ? ということで考えてみましょう。

1.刷り込み
おじさんの顔がない缶コーヒーなんて缶コーヒーじゃないわい! というように、社会において最も出現頻度の高い「おじさんの顔」 と缶コーヒーとを関連付けることで、 おじさんの顔を見るたびに「なんかコーヒー飲みてーなー」 と思わせると言うポッカの深遠な戦略の成果ここに結実。

2.視覚効果
おじさんの顔に似たパターンの模様を見ると、脳にある種の神経伝達物質が分泌され、 それがカフェインのレセプターを刺激することが実験により確認されている。 従っておじさんの顔を缶コーヒーのデザインに取り入れることは理にかなっている。(注:ウソ)

3.たまたま
当時を振り返ってみると、おじさんの顔ブームだった。 高倉健、松平健、里見浩太朗。どこを見てもおじさんの顔があふれていた。 っていうか今も溢れまくってるし、その意味ではあらゆる製品のデザインに おじさんの顔を取り入れることで、ヒット商品化間違いなし! 女性用下着とかは売れなくなるので気をつけろ!

じゃあそういうことで、皆さんいいクリスマスを!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

中止

中止なのだそうです。

困った。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

人物バトン

人物バトンというものがu-kiさんから回ってきました。

・haruさん:多分、僕のようにくそまじめな答えでなく、一風違った言葉が期待できます。

そうですかそうですか。では受けて立ちましょう!
ということでとことん不真面目に答えて行きますことをあらかじめご了承下さい。

回してくれた方に対しての印象は?

印象と言う言葉は、文字通り印度象から来ています。
象に大きくわけて阿弗利加象と印度象がいるのはご存知の通りで、 印度象はアフリカ象に比べ体がやや小さく、 また耳の大きさも小さいところが特徴です。 印度象が短くなった言葉が印象ですから、この質問は 「回してくれた方に対しての印度象は?」 ということになります。 となれば、当然答えは 「印度象を差し上げるのは、物理的にも経済的にも非常に困難ですので、遠慮させて頂きます」 となるわけありません全部ウソです。

周りから見た自分はどんな人だと思われていると思いますか

はい。思われていると思います。
と言うのも私は無類の丼物好きでして、天丼カツ丼鉄火丼親子丼など多くの丼をマスターしております。 具とご飯とのコラボレーションはもちろんのこと、 ご飯に具の残り汁が出あったときに生まれるハーモニーが舌の上でワルツを奏でるとき、 などと書いている私の脳みそも、輝く光の世界で踊り出しているのです。
答え:丼な人

 自分が好きな人間性について5つ述べてください

1.こういう答えにくい質問をしない
2.こういう答えにくい質問に対しても、質問のせいにせずパッと答えられる
3.こういう答えにくい質問に対してこういう邪道な答え方をしない
4.そろそろ本格的に行数稼ぎに窮していたりしない
5.やっとこれで最後だ、なんて安堵したりしない

では、反対に嫌いなタイプは?

1.上の答えの逆を書けばいいんだろ、とか思うタイプ
2.結局一から考え出し答えるのに時間がかかるタイプ
3.タイピングのタイプ!と思いついて考えをそっち方向に広げようとするタイプ
4.本当に行数稼ぎに窮していたりするタイプ
5.5つ×2書き終え心底ホッとしているタイプ

自分がこうなりたいと思う理想像はありますか?

こんな感じかな・・・

自分のことを慕っている人に叫んでください

目を覚ませ!!!!!

そんな大好きな6(15)人にバトンタッチ(印象付きで)

ちょっと待って下さいよ6(15)人ってなんですか。
615人でしょうか、あるいは6=1+5ということですか←考えすぎ。
というかこんな数で拡散したらチェーンメール的迷惑なので、私のコースはここで打ち止め!うわぁ!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

みんなの味方

 「みんなの味方」というのは、たいていヒーローである。 ア○パ○マ○とか忍者ハット○君とか。 しかしちょっと考えてみると、「みんなの味方」などという存在は、 それほど「頼れるナイスガイ」的な存在ではないことがわかる。 どういうことか、ちょっとシミュレートしてみよう。

「ひろしのバカー!」

「そうだそうだ!ひろしは本当にバカだな!」

「おいちょっと待てよ。いきなりバカはないだろ!なんなんだよまったく!」

「そうだよ!泣いてばっかりじゃひろしだって何もわからないよ!」

「ひろし、あんたあたしに黙ってドーナツ食べたでしょう!」

「そうだよ!黙って食べちゃうなんてひどいにもほどがあるよ!」

「それは・・・食べちゃいけないなんて言わなかっただろ!腹が減ってたんだよ!」

「そうそう!お腹減ってたんだからしょうがないじゃない!ね!」

「何よあんた、食べちゃダメって言われなければ何でも食べるの!意地汚いわねぇ!」

「そうだよ!禁止されなきゃ食べるなんて最低だよ!」

「っていうかさっきからお前誰だよどっちの味方だよ」

「ボクかい?ボクはみんなの味方さ!」

「帰れ」「帰れ」

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

web拍手導入

web拍手というものを導入してみた。

当サイトは一方向電波タレ流しサイトであるわけだが、どのような文章のウケが良く、 どのようなのがモニタ前の気温を局所的に下げているのか全くわからないのだガチョーン!(これだ)

で、web拍手というのは、何か複雑な手の動きが求められる難易度の高い拍手ということではなく(これもか)、 クリックするとそのことが管理人にわかる、ということである。 それがなんとなく管理人のモチベーションにつながると。 そんなわけですな。

ということで、とりあえず試験運用。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

プロデュース

「野ブタ。をプロデュース」 というマンガが原作のドラマがある。 しかし私は内容には全く触れず、名前いじりに走り出す。

「ノビ太。をプロデュース」
言うまでもなく、ドラ○もんですね。ドラえ○ん。 かなり熱心にプロデュースしてましたが、あんまりメジャーになりませんでしたね。 あ、映画になるほどメジャーになってるか。十分ですな。 しかしなぜ今ごろ「のび太の恐竜2006」なのでしょうか。 2006って何だ。内容同じなのに新しくなってる感出そうってことだろうか。 あ、仮タイトルらしい。

「ロビタ。をプロデュース」
この場合のロビタとは、こちらのロビタであって、 こちらではない。 この場合プロデュースしたのは手塚治虫ということになるだろうか。

「ブブカ。をプロデュース」
プロデュースするまでもありません。すごく有名な人です。 Wikipediaで見てみたらもっとかなりすごい人だったようです。 100m10秒2ってすごくない?デカスロン8000点ってすごいんでしょ?知らないけど。

ということで当初の主旨など忘れてきたところでお休みなさい!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

LOVEフォト

今日の間違い

広告で見たこれLOVEフォントコンテストだと強く思い込み、 そうかみんなのとっておきなLOVELYフォントのコンテストなんだでも日本語のフォントってJISなんとか水準の漢字とか入れ始めると大変なんだよねーああそうかそれだとほとんど投稿なくなっちゃうからカタカナだけのフォントでもOKってことなんだろうなしかし書体的にはLOVEだったら明朝体って雰囲気じゃないしあくびんみたいな丸文字っぽいフォントばっかりになるんだろうなーとか思っていたらフォントじゃなくてフォトだったという罠。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

絵違い

echigai.PNG

何がどう回るというのか。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2005年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年11月です。

次のアーカイブは2006年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ