2008年1月アーカイブ

昨日はあまりのことに、動転してしまい何も書けなかった。
エルゴソフトのパッケージソフト事業終了のお知らせについて
ので今日はまじめに書こう。決してめんどくさかったわけじゃないんだ。本当だ。

さて、私がやさぐれている間に、多くの方が本件に関してエントリーを書かれている。

J.S. Mach: エルゴソフト パッケージソフト事業終了
EGBRIDGE と EGWORD(感じ通信)
EGBridge開発担当ご本人の「事業撤退の挨拶」に一抹の淋しさが・・・(muta's mac scribbling)
shiology : egwordよ、永久に
エルゴソフト社のパッケージ販売終了発表を耳にして...

皆さん一様に残念だというコメントを上げられているのは、それだけ良いソフトだったという証左であるように思う。 私もOS9の頃からegbridgeを使っているが、OSXになりegbridge Universalになってからも進化を続け、ユニバーサル履歴変換、スマート予測変換などユーザーが使いやすい良い機能を追加していくegbridgeに好感を持っていた。 ユニバーサルパレットはいろいろといじって遊んだし、実際使えるものだった。

これだけ評判が良いソフトがこのまま埋もれていってしまうのは、あまりにもったいない。 今後どこかで開発が続けられるあてがないのであれば、オープンソースに放り投げてもらうというのはいかがだろうか。全く深く考えないで言っているので、問題はいろいろとあるのだろうが。

最後に。本家の方の言葉と、それに対するコメントたち。
Cocoa を飲んで、ほっとして。:事業撤退

コメントが熱い。開発者冥利に尽きる言葉たちだ。この方、これ読んだら泣けるんじゃないだろうか。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→
皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

FeedBurnerで「人気のフィード記事」を見ていたところ、

Links for 20080125 [はてなブックマーク] 164
MacJournal4:全画面表示モードがすばらしい 60
写真は語る 53
Links for 20080120 [はてなブックマーク] 46
Links for 20080119 [はてなブックマーク] 38
悩み相談室 36

などとある。

「Feedになんではてなブックマークが?」と思って自分のFeedをみてみたところ、確かにはてブに自分がその日登録したブックマークが載っている。確かにそんな設定をした記憶も・・・ああ、「最適化」の「共有ブックマーク」で「はてな」のチェックを入れるとこうなるようだ。

FeedBurner1.jpg

知らぬまま発信していた様子。うっかり恥ずかしいサイトに恥ずかしいコメントを付けてブックマークしまくっているのが公開されていたら、取り返しの付かないことになるところだった。皆さんも気をつけましょう。


皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ずっとフリーのver 2.6.1を使っていたが、ふと考えてみるとかなり使っていて、依存度も高い。そこで清水の舞台からヒモなしバンジー!という意気込みでシェアウェア料金を払いこみ、4.1.3にバージョンアップした。一気にバージョンが1.5.2も上がった印象だが、繰り下がりの計算がこれでいいのか自信がない。が、取りあえず繰り下がりの件は置いておいて、ソフトのことを書いてみよう。

全画面表示がすばらしい件について

これだ。これがすばらしいのだ。今回のシェアウェア料金はこれのために払ったといっても過言ではないのではない。ということで、今回はこれについて書く(というか他については書かない)。

MacJournal4-2.jpg

なぜこんなに全画面表示が気に入っているかというと、文章作成の効率が飛躍的に上がると感じているからなのだ。全画面表示モードに入ってしまうと、黒地の背景に緑の字が踊る(デフォルト設定時)。昔のコンソールのようだ。このモードでは、デスクトップやDockも完全に消えてしまう(実はButlerのDockletだけは根性が入っていて居座り続ける)。このメールチェックやRSSの割り込みも存在しない世界では、いやがおうにも文章を書くことしかしなくなる。様々なタスクを行うコンピューターとしてではなく、単純に文字を書くためのツールとしてコンピューターを利用できているのだ。

コンピューターを使っているようで、コンピューターではないかのような感覚。この感覚はパソコンで文章を作成しているというよりも、ノートに文字を書いているときに近い。おそらく、通常はツールバーやデスクトップは表示されていて、メーラーやブラウザなど様々なアプリが起動していることも常に知覚されているため、脳みそCPUの何割かはそれらの情報に奪われていたとろうと感じた。その余分なものを排除し、脳みそを「書く」という行為に集中させることができるのだろう。

同じような意見の方は他にもいらっしゃる。shioさんの意見にはかなり同意。
shiology:MacJournal 4.0!!

MITメディアラボの石井教授は筋金入りのMac使いであるそうだが、Macに触っていると考えることには集中できないので、コンピューターに触らない時間を取っていると言っていたと記憶している。確かに、ネットには様々な魅力的な暇つぶしが溢れていて、その魅力に抗うことは難しい。そこで誘惑に負けやすい私も、考え事をするときはコンピューターから離れ、手帳と向かいあうことで集中するようにしていた。しかし全画面表示を味わうと、コンピューターを使いながらも考え事に集中することは可能なのではないかと考えるようになった。

全画面表示設定

設定画面は下のような感じだ。

MacJournal4-1.jpg

デフォルトではテキスト拡大率は200%だったが、大き過ぎたので150%にした。ショートカットはぜひ登録すべきだ。そして頻繁に活用すべきだ。

Tips

・全画面表示にしていてもSpacesは有効。ちょっと調べものが必要になったら別のSpaceに開いたブラウザで見て、終わったら元いたMacJournalのSpaceに戻る。全画面表示の状態は保たれていて、編集作業を続行できる。
・ショートカットを有効に使うべき。Ctrl+Fで1文字進み、Ctrl+Bで1文字戻る。Ctrl+Nで下の行に、Ctrl+Pで上の行に。Ctrl+Vで1画面下に、Ctrl+Lでカーソルの位置を画面の中心になるように再描画。基本的にターミナルのアナロジー。

全画面表示の可能性

この「余分なものを排除する」ことによる効率向上の余地は、文書作成の他にもあるのではないだろうか。例えばプレゼンの資料を作成するときかもしれないし、映像を編集するときかもしれない。色々あるだろう。これらの作業を行うアプリも、他のアプリケーションを排除した「単一アプリモード」を持つことで、生産性が上がるのではないだろうか。


まとめ

  • MacJournal4の全画面表示はスバラシイ
  • Spacesとショートカットをうまく活用すると吉
  • 他のアプリも導入して欲しい

参考:


皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

写真は語る

ミツバチ姿で 「『ビー・ムービー』見てほし〜の!」

まず下の写真を見て欲しい。
銀座・レカンのパテシェが作ったはちみつ入りのケーキを試食

キャプションが「銀座・レカンのパテシェが作ったはちみつ入りのケーキを試食」となっているが、正しくは「おっぱいおっぱい!」なのは言うまでもないだろう(あるいは「銀座・レカンのパテシェがつくったはちみつ入りのケーキよりも胸の谷間の方が魅力的だ」あるいは「ケーキよりも私を見てほし〜の」←自分で書いていて落胆した)。ちなみに彼の見ている先はこんな感じです。
セクシーなミツバチ姿のほしのあきさん

というわけでこれからもいろいろと頑張って欲しいですね。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

以前マインドマップを描くフリーウェアのFreeMindについて、FreeMindでマインドマップというエントリーを書いたが、このときはバージョン0.8.0だった。チェックしてみたら0.9.0β15というのが出ていたので試してみたところ、いろいろ様子が変わっていた。
SourceForge.net : FreeMind
Macの人は 「FreeMind_0.9.0_Beta_15_icon_butterfly.dmg」をダウンロードする。

0.9.0での変更点の詳細はこちら(英語)。
FreeMind 0.9.0: The New Features


WYSIWYG-Editing for nodes and notes, scripting, filter, attributes and many more.

0.9.0の新機能を使って作ったファイルは0.8.0では読めないので注意。この場合、0.8.0で新しくファイルを作成しコピペすれば、新機能を使わない状態で復元できるらしい。

操作方法も色々変わっていたので、前回書いた操作方法のマインドマップを更新しておく。

FreeMind0.9(Mac).png

pdfファイルはこちら→FreeMind0.9(Mac).pdf

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

悩み相談室

「靴下に穴が開きすぎます」:東京都在住Hさん

靴下の指先の部分に穴が開くことって、ときどきあるかと思うんです。 でも、その頻度が最近おかしいんです。

どれぐらいなんですか?

今週だけで3足ほど穴が開きました・・・
3足ですよ!このままでは生活費を圧迫してしまいます!
一体どうすればいいんでしょうか!?

落ち着いて下さい。
こう考えてみてはどうでしょう?
今まではそれほど穴が開かなかった靴下が、最近急に穴が開く頻度が増加している・・・
これはあなたになんらかの変化が起きていることを意味します。

変化ですか?

はい。
いいですか?
あなたの足は今、進化しているのです。

進化ですか?

はい。
あなたの足という存在が、その存在のあり方を変えようとしているのです。
靴下の穴は、そのことの一つの現れでしかないのです。

私の足はどうなってしまうのでしょうか。

見守っていくしかありません。
そして受け入れるんです。あなたの足と、その足が進化した先にある存在を・・・
それも、まぎれもなくあなたの一部なのですから・・・

先生、私、頑張れる気がしてきました!

よかったですね。
靴下は足先が補強されているものを選ぶといいと思いますよ。

先生、それ最初に教えて下さい。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

X JAPANが帰ってくる!

X JAPAN10年ぶり東京ドームライブ

97年大みそかに解散したロックバンドX JAPANが3月28、30日に東京ドームで再結成ライブを行うことが15日、分かった。解散ライブも同会場。約10年ぶりのライブ始動も東京ドームを選んだ。メンバーのhideさん(享年33)が死去して10回目の命日となる5月2日に、東京・味の素スタジアムで追悼ライブを行い、夏からはアジアツアーに入る。X JAPANは今年、完全復活する。

あれ歌ってくれるのかな!(違)

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

以前書いた「私がインストールしておかないと困る10のアプリ」を今でも結構見に来る人がいらっしゃるので、現在(’08 Jan)のLeopardでの環境に合わせて更新してみようかと思う。

追記:また書き換えました('08 6/22)

  1. Firefox
  2. Butler
  3. MenuMeters
  4. Google Notifier + Reader Notifier
  5. ImageWell AppCleaner
  6. RealPlayer
  7. iSquint
  8. MaJournal
  9. SizzlingKeys Finder Toolbar Scripts
  10. ClamXav

次点: Jedit X

他のMacサイトでの説明を調べるにはMac onlineware searchが便利。

1.Firefox

説明はいいでしょう。Firefox3はβから使っていて、正式版もメインブラウザとして使用している。動作は速くなったし、メモリリークも少なくなった(なくなってはいない)。 Greasemonkeyをはじめとするアドオンが多いところも魅力で、ますます良い感じになってきた。 対応アドオンもどんどん増えていくことでしょう。

関連記事:FirefoxアドオンMake Linkが良さそうだ(Copy URL+代替) (うむらうす)

2.Butler

前回はQuicksilverを挙げていたが、その後Butlerに鞍替えした。理由は日本語で入力ができること。使い方に関してはwakabaさんのサイトに詳しい。私はショートカットキーの設定やアプリケーションランチャーをButlerでやっていて、大変重宝している。
わかばマークのMacの備忘録:Butler(1)

他にもiTunesの操作もできるし、ブラウザをアクティブにせずに直で、登録した色々な検索エンジンで検索できるし、使い始めると相当便利だ。やるな、Butler。

関連記事:
Butlerを試してみた (うむらうす)
ButlerでSizzling Keysっぽい動作をする (うむらうす)

3.MenuMeters

前回から変わらず。アプリが暴走してCPU利用率が異常になっていたり、メモリがアップアップでスワップファイルが作られそうなった(あるいは知らないうちに作られていた)りしたのを知ることができる。スワップファイルを無くすAppleScriptは、Leopardになってから正直あんまり効かなくなったので書いてない。

4.Google Notifier + Reader Notifier

前者はGmailとGoogle Calendarの、後者はGoogle Readerの通知を行うメニューバーアプリ。新着のものがあると、Growlと連携して表示させたりすることができる。いい感じである。

5.ImageWell AppCleaner

愛用していたImageWellがシェアウェアになってしまった。なんかお金を払うまでではないなぁ・・・ということで泣く泣く使用中止。
ImageWellがシェアウェア化 (うむらうす)

で、代わりはAppCleaner。初期設定ファイルなど、関連ファイルもまとめて削除してくれる賢いアンインストーラー。 よく使います。使い方はwakabaさん参照のこと。
わかばマークのMacの備忘録 : AppCleaner

6.RealPlayer

RealPlayerがバージョン11からすばらしい変貌を遂げた。といってもMac用はβだけど(正式版になりました)。対応ファイル形式が一気に増えまくったこと(flv,mov,mp4,wmvなど)もそうだが、一緒について来るRealPlayer Downloaderがすばらしいのだ。YouTubeとかでビデオを視聴していると、映像ファイルを片っ端から保存してくれるのだ。あら便利。βだけど
→参考:Macの手書き説明書|RealPlayer

RealPlayer Downloader

こんな感じでダウンロードされていく。ここで「Save」を押すと実際にファイルとして保存できる。その前にClear Listを押せば、保存せずに消せる。

7.iSquint

同じく据え置き。上のRealPlayer Downloaderで落としてきたflvファイルをこちらに放り込めば、iPodで再生できるように変換、転送してくれる。いやーすばらしい・・・

8.MacJournal

いいです。ずっとフリーの2.6.1を使っていたのだが、4になってかなり良くなっている。いずれ別エントリー立てる予定。
→立てました。MacJournal4:全画面表示モードがすばらしい

追記:すばらしいので、バージョン5にしちゃいました。
MacJournal 5.0.4 : Mac journaling and blog software

9.SizzlingKeys Finder Toolbar Scripts

Sizzling Keysは上に挙げたButlerで代用できることがわかったので、やめ。Butlerすごくいい。
ButlerでSizzling Keysっぽい動作をする (うむらうす)

代わりはwakabaさんのFinder Toolbar Scriptsが登場。現バージョンは1.27。これは実際に愛用している。 「Upper Container」、「Move To」、「Duplicate To」はデフォルトでついていてもおかしくないほど使い勝手の良いボタンだ。

関連記事:Finder Toolbar Scripts (うむらうす)

10.ClamXav

Macだからといってウイルス対策しなくていいわけではないので、入れておくべき。ダウンロードファイルの保存場所ぐらいは常時監視しておきたいもの。使用方法はwakabaさんのサイトを参照されたい(人任せ〜)。
わかばマークのMacの備忘録:ClamXav


ということでいろいろ書いてみたが、後に来るほど記述が短くなるのは、決してめんどくさくなったからではないと主張してみたい。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

MyRemixを試してみる

MyRemixというものがある(要無料アカウント作成)。いわゆるマッシュアップツールと言えばいいのだろうか。
マッシュアップ(Webプログラミング)

マッシュアップといっても何かと何かを組み合わせたりするのだが、いじる対象としてデフォルトで用意されているものは以下の通りだ。

MyRemix2.jpg

Yahoo Web検索
Yahoo 画像検索
Windows Liveサーチ
YouTube
Flickr
Box.net
Amazon書籍検索
楽天商品検索
マイミクシィ最新日記
(「設定」からはてブ関連も追加できる)

これらから検索した結果を更に何らかの処理をゴニョゴニョする、といったイメージだ。例えば、YouTubeから「ねり消し」というタグの動画を検索した結果をRSSで出力!とか、楽天から「ねり消し」というワードのでヒットする商品を探し出してRSSで出力!とかするのも思いのままだ。

しかし入力元はこれだけではなく、サイトの RSS とかでも平気な模様だ。例えば、あるサイトの更新分のうち「ねり消し」に関する記事以外は興味ないので、それだけピックアップしたりとか、Twitterのつぶやきから「ねり消し」に関するものだけピックアップとかも可能だ(注:ねり消しに特に思い入れはありません)。出力はRSSとメールが可能なようだ。

また、RSS中の文字列の置換とかもできるので、昔書いた話ができるかなと思ってやってみたらできたので、書いてみる。
NBA TVのvideoを手軽に楽しむ

目的はNBAの公式サイトの動画をRSSで購読して楽しむことだ。しかし、本家から配信されているRSSのリンクをクリックすると、広告のウインドウが現れて肝心の本編の動画が見れなかったりした(Macだけ?)。上のエントリーでは、AppleScriptでRSSから肝心の動画を表示する部分を抜き出したよというものだ。

しかしAppleScriptでやらせる場合、一々本家RSSのリンク先URLをコピーし、手動でAppleScriptを呼び出しているので正直めんどくさい。これをMyRemixでやらせて新しいRSSを出力させれば、直接リンクをクリックするだけでちゃんと動画を見られるようになる。

元のRSSはこれ。Macでは多分クリックしてもうまく見れない。

そこでついカッとなって作ったRSSがこちら。
MyRemix: NBA TV Daily and Top10

このRSSを登録しておくと、NBA BroadBand で公開されるムービーのうち、NBA TV Daily と NBA TV Top10 シリーズを抜粋し視聴できる(個人的には他のムービーはどうでもいいので)。これは、キーワード「Top 10」と「Daily」で絞ることで行っている。バスケ好きには非常に良いRSSであると思うので、オススメだ。

MyRemix自体に興味を持った人は、MyRemixのサイトに作られているものを見に行くか、以下のサイトでキャプチャ満載で紹介されているので、参考にされると良いかと思う。
MyRemixを試す - 賢太郎の物書き修行

上の NBA TV Daily の作成画面だけ載せておくと、このような感じだ(クリックで大きくなります)。見れば何をやっているかは大体わかると思う。他にも

MyRemix1.jpgというわけで結構便利そうな匂いがするので、いろいろいじってみると良いかと思う。
皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

放置プレイ終わり!

放置プレイされてグレていたら、wakabaさんに超はげましのエントリーを書いていただいた。あとkeizoさんにもなぐさめてのコメントをいただいた。皆さんの温かい心を胸に、私、また歩き出せる!と思った。OTZ☆山 ←転んだ

ちなみに旅に出た「北」はベーリング海峡ではなく長野でした←あんまり北じゃない
でも10℃くらい低くて寒かったです。

で、元々のはてブの件ですが、私は昔のブックマークも呼び出せるように、ローカルにある覚えておきたいブックマークの棚卸しをして、必要そうなやつを片っ端からはてブにエクスポートしているのです。その際にタグとコメントをつけて、検索しようと思ったときに必ず引っかかるようにしようとしているわけです。タグは別にジャマにはならないので、多めに付けておけばいいのではないでしょうか。はてブでは、付けたタグの一括変換が可能であるようです。spotlightではてブやソーシャルブックマークも検索できればいいのに(できる?)

ということで、私も同じ悩みを抱えております>keizoさん。
過去のブックマーク直ぐに見つかりますか?

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

FreeMindでマインドマップ

以前フォトリーディングというものを紹介したが、その流れでマインドマップ(Wikipedia)というものを試してみている。

マインドマップとは、大ざっぱに言うとノートの取り方(あるいは情報のまとめ方)の一種で、 単に箇条書きにするのではなく、項目同士を図形的に繋いだ形でマッピングすることで、記憶に残りやすくなるというものだ。 構造が脳の記憶の仕組みと似ているかららしいが、絵として覚えると記憶が増強されるという効果もありそうだ。 どんなものかは上のWikipediaのリンクなどを見て欲しい。

本当はノートに手で書くとより記憶に残るようなのだが、電子データとして作ると書き直しが自由なので、Macで使えるツールを探してみた。
思考の道具 :「アウトライン & マインドマップ*1 編」- Mactopia
こちら↑を参考に、FreeMindというフリーのマインドマップ作成ソフトが良さそうなので、試している。

FreeMind(フリーマインド) 活用クラブにアプリの基本的な操作法の説明があるのだが、Windows環境用なので、Macで使うと微妙に食い違う。 そこでどうせならと、FreeMindを使って、FreeMind操作法(Mac版)のマインドマップを作ってみた。 MacならPDF出力も簡単だぜ、という意味でのPDF。

FreeMind(Mac).pdf

マインドマップって何?という人は見てもらえればこんなもんかとわかるだろうし、使ってみようという人も参考にすると便利かもしれない。ショートカットを変更しないと使いにくいと思うので、その画面だけつけておく。

ショートカット設定画面

FreeMindのダウンロードはこちらから。
上のマップは Mac_OS_X_Freemind-0_8_0.dmg を使っている。
PPC用と書いてあるが、Javaアプリらしいので IntelMac でも動くかもしれない(未確認)。

参考:
shio的マインドマップ利用法──MacPeople記事連動

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

放置プレイに耐えかねて

誰からも反応がなかったら、軽く北へ旅に出ることにします。
---はてブをもっと活用したい(うむらうす)

ということで、軽く北へ旅に出て帰ってきました。北は寒いなぁ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

シュレッダーは電動がいいね


シュレッダーを買った。以前から手でぐるぐるハンドルを回すタイプのものは持っていたのだが、さすが1000円しないものだけあってよく壊れ、その度に分解して組み立て直したりしていた。おかげで仕組みに詳しくなってしまったが、こんな努力は無駄なのではないかと1年以上経ってから気付き、店で衝動買いした。で、しばらく使ってみて、気に入ったので紹介してみる。

買ったのは、コクヨのKPS-DT10XA という左の写真のやつだ。実はネットで下調べをして行ったのだが、候補のやつらが全く店になかったのでその辺にあるのを適当に買った、というサイドストーリーが存在するのだが、それはさておきお次は性能について。

良い点

  • 強い。手動のものはちょっとムリをすると噛みこんで刃がずれたりしていたが、そんなことは起きていない。
  • 裁断片が細かい。2×10mmと、幅だけでなく長さもも自覚してくれるので、並べ直すのはほぼムリだろうという安心感。
  • 楽。電源を入れておくと、紙を入り口に差し込むと自動でスタートし、終わると勝手に止まる。一度裁断が始まれば放っておいてもOK。

悪い点

  • 調子に乗って容器がいっぱいになるまで切ってしまうと、容器をとり出すときに必ず破片がこぼれ、泣きながら拾うことになる。泣かないためには、いっぱいになる前に小まめに出してしまうか、容器内の裁断片の高さが均一になるように、ならしながら使用する。
  • 緊急停止ボタンがない。側面の電源スイッチを切れば止まるけど。(後継機にはついた)

ということでかなり満足しているのだが、DT10XAというのは製造中止っぽい。後継機がS-tray(KPS-X30W)というやつ(右の写真)のようで、差は消費電力が少なくなって重量が軽くなったのと、緊急停止ボタンがついたところぐらいか。おそらくこっちでも変わらんだろう。

ということで、邪魔な紙を片づけるために、スキャンしつつ裁断しまくってスッキリした気分に浸っていたら、スキャンが失敗しているものが発見され、紙は既にやってしまったことに後で気付いた冬休みの午後。

〜終了〜

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

Happy New Year に A は要るか

結論:要らない
理由:Good morning!と同じで挨拶だから

ということだそうです。あっても間違いではないみたいですけどね。

参考:
"A " Happy New Year? - 教えて! goo
A HAPPY NEW YEAR?Aは要らない? - Yahoo! 知恵袋

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
  • 発売元: フォレスト出版
  • 価格: ¥ 1,470
  • 発売日: 2009/11/09

「読む速度が10倍になる」というキャッチコピーで知られるフォトリーディングについて興味を持って、 上の本を読んだり自分で試したりしてみたので、一本書いてみる。 ただしかなり説明をはしょっているので、フォトリーディングそのものについて知りたい人は、 最後に挙げる本やサイトなどを参照して欲しい。


・フォトリーディングとは

本、雑誌、新聞、ネット、情報は無限にある一方、我々の時間は有限である。 全てを処理することなどハナからできはしないので、効率良く情報を収集できるとうれしい。

情報収集の目的は、大体の場合文章の内容の把握である。 これを素早く効率良く行うための方法がフォトリーディングで、 そのキモは、実は文章内容の把握は、文章を一文字ずつ全部読まなくても可能だというパラダイムシフトなのだと私は考えている。

やり方については、以下の勝間和代さんの記事にまとめられているので、引用させていただく。
フォトリーディング・セミナーに行ってきました その2

【フォトリーディングのやり方】

予習−本をぱらぱらーーーとながめて、興味あるキーワードや、本当にこの本を読みたいのか、探してみる。
↓
フォトリーディング−−フォトフォーカス(マジカル3Dアイを見るような目つき)で、ページをぼんやりと全体を眺めながら、ページをめくる。目で写真を撮るイメージです。
↓
復習−読み終わった本を、またぱらぱらと眺めて、興味ある質問やキーワードを探す
↓
活性化−この本から質問をしたいことを考えながら、流し読み+拾い読みをして、マインド・マップをまとめる。

この「ぱらぱらと眺める」というのがポイント。

・素早い内容把握に適した読み方

フォトリーディングの文章の読み方は、上にある通り「精読ではなく何回も流し読みする」というやり方である。 パラパラめくる感じだと、当たり前だがものすごく速く読める。 300ページぐらいあっても10分〜15分くらいで読める(1ページ数秒)。 とても「読んでいる」とは言い難いが、それでもこれを何回か繰り返すと、人間大したもので、そこそこ内容が頭に残るのだ。 人間は「これは見た事がある」ということに対しては敏感で、 短い期間に何回も目にすると記憶に定着しやすいからなのだろうか。

本当はもっと詳しいやり方や背景があるので、詳細については本やサイトを参照して欲しい。

・精読の弊害を認識する

本を読んでいて納得したのが「読む本全てを精読する必要はない」ということだった。 確かにそんなことは誰も強制していないし、そんな決まりはない。 にもかかわらず、多くの人が「精読しないことに罪悪感を感じてしまう」という。

例えば以下のようなことには、思い当たる節がある人も多いだろう。
 ・本を読むときに、最初からきっちり読んでいかないと気分が落ち着かない
 ・買った本や雑誌は、全部に目を通さないともったいないと思う
 ・なので、本を読み始めるのがめんどくさい→積ん読へ

しかし現実問題として、通常の精読による読書は時間がかかるため、長い本を一度に読み終わることは難しい。 そうして何週間かかけてようやく一冊読み終わったとしても、その頃には始めの方は忘れてしまっている・・・。 他にも、長い本には読むのに気後れしてしまい心理的な負担が大きくなったりする。

つまり「内容をざっくりと把握したい」というのが目的なのであれば、精読はむしろ弊害が大きい方法なのだ。

個人的には、全ての文章に対してフォトリーディングを使う必要はないと思う。 本には、小説などもやるといいと書いてあるが、私はなんか好かない。

・本を読んでもわかりにくいこと

私は本とネットだけで自習したのだが、いくつか分かりにくいところがあった。 前出の勝間和代さんの記事の「誤解と実際」の部分にズバリ書かれていたので、引用させていただく。
フォトリーディング・セミナーに行ってきました その2

誤解1ーフォートリーディングをすれば、本の内容がすらすらーーーーと頭に入るようになると思っていた
実際ーフォトリーディングは、「滑りをよくする」、すなわちなんとなく知っている、というデジャブ感をつけるためにやるものだった。

誤解2ーフォトリーディングでは「ソフト・フォーカス」といわれる、非常に難しい目の焦点をぼかして行う、精神修行のような読み方が必要だと考えていた。
実際ー要は、うっかり字を読まなければいい、というだけで、目の焦点をぼかす方法なら、例えば極端な話、別のものを見ながらページをめくるだけでよかった。

誤解3ーフォトリーディングでは難しい精神集中やアファメーションという技法が必要だと思っていた。
実際ー精神集中やアファメーションはもちろんあったほうがいいが、それよりはフォトリーディングを繰り返し何回も見てみるとか、数をこなすことが大事だった。

誤解4ーフォトリーディングでは文章への読解力が飛躍的に上がるのかと思っていた。
実際ー読解力そのものを上げるのではなく、「本はもっとテキトーに読んでも大丈夫なんだ」という考え方を教えてくれるものだった。

誤解5ーフォトリーディングの後の熟成は絶対に必要だと思っていた。
実際ーフォトリーディングをした後、10-20分間、できれば一晩休むように、というのが本の指示です。ところが、これはあったほうがいい、くらいのもののようです。

本を読むと、フォトリーディングで「1ページ1秒の速さで」「写真を見るようにボーッとページを眺めていく」と、 あら不思議本の内容が無意識下で理解できる!というようにとらえてしまいがちだが、 そんな風に思わなくてもいいよということだ。 私はこの記事を読んで、「何回も流し読みすることで記憶を定着させることが大事だ」 という解釈がまちがっていないと確信した。

・まとめ

  • フォトリーディングは文章の内容を素早く把握する方法
  • キモは、何回も流し読みすると一回精読するよりも理解しやすいという仕組み
  • 精読は時間がかかって大変なので、心理的にも時間的にも弊害がある
  • 大量の文章に対する心理的な抵抗が減るのが大きなメリット

ということで、しばらく自分を実験台にしてみたのだが、 私はかなりよいと感じているのでしばらく続けてみるつもり。 特に、流し読みするだけでも案外内容を把握できるもんだなと思った。 ちなみに私が効果を実感したのは、本屋での立ち読みの効率が著しく上がったのに気付いたときである。


参考:

サイト
フォトリーディングで1000冊読破
フォトリーディング公式サイト
無料 フォトリーディング情報 園善博のサイト
フォトリーディング習得委員会


[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める
  • 発売元: フォレスト出版
  • 価格: ¥ 1,470
  • 発売日: 2009/11/09

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

というわけで皆さまへ愛をこめた年賀カード(音出ます)

そして今日の拾いもの:ドラ○もんたち
のび太とスネ夫がものすごいCOOL!!!!!

それでは今年もよろしくお願いします。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ