2010年11月アーカイブ

サーバ障害→移転→復旧あれこれ

心の傷も癒えてきたので、備忘録がてら今回のサイト移転の
顛末を書いておこうと思う。
なぜなら、過去に学ばない者は愚か者だからだ。
(注:管理人は過去にも同じような経験をしています)

悲劇発生

サイトに障害が起きた。
なかなか復旧しないなーと思っていたら、データベースにログインできない。
ログインできないというか、データベースが存在しない。
すっからかん。

(´・ω・`)ショボーン

うむらうす本館

  • Movable Typeで運営
  • 個別エントリーのファイルは残っているがデータベースがなくなった
    →WEB1.0化を達成!うれしくない!

7月時点のバックアップが残っていたのでインポートしようとしたら、
Movable Typeさんに「ファイルが大きすぎるでござる」と言われた。
自分が作ったバックアップファイルに文句言うな!

しかしインポートできないと、データベースが復活しない。どうしよう。
泣きそうになりながら、解決可能な問題か調査。

結論:ムリ!わーい!

泣きながら1500個ぐらいあるHTMLファイルを加工、必要部分を結合して
インポート用のファイルを作成。Jedit Xさんがマルチファイル置換で大活躍。
正規表現で、検索した文字列の入れ替えとかもできちゃうと知る。
正規表現:とことん!ホームページ

ファイルの文字コードの罠にハマったりしながら、なんとかインポートできた。
ここまでで2週間以上経っていたような。

うむらうす -ANNEX

  • WordPressで運営
  • WordPressに6月までの記事をインポートしたところ、
    個別エントリーだけでなく月別アーカイブなども動くようになった!
  • ついでに、動かなくなっていたWordTwitも動いた
  • なので、別館に関しては失われた3ヶ月分を、
    Googleキャッシュから泣きながら移すだけで済んだ

バックアップ

今後のデータベースファイルのバックアップby方法を検証、確立させておく必要あり。
なぜなら、過去に学ばない者は愚か者だからだ。
(注:今回のような事故は2回目です)

WordPress:WordPress Database Backupで。
ツール→バックアップ→定期バックアップ→週1回 をチェック
で、1週間ごとにバックアップファイルがメールで送られてくるようにできた。

Movable Type 5:自動バックアッププラグインが見つからなかったので、
MySQLのバックアップを、cron+シェルスクリプトで行うことにした。
シェルスクリプトは以下のような感じ。
mysqldumpのパスはマニュアルにはないが、 /usr/local/bin/ にある。
(参考:ハッスルサーバーでのWP-DBManagerの使い方

#!/bin/sh
bak=`date +%y%m%d`
/usr/local/bin/mysqldump -a --opt --host=ホスト名 -c --user=MySQLユーザ名 --password=パスワード データベース名 | /usr/bin/gzip | /usr/bin/uuencode 好きな名前$bak.sql.gz | /usr/bin/mail -s "好きな名前$bak.sql.gz" 送信先メールアドレス

mysqldumpのオプションは以下を参照。
MySQL :: MySQL 4.1 リファレンスマニュアル :: 4.9.7 mysqldump(テーブル構造とデータのダンプ)

cronでのファイル名の指定は、ルート直下に置く場合は以下の通り。

/home/umu/public/ファイル名

publicを知らずにnot foundを連発しましたこんにちは!

ということで、なんとか自動バックアップの体制も整ったし、
これでいつサーバが飛んでも大丈夫だ!いつでも来い!

って言っておけばしばらく来ないだろう。
というか、来なくていいです。ハイ。

良い子のみんなは、バックアップはちゃんと取ろうね!
約束だぞ!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

AirPrintと言うと

「課長。プリントしておきましたよ。ハイ。」
「おお、ありがとう・・・って何もないじゃないか。なんのつもりだ?」
「AirPrint」

みたいなのを想像してしまうのは、私だけではないはずだ。

と渾身のtweetをしたら放置されたので、
再度渾身のエントリーとして、ここにアップするものである。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

動物園にいる客層

を観察してみた。

1. 家族連れ
圧倒的に多い。当たり前ですなぁ。

2. カップル
デートなのでしょうなぁ!
ごちそうさま!(何を?)

3. 大学生くらいの男3人 なんだろう?なんだろう??
でも結構楽しそうだったよ?
合コンの下見?念入りだな!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ということで、ものすごい浅い考察でした。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

'11 Nov updated

Macでマインドマップを描くのに、
最初はフリーソフトということでFreemindを使っていた。
(関連:FreeMindでマインドマップ
FreeMind0.9.0βでマインドマップ その2

フリーなのはいいのだが、使い勝手に微妙な
不自由さを感じるようになってきた。 そこで、商用ソフトはどんなもんよ?
ということで、いくつか試してみた。



JUDE/Think! astah* think!

発売元サイト→astah* think! 概要

  • デフォルトで作ると、枝ごとに色も変わって、そこそこの見かけのものが作れる
  • 操作画面はFreemindと似ていて、Freemindを使ったことがある人はすんなり使える
  • PowerPointのように、四角やテキストや直線を任意の位置に描ける(Freemindではこれができない)
  • 関連付けは始点と終点から出ている線を操作するベジェ曲線  曲率の変更はできたが、始点と終点の移動はなぜかうまくできなかった
  • テンプレートも、ビジネス用からプライベート用までいろいろついている
  • アイコンは88種類。Freemindよりは多いが、それほど多くもない
jude-think.png

jude-think2.png

こんな感じ。

結論としては、Freemindをベースとして機能を強化したもの、という印象。
あんまり違わない。

とか思ってたら、販売中止になってた!

JUDE/Think!は 2010年3月末日をもって販売を終了いたしました。
JUDE/Think!のライセンスを利用中の方、未使用のライセンスをお持ちの方は、後継製品 astah* think! へ無償でバージョンアップできます。

JUDE/Think! ダウンロードと評価方法 - マインドマップ描画ツール

astah* think!という名前になったのですな。
3150円ナリ。

MindManager

発売元サイト:マインドマップ ソフト MindManagerでMindMap

  • デフォルトでは、直線的でかっちりした感じのものができる
  • 値段が張るだけあって多機能。作り込めば様々な見かけのマップが描ける
  • UIはシンプルで操作しやすい
  • イメージや背景などのライブラリがかなり豊富
  • インスペクタウインドウから選択できるアイコンは40種類弱だが、
    ライブラリの画像が全てアイコンとしても使用できるため、実質的には膨大
  • スタイルも選択が可能
  • 右クリックのメニューからいろいろ選ぶよりも、複数のウインドウからドロップして選択していく方式は使いやすいかもしれない
  • テンプレートも仕事用からプライベート用まで豊富
mindmanager1.png mindmanager2.png

mindmanager3.png スタイルもいっぱい

mindmanager4.png テンプレートもいっぱい

mindmanager5.png こんな感じで作れる

問題:日本語入力に対する反応の遅さ (MindManager7 for Mac)

新しいトピックやサブトピックを作り、日本語を打ち始めると確かに文字は入力される。
しかし、最初の文字一文字の反応が遅れてしまい、まともに文字が入力できない。

例えば「花見」と打ちたいとする。
トピック(ブランチみたいなもの)を選択し、猛然と日本語入力を始めると、
最初の「h」が遅れて「あなみh」などとなってしまう。
これでは何を見てるのか、さっぱりわからない。

日本語入力モードへの切り替えが遅いのだろう。
最初の「h」を打ってから1秒ほど待ち、
それから「anami」と打てば、きちんと「花見」となる。
んなこと、やってられるかー!

この問題の逃げ道としては、あるトピックに日本語入力をするときは、
Ctrl+Aでトピックの文字列の頭にカーソルを持っていってから入力する。
これで妙なストレスからは逃げられる。みんなちゃんと使えてるの???

これはMindManager7 for Macでの話なので、
今後の改善をwktkしたい。

顧客一覧に多くの企業が挙がっているように、
ビジネスに使うことを重視していて、いわゆる本家のマインドマップとは、
目指す方向が異なっているかもしれない(これはJUDE Thinkも同じ)
でもこれはこれで、ビジネス上は使いやすいかもしれない。

お値段はこんな感じ。
マインドマップ ソフト MindManagerでmindmap 価格表
Mac用はダウンロード版で¥28,319ナリ。Upgradeで半分ぐらい。
高いね。

iMindmap

発売元サイト:ThinkBuzan - Official Mind Mapping software by Tony Buzan

  • トニー・プザン唯一公認のマインドマップソフト。Mac,Win,Linux用とある
  • 上の二つのソフトとは全く別格。矢印は好きなようにぐねぐねと曲がって描けるし、その矢印に沿って文字はぐねぐねと曲がって表示される
  • アイコンも豊富、インターネットから画像を探して挿入できるし、手書きの文字や絵も使える。表現の自由度はダントツ

imindmap1.png 別格!

imindmap2.png センタートピックの選択画面。なんかいろいろある。

imindmap3.png ぐねぐねモードだけでなく、こんな感じのテキストモードにもできる。

<追記>
iMindmap5になって、日本語入力の反応が改善されました!
ブランチを追加すると、勝手に重ならないように
レイアウトを整えてくれたり、
ショートカットもわかりやすくなって、とても好印象!
まさに、死角なし!

Mac版iMindmap5については、こちらの情報が大変参考になります。
iMindMap(アイ・マインドマップ) でMindMap: *ver.5 </追記>

・問題:日本語入力の反応の遅さ

またか・・・マインドマップと日本語は相性悪いのか?Mac版だけ?
ブランチを選択した状態で、猛然と日本語を打ち込み始めると、
反応が鈍くて最初の数文字がアルファベットになってしまう。

例えば「花見」という文字を打とうとすると、
「haはなみ」のようになってしまう。
これまた、何を見たいのかさっぱりわからない。

回避策は、ブランチをダブルクリックして、
文字入力BOXが表示されてから、日本語入力を始めること。
めんどくさい。改良を望む。

日本語の入力のしやすさという点では、
実は3ソフトの中でastah* think!が一番だったりする。
さびしい限り。

iMindMapは、想像力の翼を羽ばたかせる
「本家のマインドマップ」作成ツールであり、
会社の企画書など、きっちりとした書類を作るのには
向いていないかもしれない。
(それをマインドマップと呼ぶかは別の議論)
企業で使うような場合には、JUDE Think astah* think!や
MindManagerの方がよいかもしれないです。

iMindmap5の価格はこんな感じ。('11 Nov時点)
Buzan's iMindMap: ダウンロード購入
Basicは無料! Home & Studentで5730円、
Ultimateで21903円

Ultimateにしても、Mindmanagerより安いじゃないですか!
Home & Studentでも半額以下。
こちらで機能を比較して、まずは無料版で試してみるのが
よいのではないでしょうか?
ThinkBuzan - Products - iMindMap Features


とかいう記事を書いていたのが、実は2年前。
どんだけ寝かしてるんかいという話だが、もったいないのでアップした。
というのも、驚いたことに、問題点とかの状況が
あまり変わっていなかったのだ。
まったくもって、うれしくない驚きだ。

<追記>
iMindmap5の進化はうれしい驚きです。
</追記>

ここでは3つの有償ソフトを比較したが、
他にもフリーのXMindやWebサービスのMindMeisterなどがある。
情報を参考に、気に入ったものを選んでみてください。


参考・関連サイト
無料マインドマップソフト対決!『XMind』 VS 『Freemind』 - ライフハックブログKo's Style
マインドマップ系ソフト比較 | アカベコマイリ
FreeMindでマインドマップ
FreeMind0.9.0βでマインドマップ その2
iMindMap(アイ・マインドマップ) でMindMap: *ver.5

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ復活

右カラムの一番上に、当サイトのマスコットキャラクターであるところの
ガッツゴリラが復活した。これで、どこからともなくガッツが湧いてくるので、
もうなんとなく安心な気がする。

あと右カラム下の方のリンク集もなくなっていたことが発覚したので、
これまたなんとなく復活した。

気分で動いている当サイトです。
こんにちは!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

Bentoに興味がある

と言ってもこっちではなくこっち

なんだかうまく使うと便利そうなのだが、
どう活用できるのかイマイチわからない。

ユーザーの方の「こんなの便利だよ」というタレこみを
首を長くしてお待ちしております。
コメント、web拍手、twitter、どれでも結構ですのでお願いしマス。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

iTunes10パッチ当ての儀式

iTunesはversion upの度に行う儀式がある。

  • 再生するとジャンルが日本語に直されるのをTune-up iTunesでパッチを当てて元に戻す

というものだ。
ところがiTunes10になって、以下のことも必要になった。

  • 曲の横に表示される矢印を、Ping関連の表示からLibrary内の表示に戻す

Pingはあまりやる気がないので、黙らせたいのです。

ということで、以下を参考に黙ってもらうことにした。
iTunesライブラリに表示されるようになったPingボタンを消す | Macの手書き説明書
以下の3つをコマンドプロンプトで入力。
これはアプリ側ではないので、一回やればずっと有効(なはず)。

% defaults write com.apple.iTunes hide-ping-dropdown -bool TRUE
% defaults write com.apple.iTunes show-store-link-arrows 1
% defaults write com.apple.iTunes invertStoreLinks 1

ちなみに、Tune-up iTunesの最新verが10.0.3なのだが、
こちらはPing関連の設定もできるようだ。

ようだ、というのは、私の環境ではエラーが出るため、
いまだにver8を使っているからだ。
サイトに書かれている注意書きはやってみたのだが。
なんでだろう。

と微妙なタイミングで終了。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

すさんだ心を癒すため、キレイな壁紙フォルダ内の画像たちを
スライドショー表示させながら、α波出ちゃう系の音楽でも流すと
いいのではないか、と思いついた。

なんかそんなアプリあるかなと思ったら、イマイチなかった。
iPhotoに画像を全部登録すればできるのだが、
別に不必要にライブラリを大きくしたくもない。

と思ったら、単にフォルダにいってCtrl+Aで画像を全部選択し、 QuickLookでスライドショーになるのを思いついた。 音楽はiTunesでバックで好きな音楽を流せばあら不思議。 目的は達成されたのであった。アプリ要らなかった。

slideshow-with-music1.png 全選択。オレの壁紙フォルダが火を吹くぜ。

slideshow-with-music2.png SpaceでQuickLook発動。再生ボタンを押せばスライドショー開始。
ここでおもむろにiTunesか何かでα波出ちゃうっぽい音楽を流せば完成だ。

待てよ。なんか忘れてる気がする。

なんか、iTunesで音楽流しながらスクリーンセーバーを発動させた方が、
画像が動いたりトランジションが凝ってたりして、
QuickLookのスライドショーよりいい気がしてきた。

slideshow-with-music3.png

slideshow-with-music4.png

これでよくね?

結論:きれいな写真が入ってるフォルダを指定して、
iTunesで音楽流しながらスクリーンセーバー発動させればいいですね。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ザリガニが見ていた...。さんで書かれている、
以下の記事を読んでみたところ、
キーバインド(KeyBindings)の設定をすることで、
爆速でHTMLのタグ打ちができる

ということがわかった。
TextExpanderっぽいことを、無料でできるという感じ。

ただ、TextExpanderは、設定すれば日本語入力モードでも動作するが、
この方法は英数入力モードでないと動作しないっぽい。

タグで囲むキーバインド設定の方針

私がよくやるタグうちは、以下のようなもの。

  1. 選択範囲を<strong></strong> タグで囲む
  2. 選択範囲を<p></p> タグで囲む
  3. 選択範囲を<blockquote><div></div></blockquote> タグで囲む
  4. 選択範囲を<ul></ul>タグで囲む。できれば各行を<li></li>タグで囲みたい
  5. 選択範囲を<ol></ol>タグで囲む。できれば各行を<li></li>タグで囲みたい

3. までは、AppleScriptもAutomatorも使わずにタグやカッコで囲うキーバインドの設定 - ザリガニが見ていた...。のソースに「insertNewline:」を混ぜるだけで望みのものができた。

問題は4.と5.。
AppleScriptを使えれば、繰り返し処理とか置換とかできるが、
scriptじゃないのでできなさそう。困ったなぁ。

しょうがないので、次のようなステップを踏む。
・選択範囲を<ul></ul>タグで囲む ・各行を<li></li>タグで囲む

確かに5秒はかからずできそうな気がするが...うーん、微妙。
改善の余地あり。

成果物

{

"^:" = {

/* 選択範囲を<strong> </strong> で囲う(control-:、s) */
"s" = (
"setMark:",
"deleteToMark:",
"insertText:", "<strong>", "yank:", "insertText:", "</strong>",
);
/* 選択範囲を<ul> </ul>で囲う(control-:、u) */
"u" = (
"setMark:",
"deleteToMark:",
"insertText:", "<ul>",
"insertNewline:",
"yank:",
"insertNewline:",
"insertText:", "</ul>",
);
/* 選択範囲を<ol> </ol>で囲う(control-:、o) */
"o" = (
"setMark:",
"deleteToMark:",
"insertText:", "<ol>",
"insertNewline:",
"yank:",
"insertNewline:",
"insertText:", "</ol>",
);
/* 選択範囲を<p> </p>で囲う(control-:、p) */
"p" = (
"setMark:",
"deleteToMark:",
"insertText:", "<p>",
"insertNewline:",
"yank:",
"insertNewline:",
"insertText:", "</p>",
);

/* 選択範囲を<blockquote><div> </div></blockquote>で囲う(control-:、q) */
"q" = (
"setMark:",
"deleteToMark:",
"insertText:", "<blockquote>",
"insertNewline:",
"insertText:", "<div>",
"insertNewline:",
"yank:",
"insertNewline:",
"insertText:", "</div>",
"insertNewline:",
"insertText:", "</blockquote>",
"insertNewline:",
);

/* カーソルがある行を<li> </li>で囲う(control-:、l) */
"l" = (
"selectParagraph:",
/* selectLineだと複数行にまたぐ行が分解されてしまう */
"setMark:",
"deleteToMark:",
"insertTab:",
"insertText:", "<li>", "yank:",
"deleteBackward:","insertText:", "</li>",
"insertNewline:",
);
};
}

インストール方法は以下の通り。 この内容を、文字コードUTF-8のテキストファイルとしてとして、
以下のパスに保存する。

以下のファイルをホームのライブラリに保存する。
~/Library/KeyBindings/DefaultKeyBinding.dict
KeyBindingsフォルダが存在しない場合は自分で追加する。

デフォルト設定でテキストシステムの底力を引き出す - ザリガニが見ていた...。

既にファイルがある場合は、一番外側の{}の中身を、
ファイルの一番外側の{}の中に付け加える。

細かいコツなど

・呼び出しを「Ctrl+/」ではなく「Ctrl+:」にした
「:」の方がホームポジションに近いので、コンマ何秒か早い

・半角英数入力モードでしか効かない
日本語入力モードでは効かない。地味に大きな制約。

・DefaultKeyBinding.dictの変更を反映させるには?
使っているアプリを再起動でOK

・繰り返し設定
全ユーザーにオススメ。ぜひやるべき。アプリ再起動で反映される?

NSRepeatCountBinding

# 任意設定:control-u にする場合
defaults write -g NSRepeatCountBinding -string "^u"

# デフォルト設定:なし
defaults delete -g NSRepeatCountBinding

デフォルト設定でテキストシステムの底力を引き出す - ザリガニが見ていた...。

ただし、Ctrl-u , 5 , Ctrl-d とかやっても、10文字削除されない。 その後aとか入力すると、aが10個入力される。 「Ctrl押しながらのキー操作」は繰り返し処理できないっぽい?


まとめ:

  • キーバインドの設定により、とてもすばやいタグ整形が可能
  • スクリプト言語ではないので複雑なことはできない
  • 設定したキーバインドは英数入力モードでないと効かない

制約はあるものの、この圧倒的な速度は魅力。
もうAutomatorには戻れない体になってしまいました!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ブラウザアップローダーならOKなのだが、Flashアップローダーでエラーが出る。
気持ち悪いので調べてみた。

結論:Basic認証入れているとエラーが出る。
(参考:Flashアップローダーでhttp errorが出る(Wordpress3.0) - sacnoha

しょうがないので、一時停止。
WP使っている別館に書くべきなのかもしれないが、
あっちは読書メモばっかりなのでこういうことはこっちに書いてみた。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年10月です。

次のアーカイブは2010年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ