2010年12月アーカイブ

当サイトのRSSを登録している人には、
一日一回私がはてブに登録したリンクも配信されるようになっている。
これはFeedburnerの機能だ。

でも最近はてブ使わなくなってきた。 できればGoogleリーダーで見ておもしろそうだと思った記事を、
shareとかlikeとかすると、同じように一日一回配信とかできると
良いなと思ってちょっと調べたけど、よくわからなかった。

ということで、情報強者の方々のアドバイスを求めるものです。

link2feedburner.png これだけのサービスから選べるのだが、
なんでGoogleリーダーがないのかという話です。
できないはずがないと思うのだけど...

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

フロー情報のストック化

世の中の様々な情報は、いつでも参照できるストック型情報と、リアルタイムに流れてくるフロー型情報におおまかに分類することができます。最新のニュースや天気予報は重要ですが、古い情報はあまり役にたちませんからもっぱらフロー情報として扱うのが適切ですし、百科事典や辞書などはストック情報として扱うのが適切です。

第21回 流れる情報と留まる情報 | WIRED VISION

この「ストック型情報とフロー型情報」という考え方はおもしろい。
蓄積されている(ストック型)か、流れて行って再取得ができない/困難(フロー型)かの区別で考える。
ネットの情報は検索すれば出てくるものも多いが、
ここでは自分の脳の中でのフローとストックとして考える。

■ストック情報とフロー情報の変換
ストック情報とフロー情報はあらゆる場面で常に変換が行なわれています。聞いた話をメモ帳に書くという行為はフロー情報のストック化ということになりますし、手帳からネタを捜してブログを書いている人はストック情報をフロー化していることになります。人間が見たり聞いたりする情報はすべてフロー的ですが、ストック型の情報蓄積装置である脳内情報に変換され、フロー的な会話情報として出力されます。

第21回 流れる情報と留まる情報 | WIRED VISION



上の文章では、こうやってブログに書くとは「フロー化」としているが、
ここでは、脳内での理解の促進/記憶の定着を目的としているので、
どちらかと言うと「脳内ストック化」と言える。


電脳化されているのならともかく、現状では、
電子化してストックした情報へ、リアルタイムで
アクセスできるようにはなっていない。


従って、脳内にできるだけ多くの情報を、
取り出せる状態でストックしていることは、
しばらく必要とされるだろう。


となると「フロー情報の(脳内)ストック化」をいかに効率良く行うか、
に興味が出てくる。方法はいくつもあるだろう。



  • ブックマーク

  • ソーシャルブックマーク

  • メモ、付箋

  • ノート

  • スクラップブック

  • 音読



など...


検索機能から考えるとブックマークなどがいいが、
脳への記憶の定着から考えるとメモやノートなど、
物理的な刺激があるものの方が望ましい。
スクラップブックは、手間がかかって面倒な分、
記憶に残りやすいはずだ。


ちなみにブログは、自分で書けばストックだが、読む方としてはフローとなる。
読む方が「これはストックしておきたい」と思ったら、
ブックマークを付けたりしてストック化するわけだ。
脳に重要な情報だと思わせるには、単純に何回も触れること。


ブックマークしたら数日後にメールで届く、というようなことができると
ストック化がより確実になるのかもしれない。


それより何より、アウトプットしてみること。
脳の容量というのは思ったよりずっと大きいので、
いろいろなことが脳にストックできるはず。


〜オチなし〜

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

夫婦ケンカのウザい止め方

大声でどなりあっている、夫婦ケンカの声が聞こえてきた。
こちらも大声で「ケンカはやめてください!」と叫ぼうかと思ったが、
代わりに、止めたいんだか煽りたいんだかわからない文句を考えることにした。

・「口は、感謝の言葉を伝えるためのもの。
 悪口を言うためのものじゃないよ」

目をキラキラさせ、後光を差させながら言うと、効果1.5倍です。

・「犬呼んでくるから、食べてもらおうか。ね?」

「ね?」じゃないですよ。ね?
犬はお腹壊すんじゃないでしょうか。

・「人という字はね...」

支え合ってるんですよ。
一歩間違うと入ってしまいます。

・「11月22日はいい夫婦の日だよ」

一年中、いつでも使えます。
さりげないサジェスチョン。
マンガなら、ここで二人は「ハッ」とします。

というようなことを夢想していたら、声が止んでました。
今日も平和です。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

今、ソリュートくんがアツい

ひさしぶりにいじりがいがあるものを見つけてしまいました!
こちらです!

マンガで解決【第7回】ITバーつぐみ物語 〜番外編:よく聞く『クラウド』ってどういうもの? - CNET Japan

はい。読みましたか?
どうやら、「クラウド」についての説明コーナーみたいですね。

さて。ここで注目すべきは「ソリュートくん」です。
ここで、ソリュートくんの登場シーンをもう一度見てみましょう。

ソリュートくん こんにちは。やるときにはやるタイプです。

いきなり出てきてこの発言、意味わかりません。
お前のタイプは、誰も聞いてません。

この突然の乱入に対する周りの反応も、極めて冷静です。

ソリュートくんというらしいの。

「らしいの。」って。
てっきり、第7回から読みはじめた私がいけないのかと思いきや、
主要キャラクターと思われるカナさんも、
ソリュートくんの正体はよくわからないようです。

飽きてきたので、この後のソリュートくんの発言のみを拾ってみます。

ソリュートくん クラウドを導入すると、IT資産を所有するリスクが減るんだね。

ソリュートくん クラウドの利用形態には、パブリッククラウドとプライベートクラウドがあるよね。
ソリュートくん つまり、毎日たくさん使うシステムなら借りるより買った方が安上がりなんだね。

基本的に、竹内さんの説明を繰り返しているだけです。
竹内さんだけで十分です 内容をまとめて繰り返すことで、
読者の理解を促しています。

ということで、ソリュートくんから電波がゆんゆん出ています。
これは過去ログもチェックだぜ!と思ったら、
えらくいっぱいあったので見る気がなくなりました。

なんだ。
ソリュートくんが出てるの1つだけじゃないか(結局全部見た)。
他は「システムくん」とかいう微妙なキャラで、しかもセリフは1つもない。
ソリュートくん別格だな!

あ。登場人物紹介ページ発見。

ソリュートくん
日立ソリューションズのセールスプロモーション担当マスコットキャラクター。好きな言葉は「問題解決」と「一挙両得」。ツノがアンテナになっていて、時流や時勢、新たなチャンスに敏感に反応。アンテナが反応して何か閃いたときは、なぜか早口になる。アンテナを触られるのは苦手。


最新IT事情が5分でわかる! ITバー つぐみ物語 登場人物

なんか色々な設定があるようだが、まだその設定が活かされる場面は出てきていない模様。

ところで、クラウドの利用形態であるところの
「IaaS(イアース)」「PaaS(パース)」「SaaS(サース)」って、
なんか戦隊モノみたいな感じがします。
あるいは、RPGの敵キャラの色違い。
ゼリーっぽくて、物理攻撃では分裂してしまい、魔法しか効かない感じの。

あれ?何の話だっけ?

結論:ソリュートくんにからまれたら、ツノみたいなアンテナを触って撃退しよう。

それでは、また。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

私は外付けのハードディスクにTime Machineでバックアップを取っている。
しかし、この外付けハードディスクちゃん。
勝手に居眠り(スリープ)して、アンマウントされている。
その結果、Time Machineがバックアップを作成し損ねている。
これではせっかくのTime Machineが、あんまり意味がない。

そこで
「マウントしてバックアップ取って!」
というAppleScriptを作ることにした。

作った。以下の通り。

-- mount external HDD
do shell script "diskutil mount /dev/disk1s10"

-- ask whether to make backup now
display dialog "今すぐバックアップを作成しますか?" buttons {"No", "Yes"} default button 2
set theButton to button returned of result
if theButton = "Yes" then

tell application "Terminal"
do shell script "/System/Library/CoreServices/backupd.bundle/Contents/Resources/backupd-helper"
end tell

end if


diskutil mount /dev/disk1s10

のところは、左上のリンゴマーク→「このMacについて」→「詳しい情報」で
システムプロファイラに入り、「ハードウェア」の中からTime Machineで
バックアップ先にしているHDDのBSD名を見つけて、転記する。 mountHDD.png

ショートカットを何かしらの手段で登録すると、
幸せな気分になれるでしょう。

で、このスクリプトを呼び出してみる。
すると、アンマウントされているHDDをマウントし、
以下のように問いかけてくる。

mountHDD2.png

「はい」でTime Machineのバックアップを作るし、
「いいえ」なら作らない。

自分用のものなので、これで機能は十分。満足!

〜おしまい〜

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

前回SimplenoteとMacJournalでアウトプットを促進するという記事で、
アウトプット環境について書いた。
そこで今日はインプット環境、特にRSSについても書いてみよう。

iPod Touch使いのためのRSSリーダーと言えば、
MobileRSS。これっきゃない。
(参考:お勧めiPod touch用RSSリーダー mobileRSS [iPod touchのユーティリティ アプリ]

・オフラインで画像表示可能
・無料
というところが激しく良いところなわけです。
ちなみにMobileRSSはGoogle Readerのインターフェースなので、
Google Readerを使っていることが前提となる。

RSSの消化は、電車に立っている時とか、空き時間を使うのが良いと思う。
デスクトップを使う時は、そこでしかできないことをするべきだからだ。
何をって・・・言わせんなよ・・・フッ。
じゃなくて、アウトプット作業に使えって話です。

ただ、RSSは、全ての人が全文配信してくれているわけではないので、
MobileRSSでは見れないものもあって、困っていた。と思ったら、
Googleリーダー全文表示と気になる記事をEvernote自動的に飛ばす方法 | Mylifelog
という記事を見て、まるごとRSSというものを知った。

marugoto-rss.png まちがいようのないインターフェース。

名前の通り、全文配信されていないRSSを、全文取得してくれるもの。
早速、全文配信ではないいくつかのRSSを、こちらをかませて登録し直してみた。
結果、当然だが、全文読めるようになった!

これで、かなりの部分のRSSを、外で消化できるようになった。 満足でござる。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

EvernoteMacJournalSimplenote

こういうツールは、どうもインプットばかりに目が行ってしまいがちだ。
しかしこういうツールを使う場合、目的をしっかり確認しておくことが重要だ。
「ツールをいじること」自体が目的ではないはずだからだ。

目的があって、ツールはあくまでそれを達成する手段。
手段のために目的を忘れるようなことは、あってはならないことだ。
(失敗例:LeopardでiPod(白黒)にRockboxをインストールしてみる - うむらうす

ということで、私の場合、目的は「アウトプットの促進」だ。
常々、アウトプットに結びつかないインプットが多い、と気になっているからだ。
アウトプットしないと、脳みそには残らない。これは本当と思う。

ということで、この本を読んでから、どう仕組みを作ろうか考えていた。

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)
  • 発売元: ナナ・コーポレート・コミュニケーション
  • 価格: ¥ 1,365
  • 発売日: 2008/03/12
読書メモ:情報は1冊のノートにまとめなさい | うむらうす -annex

なんとなくまとまってきたので、書いておく。
これはあくまで、ノートブックを持ち歩く習慣がない私に合わせたもの。
メインがノートブックの人とはかなり状況が違うはずなので注意。

ツールとしては、SimplenoteとMacjournalを使う。
理由は MacJournalにお金払っちゃったから EvernoteはiPod TouchでもMacでも、
なんか重くて、さっとアクセスする気にならないからだ。
この辺の気軽さも大事だと思う。
慣れてしまえば気にならなくなるのかもしれないが。

さて、両者を比較してみよう。

Simplenote
○可搬性(iPod Touchも)、手軽、タグ管理、Web同期、リビジョン管理
×テキストのみ

MacJournal
○多機能、画像や動画も、フォーマット、テンプレート、大容量OK、タグ管理
×デスクトップのみ(私の環境では)

役割分担の方向性が見えてきた。

・思い付きや書き途中の記事は、アクセシビリティの高いSimplenoteで

私はiPod Touch+Wireless Keyboardを持ち歩いている。
おかげで、出先でもかなり長い文章も余裕で書けるようになった。
(参考:iPod Touch+Wireless Keyboardの組み合わせが超便利! - うむらうす

自宅で作業できる時間も限られているので、
ちょっとした空き時間に書いたりできるのは、
アウトプット促進につながっていると実感している。

これをネットで同期して、自宅のデスクトップで加工すると。
記事が一丁上がりだ。(この記事もそういう流れ)

・編集を完了したもの、書式や画像なども扱う必要があるものはMacJournalに移す

ここまでだと、Simplenoteだけで閉じてもよさそうだ。
しかし、Simplenote内で記事が多くなりすぎるのも、よろしくないと気づいた。
書き途中のものがどんどん埋もれてしまい、忘れられてしまうのだ。
Simplenote内の記事の数は、ある程度以下に抑えておいた方がよさそうだ、
というのが私の実感。

また、MacJournalでやった方がよいものはいくつかある。

  • 画像や動画を扱う
  • テンプレートを使う
  • HTMLのタグ整形が必要

特にHTMLタグ整形は、先日行ったキーバインド設定でかなり高速化したので、
デスクトップでやった方が絶対早い。
キーバインドの設定ですばやくタグ整形する - うむらうす

・タグ管理

SimplenoteとMacJournalで連携させる上では、
タグはある程度共通させて、引き継いだ方が良さそうだ。
同じものを使い、引き継いだ方が良いと思われる。

タグの種類については、上で紹介した本を参考にした。
(→情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)

この本は、書き込みはA6の100円ノート、
PCで索引を作って管理するという方法なのだが、
半年に1冊はノートを取替えることになるので、
検索や保存に物理的な制約がある。
ので、私はデジタルで組んでみたということだ。

上の本で紹介されていたタグは、
メモ、日記、記録、購買、発想、企画、ネタ、
書籍、映画、動画、音楽、
資料、切抜、信書、写真、
取材、打合、名刺、興味、物欲、
など。アレンジして使うことにした。

Simplenoteはタグできるようになってから、うんと使い勝手が良くなった。
それだけに、タグにきちんと対応したMac用アプリがないのが残念だ。

JustNotesはタグに対応したが、タグ検索の挙動がおかしい。(私だけ?)
(参考:447ブログ: JustNotesがSimplenoteのタグに対応しました

Notational Velocityはタグ対応してない。
(参考:Notational Velocity と Simplenote に魅入られた。 - 感じ通信

なので、私はデスクトップでもサイトにアクセスしていたりする。
というのも、私の使い方だと、デスクトップでは
記事を取り出すのが主な用途だからだ。

あと、MacJournalのiPhoneアプリが出るというウワサもあるので、
そちらがどうなるか楽しみだ。
デスクトップに保管したデータに、出先からアクセスできるようになったりすると、
超うれしい感じだ。期待。
<追記>
もう出てました。MacJournal iPhone | Mariner Software
</追記>


まとめ

SimplenoteとMacJournalでアウトプットを促進する環境整備をした
Simplenoteがメモ+下書き MacJournalは整形+マルチメディア対応+保管

かなり良い感じであることに、満足を覚えている。
実は、iPod Touch+Wireless Keyboardが担う役割は大きい。
オススメだ。

関連エントリー:

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

この記事では、
「宛名職人プリンタバンドル版(Mac版)」
から「はがきデザインキット」への住所録の移行のやり方を説明します。

移行を決めた理由は、以下の通りです。

  • 宛名職人に思い入れがなく、今後買う気がない
  • 「はがきデザインキット」が、かなり力を入れてバージョンアップされている
  • しかもタダ

「はがきデザインキット」の公式マニュアルはこちらです。 →はがきデザインキットマニュアル|郵便年賀.jp このサイトも、かなり力入ってますね。


ということで、以下、やり方を書いていきます。

ただ、「宛名職人プリンタバンドル版」でのやり方ですので、
他のversionでうまくいくかは不明です。

他のversionでの成功報告などありましたら、
コメントやweb拍手のコメント、twitter等でいただけるとありがたいです。

実はやり方自体は、以前調べてありました。
宛名職人→デザインキット住所録移行の罠 - うむらうす
その通りやったらうまくいきました!
えらい昔の自分!そう?えへへー。


ということで、やるべき作業は以下の通りです。


1.CSVファイル書き出し

宛名職人で、「ファイル」「データ書き出し」「ファイル」を選択
「フォーマット」は「CSV」と指定します。

hagaki-kit1.png

書き出す項目も選択できます。
hagaki-kit3.png

「項目行を出力」「CRLFに変換」をチェックするのがコツでした。

また、電話、FAX、メールアドレス、URLなどは読み込まれませんので、
書き出しても意味ナシでした。
項目をクリアしておくとよいでしょう。

ちなみに、「はがきデザインキット」には、
読み込みフォーマットのファイルも用意されていました。
format.csv

中身を見てみると、項目は以下の通りでした。

氏名(姓) 氏名(名) フリガナ(姓) フリガナ(名) リスト表示用氏名 リスト表示用フリガナ 郵便番号(自宅欄) 自宅住所(都道府県) 自宅住所(市区町村) 自宅住所(番地等) 自宅住所(建物名) 会社名(会社欄) 部署名(会社欄) 役職(会社欄) 郵便番号(会社欄) 会社住所(都道府県) 会社住所(市区町村) 会社住所(番地等) 会社住所(建物名) 敬称 連名1(姓:自宅欄) 連名1(名:自宅欄) 連名1(姓名:自宅欄) 連名1(敬称:自宅欄) 連名2(姓:自宅欄) 連名2(名:自宅欄) 連名2(姓名:自宅欄) 連名2(敬称:自宅欄) 連名3(姓:自宅欄) 連名3(名:自宅欄) 連名3(姓名:自宅欄) 連名3(敬称:自宅欄) 連名4(姓:会社欄) 連名4(名:会社欄) 連名4(姓名:会社欄) 連名4(敬称:会社欄) 連名5(姓:会社欄) 連名5(名:会社欄) 連名5(姓名:会社欄) 連名5(敬称:会社欄) 連名6(姓:会社欄) 連名6(名:会社欄) 連名6(姓名:会社欄) 連名6(敬称:会社欄)

電話、FAX、メールアドレス、URLなどは読み込まれません!


2.CSVデータ加工


宛名職人書き出しのCSVは、「姓」と「名」を合わせて「氏名」としてデータを持っています。
一方、「はがきデザインキット」の方は、「姓」と「名」が別々です。
つまり、「姓」と「名」に分けてやる必要があります。

手順は、以下の通りです。

  • 「氏名」の右隣に列を挿入
  • 「データ」→「区切り位置」
    「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」を選択、「次へ」
  • 「フィールドの区切り文字指定」「スペース」をチェック、「次へ」連打

以上で、「姓」「名」を分けられます。

ただ1つ罠として、ミドルネームがある人が一人でもいると、
列が2つ余分に必要になりますので、注意です。

以上で、下ごしらえは終了です。


3.読み込み


「はがきデザインキット」のダウンロード、インストール等は
「はがきデザインキット2011」がすごい! を見てもらうとしまして、
その後から説明します。

hagaki-kit2.png 「あて名面作成」を選択します。

hagaki-kit4.png 「CSVファイル読込み」を力強くクリックします。

hagaki-kit5.png 「割り当てる項目」をしっかり合わせます。

・TELなど読込ませられない項目は「選択」としておきます

・宛名職人が「住所1」「住所2」となっているのですが、
はがきデザインキットは
「住所(都道府県)」「住所(市区町村)」「住所(番地等)」「住所(建物名)」
細かく分かれています。

私の場合は、 「住所1」を「住所(市区町村)」「住所2」を「住所(建物名)」 にしたら大体OKでした。

hagaki-kit6.png

これでめでたく読込めまし。

読込んだ直後、表示される名前が全て「フリガナ」になっていたのですが、
一度開いて保存し直したら漢字で表示されるようになっていました。
バグだった??
バージョンアップされているので、最近は直っていることでしょう。

「あてな面の印刷」をクリックすると、レイアウトを確認できます。
hagaki-kit7.png こんな感じです。

「あてな面レイアウト一括設定」をクリックすると

hagaki-kit9.png フォントの設定などが可能です。

オプション「はがきの種類を選択」を選択すると

hagaki-kit10.png そのまんま、はがきの種類が選択できます。

年賀状以外にも使えるようですね。


ということで住所録の移行ができました。
これでなんとかなるでしょう。

さぁ、まだ宛名職人プリンタバンドル版を使っているあなたも、
「はがきデザインキット」へようこそ!

と需要が少なそうな記事を書いてみました。
結構手間でした。終わり。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ