2015年1月アーカイブ

すぐできるだろうと思ったら、
案外つまづいたのでメモ。

結論から言うと、ここですね。

Yosemite_zsh1.png

Yosemite_zsh2.png

ターミナルアプリの「環境設定」→「プロファイル」→「シェル」

ここを

/bin/zsh

にします。

「システム環境設定」→「ユーザとグループ」
ではないので注意!

なんとなく響きがカッコよさそうだったので、
zsh にしてみました。Z!

あとはシェルの環境設定とかを作ればいいですね。
.zshrc と .zshenv だそうです。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→


(クリックで大きくなります)

おそらく、各スキー場のマスコットというかゆるキャラというか、
そんな感じの、名のある方々なのだとお察しする!
揃いも揃って、私のゴーストが
「失礼にならない感じでイジれ」とささやいている!

ざっと眺めただけでも、いろいろなインスピレーションが
湧いてくる面々なのですが、どこから始めよう。

じゃあ何のひねりもなく、番号若い順!

「2 たんばりん(たんばらスキーパーク)」

あくまで個人的な意見なんですけどね、
私としてはですね、
「たんばりん」という名を冠するのであればですよ?
シンバルをちっちゃくして重ねたみたいなアレ、
そう、アレ、なんていうの?アレ?
あの、アレを叩くと「シャンシャン!」って鳴るあれ。
そのアレ状の物を、顔の周りにでも、
付けていただきたかったなと。

顔面に渾身のパンチを喰らわしても、
「シャン♪」と平然と受けとめるような、

あるいは精神が高ぶると、
自らの顔面をパンチで連打して、
感情を表現するような。

そんなご尊顔を拝見したかったなと。
そう思うわけなんですよ。
あくまで個人的な意見なんですけどね。

「3 ナスキー(野沢温泉スキー場)」

一体なぜ、体が紫色でないのかと。
これではピーマンキーではないのかと。

あ...野沢温泉だから、
ナスキーの「ナ」は、野沢菜の「ナ」なのかナ...
(うまいこと言った風な顔で)

でも野沢菜と言うよりピーマンに見えてしまう、
なんででしょうか。

「4 コウノトリマン(神鍋温泉 アップかんなべ)」

私には、コウノトリ的な要素が
不足しているように見えます。

ガッチャマン的にマスクが鳥っぽくて、
鳥の羽根のような形のマントをまとっているとか、
なんか赤児的な物体をくるんだ布の包み的なものを、
常に小脇に抱えているとか、
少子化問題解決に向けた取り組みを熱く語っているとか、
なんかあると思うんですよ。

「6 ばんけい3兄弟(ばんけいの森 さっぽろばんけいスキー場)」

3体 適当な シンプルながらも味わい深い造形の
キャラクターを配置するよりも、
3体分の予算を1体に注ぎ込んで、
こうパーッと派手な感じにした方が
印象に残るのではないかと思うんですよ。

例えば「めっちゃでかい馬がソリ引いてるようなキャラ」って、
書いてて「どんなキャラだよそれ!」とツッコまざるを得ません。

「7 かぶ太くん(佐久スキーガーデン「パラダ」)」

胴体にしても顔にしてもツノにしても色にしても、
なんかこう、全体的に卑猥な印象を受けるのは、
私の心が汚れてしまっているからでしょうか。

いや、かぶ太くんは全然悪くないんですよ?
悪いのは私の方ですから。

いや、でもなんか私も悪くない気がするぞ?
そもそもだね(めんどくさい感じになってきたので省略)

「12 エーデル太郎くん エーデル花子ちゃん(エーデルワイススキーリゾート)」

この、恐ろしくひねりのない
基本中の基本を、愚直なまでに、完璧に守ったネーミング。
しかしながら、それ故のパンチ力不足は否めません。

でも、ちょっと手を加えるだけで?
なんだよそれ!とからみたくなってしまう、
ステキな名前に大変身!なんです!

例えば、
「エーデルワーイス・エーデルワーイス太郎」
「エーブリモーニン・ユーグリートミー花子」

とか。(参考:▶Edelweiss - YouTube

犬と全然関係ないですけど。

「14 ハンタマくん(ハンターマウンテン塩原)」

「○ンタマくん」

これはもう、スレスレの名前ですね。
3次元のキャラクターとして造形できるか、
ハラハラしてしまいそうです。

あ、でもハンターマウンテンなら、
「ハンターマくん」とかもありですよね。
これならハラハラしないかも!

「○ンターマくん」

私の中の小学生男子は、非常に喜んでおります。

「17 POWくん(キロロスノーワールド)」

「POW」と言われると、
もうこれしか浮かびませんよね↓

このPOW、なんて呼ぶんでしたっけ。
ウチの地方では「ドンコ」でした。
どういう意味なんだろう?うどん?丼?

「22 くまぁち(ヘブンスそのはら Snow World)」

私ぐらいになると一目見てわかりますが、
この子は、かなりできる子です。

まず、何に驚いているのかさっぱりわかりませんね。
いや、我々が、何に驚いているのかわからないことに対して、
くまぁちは驚いているのかもしれませんね。いわゆる「後の先」。
私が言ってることの方が、さっぱりわかりませんね。

あるいは、実はゴーグルの中にホンモノの目があって、
我々が目だと思いこんでいるものは、実は鼻の穴だった、
みたいなどんでん返しがほしいわけでは、特にありません。

以上です。

「23 イオッティー(IOX-AROSA)」

この〜、うまいことイイオッティーからに〜
(すごくめんどくさそうなドヤ顔で)

「24 ヴィクトワール・シュヴァルプラン・村男III世(白馬村)」

白馬村どうした。なぜ勝負に出た。

白馬だけに白馬っぽいが、
他はあえて触れまい。

なんか、結構作り込んだサイトがありました。
ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男III世|長野県白馬村

「27 J君(スキージャム勝山)」

Jって何のJなの?

Jaga-imo の J かと思ったら、色が緑ですよ?

じゃあゴーヤのJかな?
てか、ゴーヤって英語で何て言うの?

bitter melon

ゴーヤにJ、入らないねー(残念そうな顔で)

「29 オヒョックリンとライチョウ先輩(白馬八方尾根スキー場)」

とりあえず、「とライチョウ先輩」が気になりますよね。
なんか「と山本太郎となかまたち」みたいな位置づけ。

でも、ライチョウ先輩どこにいるの?
あ!あの帽子みたいなやつ、
アレがライチョウ先輩に違いない!

funny_characters29-2.jpeg

いた!ライチョウ先輩!

たぶん、ライチョウ先輩が本体で、
オヒョックリンの方はただの人形のようなもの。
目玉のオヤジ的なポジションに違いない。

あれ?目玉のオヤジと鬼太郎は親子だっけ。
まぁいいや。
そういう感じで一つよろしくお願いします。

「30 ポー君(上越国際スキー場)」

きっと、ライバルは「ビーフん」あたりですかね。
あと、胸のJkの文字が気になります。

「31 とが坊(戸狩温泉スキー場)」

これだけは言わせていただかねば。

とがってないよ!!


以上、駆け足で様々なキャラクターを見て参りました。
いかがでしたでしょうか?
私は、スキー場のキャラクターはとても楽しい!
ということがわかりました。

これからも、スキー場の予算がゆるす限り、
どんどん増えてほしいと思います。

皆さんはどのキャラクターが気になりましたか?
ぜひ下の「Web拍手」で教えて下さいね!

厳正なる抽選の上、一名様の脳内に、
ふとした拍子に弱電波をお届けします。
抽選の結果は、電波の発信をもって替えさせていただきます。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

2014年はアベノミクスやら消費税増税やらがあり、
GDPの成長率が話題になった年でした。

しかし、「GDPの成長率がどうとかこうとか!」と言っても、
「名目」やら「実質」やら「季節調整」やら何やら、
今ひとつよく分かってない感が湧き上がってきたので、
一つ調べてみようと思い立ちました。

せっかくなので、ついでに
調べてみた結果をまとめてみます。

知らない単語の意味を調べる

こちらが適切な情報であるように思いました。
第2講 GDPとは

が、ちょっと長いので、簡単にポイントをまとめましょう。

「名目GDP」と「実質GDP」とは?

  • インフレ率を考慮しないのが名目、考慮するのが実質
  • 名目だと、インフレのときには
    生産量が変わっていなくてもGDPが増えたように見える
  • 実質だと、生産量の違いがきちんと見える、ことになっている

「季節調整済み」とは?

  • 消費には定期的な季節変動がある
  • 例えば、4〜6月は消費が少なく、10〜12月が多くなる
  • この変動を考慮して、季節要因以外でどれくらい増減したのか?
    がわかるようにしたのが「季節調整済」
  • ただ、消費の季節変動が完全に毎年同じとは思えないので、だいたい、というところなのだと思う

「年率換算」とは?

  • その成長率で一年過ごしたら、成長率は何%になる?という数字
  • 例えば、四半期の成長率の年率換算なら、ざっくり4倍した数字になる

GDPに含まれないもの

  • 最終商品のみ。中間材の取引は含まれない
  • 生産されない財とサービスは含まれない(例えば株などのキャピタルゲイン(配当は含まれる))
  • 商品価格で評価するので、価格がないものは入らない(家事とか)
  • GDPはGross Domestic Productで、減価償却を含む数字(Netだと含まない)

2014年の日本のGDP成長率について考える

2014年は4〜6月期と7〜9月期が、
連続してマイナス成長でした。
個人的には、消費税増税の影響が大きいと思っています。

しかし、そうではなく、
価格高騰による建築の売上減少が
足を引っ張っているからだ、
と言っている人がいたので、
ホンマかいなと調べてみました。

資料は、内閣府の公開資料です。

  1. ‎2014(平成26)年7〜9月期四半期別GDP速報 (2次速報値)
  2. ‎2014(平成26)年7〜9月期四半期別GDP速報 (2次速報値)
    平成25年度国民経済計算確報(支出系列等)

1が概要、2が詳細なデータで、どちらもPDFファイルです。
まずは1を見て、深く知りたいことがあれば2を当たれば良いでしょう。

それでは、2014年のGDP成長率がマイナスだったのは、
なにが原因だったのでしょうか?

四半期別の実質成長率(季節調整系列)

GDP成長率と言っても、前期だけと比べても仕方がないです。
少なくとも前年同期と比較したいところ。
そこで、下のデータを見てみましょう。

1 のファイルの5ページ目、
「3−1.四半期別の実質成長率(季節調整系列)」です。


(クリックで大きくなります)

これは、「実質」成長率の、「季節調整」済みの数字。
インフレを考慮し、季節変動の影響を除いたもの、
ということでした。

で、数字を見てみましょう。

数字の列の左から5列目、
2014年7〜9月期のGDP成長率(前期比)
を見ると、
-0.5%[-1.9%]
となっています。([]内は年率換算)

これは、
4〜6月期に比べて-0.5%下がりましたよ、
このペースで1年間-0.5%成長を続けると、
4倍くらいになって-1.9%になりますよ、

ということです。
実際-1.9%になったわけではないです。

この「-0.5%」という数字が大事で、
じゃあ、なんで-0.5%なんですか?
消費税が上がったからなんですか?
建築のせいなんですか?
ということが知りたいです。

実質成長率の寄与度

次に、その右の列の、
GDPと年率換算が「*** ***」になっている列
を見てみます。数字が全部()に入っている列です。
これは、「寄与度」で、その-0.5%の内訳です。

ここを見て考えたのは、以下のような感じです

  • -0.5%成長は、国内需要合計-0.5%と純輸出+0.1%の合計
  • 国内需要合計-0.5%は、民間需要-0.7%と公的需要+0.1%の合計
    →GDP成長率-0.5%は、民間需要のマイナスが主要因
  • 民間需要-0.7%の内訳は
    • 「民間在庫品増加」が-0.6%
    • 「民間住宅」は-0.2%
    • 「民間企業設備」は-0.1%
    • 「家計最終消費支出」は+0.2%

→2014年7〜9月期のGDPマイナス成長率に対しては、
「民間在庫品増加」のマイナスの影響が一番大きい

「民間在庫品増加がマイナス」って何?ということですが、
企業が抱えている在庫を取り崩している、
ということであるようです。

増税前に多めに生産しておいて、
しばらくは在庫の取り崩しで売上を立てている、
という感じでしょうか。

従って、民間在庫品増加のマイナスは、
在庫がはけたということで特に悪いことではない、
という見方もあるようです。

(1)民間在庫品増加のマイナスはむしろ良い
 ...
 さて、生産(供給)と支出(需要)は、普通は一致しません。ではなぜ統計上一致するかというと、たとえば売れ残った分を、将来販売するための投資とみなしているからです。そのため、支出面に民間在庫品増加という項目があります。

 今回の統計で、もし、この民間在庫品増加(寄与度-0.6%)を無視すれば、それ以外のみでの実質変化率は+0.2%(年率約0.8%)とプラスになります。

 前回、消費税増税があった1997年は在庫品の積み増しが問題でしたが、今回は企業等が増税に備えて、生産調整を慎重に行ってきたのではないかと予想します。そのため、今の時期に在庫品が減少するのは、悪いことではありません。(少なくとも約1ヶ月後の2次速報の確認が必要でしょう。)

7~9月期GDP、大幅マイナスに悲観的になりすぎる必要はない 岡山大学准教授・釣雅雄 | THE PAGE(ザ・ページ)

民間住宅について

  • 民間住宅は前期比-6.8%だが、GDP成長率に対する寄与度は-0.2%
  • 民間住宅がGDP全体に占める割合が、それほど大きくないのだろう
    (GDPの6割は民間消費支出が占める)
  • 民間住宅は、2012年4〜6月期から2014年1〜3月期まで
    8期連続で上がっていた
    (+4.7%, +2.5%, +0.9%, +1.0%, +2.2%, +4.3%、+2.2%、+2.3%)
  • それが2014年4〜6月からマイナスに落ち込んだ
  • これも消費税前の駆け込み需要と増税後の買い控えの影響、
    つまり消費税増税の影響と見られている
    (消費税増税の影響大、住宅着工戸数8ケ月連続減少!)

結局、民間住宅のマイナス成長も、
消費税増税の影響と切り分けることはできず、
むしろ消費税増税の影響が大きい
ように思えました。


まとめ

  • インフレ率を考慮しないのが「名目GDP」
    考慮するのが「実質GDP」
  • 季節要因以外でどれくらい増減したのか、
    がわかるようにしたのが「季節調整済」
  • 「年率換算」とは、その成長率で一年過ごしたら、
    成長率は何%になるかという数字
  • 日本の2014年7〜9月期のGDP成長率(前期比)は-0.5%
  • 一番寄与が大きいのは「民間在庫品増加」
  • 民間住宅は、2014年4〜6月期から、8四半期ぶりにマイナス成長に落ち込んだ
  • それは消費税増税の影響が大きい

2014年7〜9月期のGDPマイナス0.5%成長という数字については、
「民間在庫品増加」の影響が大きかった
ようです。
そして、それ自体、悪いこととは言えないようです。

ただ、もっと景気が回復をすることを予想していた場合、
ネガティブなサプライズだったと言えるでしょう。

民間住宅は、確かにマイナス成長ですが、
GDPのマイナスに対する寄与は限定的
でした。

そして、民間住宅のマイナス成長も、
消費税増税の影響が大きいという見方が多く、
「GDPのマイナス成長は、消費税増税ではなく
建築が足を引っ張っている」
という見方は当たらないのかな、という印象です。

おそらく、

  • 国家財政のプライマリーバランスを回復しないと、
    財政破綻するからまずい
  • 消費税増税は避けられない
  • 消費税増税を悪く言いたくない

という思考だったのだろうと思われます。

しかしそれは、
国家財政のプライマリーバランスの議論であって、
消費税増税が果たして今現在取るべき対策なのか、
という議論になるのでしょう。

いろいろ調べて、個人的にはスッキリしました。
読まれた方のスッキリにもつながれば幸いです。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

はい。あけましておめでとうございます。

毎年「これがないと一年が始まらないよ!」と
毎年多くの方が、今か今かと待ち望んでいる、
グリーティングカードがやっと届きましたよ!(遅い)
愛の開運グリーティングカードです。

さぁ!今年一年の運勢を決める大事な一投を!(音が出ます)
ちなみに私は大吉でしたよ!

今年も、適当にのんびり更新していくと思いますが、
生ぬるく見守っていただきますようお願いします m(*)m


<関連エントリー>

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ