Day Oneにタグと検索機能が追加され、記事の保管場所としても使えるようになった

2012年の App of the Yearとして選ばれた Day One
すばらしい自分ログアプリ(って言うの?)として、各所で紹介されています。

for Mac
Day One 1.9.2(¥1,000)App
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
販売元: Bloom Built, LLC - Bloom Built, LLC(サイズ: 13.1 MB)

for iOS
Day One (日誌 / 日記) 1.12(¥500)App
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化
販売元: Bloom Built, LLC - Bloom Built, LLC(サイズ: 20.7 MB)


 

このDay Oneの良いところはというと、

  • なんとなく開きたくなるカッコいいデザイン
  • iOSとMacのマルチプラットフォーム
  • Markdown記法にも対応

などです。

それがめでたいことに、
ver1.9からタグ機能と検索機能が搭載されました!

タグ機能

タグ機能の搭載は、以前から予告されていました。
そこで私は「いつかタグ機能が搭載される日のために!」と、
ハッシュタグを付けてメモを書き続けてきました(その数700件以上)。

それが、今まさに報われました!万歳!

しかも、
Settings > Tags
にある
「Convert All Hashtags」
によって、過去の記事に書かれたハッシュタグが、
自動的にDay Oneのタグに変換される
のです!
(結構時間かかりました)

以下が、公式の説明ページです(英語)。

Introducing Search and Tags on iPhone and iPad | Day One

これまでSimplenoteを使っていたのは、
タグで記事を管理できるからだったのだけど、
実はDay Oneで事足りてしまうのかもしれないです。

タグの付け方

Tagging Tips | Day One

記事にタグ付けするには、いくつか方法があります。

・記事中にハッシュタグ(#hanage、みたいなやつ)を書くと、
「タグにする?」みたいな表示が出ますので、
そこで選択すればタグになります。

・あるいは、記事を下にちょっと引っぱると、
上から「タグを表示する欄」が出てくるので、
そこにタグを書いたり、+ボタンから既存のタグを選択したりします。

個人的には、SimplenoteのUIに近くて慣れているので、
とっても使いやすいです。

検索機能

Search Tips | Day One

普通に検索できます。かなり早いです。
タグでも検索できるし「and」とか「or」とか使えます。


今までの私のDay Oneの使い方は、
なんとなく「書くことで脳にも刻み込まれる!」といった感じの、
見返す際の実用性はさほど重視していない感じでした。

しかしこれからのDay Oneは、
高速検索とタグによる整理機能を備えた自分ログデータベース
として使えるようになりました!

「あれって、いつ、何をしたときのことだったっけ...?」
というような情報を記録しておく、
自分の思考や行動の外部記憶としても使えるようになる
のですね!すばらしい!

ということで、私の脳内活動情報は、
Day Oneに書き出しておくことにします!

こういったアウトプットの仕組みについては、
以下の記事でも書いています。
もし興味があれば、参考にしてみてください。
SimplenoteとMacJournalでアウトプットを促進する
MacとiPod touchとiPadでアウトプットを促進する仕組みを考えてみた(音声認識メール、DraftPad、Simplenote)

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2013年1月 4日 00:24に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「web拍手にお答え 2012年9月〜12月」です。

次のブログ記事は「MovableTypeでプレビューを別ウィンドウ/別タブでできるPreviewTargetChangerは超オススメ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ