テーマ編集なしにWordPressにZenbackを導入する方法

WordPressにZenbackを導入するには、いくつかの方法がある。

  1. EZ zenback(プラグイン)
  2. 「テーマ編集」でsingle.phpなどを編集し、コードを追加する

1.の方が簡単なのだが、このプラグインは
使用しているコメントシステムによってはうまく機能せず、
結局2. で実現した、という記事が多かった。

ちなみに、私はDisqus Comment Systemというのは
使っていないのだが、EZ Zenbackはうまく動かなかった。

しかし2.は、
テーマがアップデートされると、
編集した部分は元に戻ってしまう

ということを肝に銘じておく必要がある。 なので、できればあまりやりたくない。

そこで調べてみたところ、1.のプラグインだけで
Zenbackの導入ができたので、やり方を書いておく。

1. 「EZ Zenback」プラグインをインストールする

プラグインの「新規追加」から、
「zenback」で検索すれば出てくる。
インストールして、有効化する。

2. EZ Zenback を設定する

このプラグインには、
「投稿、ページに任意のHTML、Javaスクリプトを挿入」
という項目がある。

場所は「本文、抜粋の先頭」「本文、抜粋の後ろ」を選べるので、
好きな方(といっても通常は「本文、抜粋の後ろ」だろうが)
にZenbackのスクリプトコードをコピペする。

そして、「対象ページ」で、Zenbackを表示させたいページをチェックする。

EZ_zenback1.png


これで、テーマの編集をすることなく、
EZ Zenbackのプラグインだけで、
WordPressへZenbackの導入ができた。

めでたしめでたし。

と、WordPressを使っていないブログに書いてみるテスト。


<参考>

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2013年6月11日 21:15に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone/iPod touch/iPadで、よく使う定型文を超速で入力する3つの方法」です。

次のブログ記事は「Siriと対決してみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ