古いiPod Touchの活用法〜RemotePad/Touch Mouseで無線トラックパッド化〜

第4世代iPod Touchをゲットしてウハウハしているのだが、
つい先日まで現役として活躍していた、
BluetoothもマイクもスピーカーもないiPod Touchさんが
出番をなくしてすねてしまっている。

こちら(iPod世代確認 製品番号による機種判別・見分け方一覧)で確認したところ、
第1世代であることが判明しました。うわぁ。

さて。なんかもったいない。何かに使えないだろうか。

最近長すぎるマウスのコードが嫌いなので、
無線トラックパッドとして使おうかと、
いくつか調べてみた。

RemotePad for iPhone, iPod touch, and iPad

→やった!第1世代iPod Touchにも、インストール成功!

ということで、喜び勇んでサーバ用のアプリをダウンロードする。
RemotePad for iPhone 「for Mac OS X 10.5 and 10.6」をクリックすると、
「RemotePadServer-2.5-MacOSX10.5.dmg」というファイルがダウンロードできる。

これダブルクリックして、ディスクイメージの中にある
「RemotePad Server.app」
アプリケーションフォルダなど好きなところに移し、
おもむろにダブルクリックして起動。 remotepad2.png

こんな 味気のない 無駄を極限まで省いたシンプルなアイコンがメニューバーに出現。 remotepad1.png マウスカーソルと間違えかねん。

使用方法はこちら。
RemotePad for iPhone Usage

・Run both RemotePad and RemotePad Server
・Select the RemotePad Server on the RemotePad
If the RemotePad Server is running on Mac OS X, servers is listed using Bonjour.

RemotePad for iPhone Usage

とあるので、今度はiPod Touch上で「RemotePad」を起動。

こちら(Initial Screen)の左の画像にあるように、
勝手にMacが認識されて下の欄に表示されたので、タップで選択。

こちら(Main Screen)の画像のように「Connected!」と表示され、
無線トラックパッドとして使えるようになってしまった。
なんとまぁあっけない。

と、サイトの作りもシンプルな感じだったので、
あんまり機能は期待していなかったのだが、
RemotePad for iPhone Screenshotsを見るとわかる通り、実はかなり色々な設定ができる。
うーん。いいかも。

キーボードを表示させると、キー入力もできる。
まぁできる意味はほとんどないが。
しかも、日本語は通らなかった。


さて、調べていたら、やり方はもう1つあった。
こちらのLogitechのアプリ、Touch Mouseだ。
Touch Mouse

Logitech Touch Mouse Serverのサイトから 「touchmouse1.0.dmg」をダウンロードして、
ダブルクリックすると「iTouch Server.app」が現れる。
itouchserver1.png

これをアプリケーションフォルダなどに移して、
ダブルクリックでサーバアプリを起動。
itouchserver2.png RemotePadよりも凝ったアイコンが、メニューバーに現れる。

サーバ側アプリとiPod Touch側のアプリを両方起動して、
iPod Touch側で接続するMacを指定すればよいというのはRemotePadと同じ。
こちらも、あっけなく接続完了、使えるようになった。

マニュアルはこちら→Touch Mouse Instructions
設定の項目も似たような感じ。

「二本指クリックで右クリック(Two-finger Right Click)」というのが違いかな、などと思ったら、
RemotePadでも「Secondary Clicking」というのをONにすると、 二本指クリックで右クリックのメニューが表示された。
そして、日本語が通らないのはこちらも同じ。

ちょっと使ってみたが、結論としてはどっちでもいい気がする。

ちなみに、以下のアプリも試そうとしたが、第1世代iPod Touchにはインストールできなかった。

Mobile Mouse Pro (Remote / Trackpad) for iPhone, iPod touch, and iPad
第2世代以降なら行けるのかもしれないが、試してない。


まとめ:

  • RemotePadまたはTouch MouseでiPod Touchを無線トラックパッド化できる
  • Bluetoothもない第1世代iPod Touchも生きがいを見出せる
  • シリコンジャケットとか付けててないと、机の上で滑って使いづらい
  • 各所で言われているように、二本指スクロールは便利
  • でもカーソルの移動はマウスに一日の長がある →Magic Mouseがよさそう

カーソルの移動やドラッグはマウスの方がやりやすいのが、
二本指スクロールはいい。
ということで、iPod Touchをマウスの横に置いてスクロールにだけ使ってる。

それってMagic Mouseなら1つで済むんじゃね?と思う今日この頃。
ユーザーの方の感想を大募集でござる。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2011年1月26日 22:37に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「web拍手にお答え 2010年10,11月」です。

次のブログ記事は「iPod touchをとことん使い倒す!私のiPod touch活用法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ