Documentsを使えば、iPhoneやiPadに簡単にファイル(PDF、音声、動画など)を送れます

今は時間がないけど、あとで移動時間とかに、
iPhoneやiPadでファイルを開きたい。

よくありますよね。こういうこと。
私なんか、常時20個ぐらいのファイルが、
私に開かれるのを、今や遅しと待っています(←早く開け)

こんなとき、あなたならどうしますか?

一般的には、ファイルをiTunesに登録し、
同期してiPhone/iPadに送るかと思います。
だいたいこんな手順ですね。

  1. ファイルをiTunesのライブラリにドラッグアンドドロップ
  2. 必要に応じて、ファイル情報を編集(ミュージック→オーディオブックなど)
  3. iPhone/iPadをPCやMac接続し、iTunesで同期する項目にチェックし、同期

しかし、ものぐさの私は、
このファイル情報編集やiTunesの「同期」すらめんどくさい!!
もっと簡単にできたいです!!

とTwitterでボヤいたら、ステキな解決法を教えてもらいました。
試してみたら、かなり満足しましたので、やり方を紹介します。

  1. 使用するもの
    1-1 Documents
    1-2 クラウドストレージ(Dropbox, OneDrive)
  2. やり方
    2-1 クラウドストレージにフォルダを作成する
    2-2 そのフォルダをDocumentsで同期の設定をする
  3. 使い方
    3-1 送りたいファイルをクラウドストレージのフォルダに放り込む
    3-2 Documentsを開き、同期しているフォルダを開く
    3-3 ファイルを開く
  4. やってみた感想
    4-1 フォルダに放り込んでおくだけなので、とっても快適
    4-2 大きいファイルは、WiFi環境で同期しておくといい

1. 使用するもの

1-1. Documents

Documents 5 - 高速 PDF リーダー、ダウンロードマネージャ
販売者名 Igor Zhadanov (サイズ: 75.5 MB)
App Storeで詳細を見る

万能ファイルマネージャーです。
今回のキモです。かなりできる子です。
GoodReaderより、今回の用途には適しています。

1-2. クラウドストレージ(Dropbox, OneDrive)

DropboxやOnedriveなどの、クラウドストレージを用意します。

Dropbox
販売者名 Dropbox, Inc. (サイズ: 61.3 MB)
App Storeで詳細を見る

OneDrive - ファイルと写真向けのクラウド ストレージ
販売者名 Microsoft Corporation (サイズ: 93.4 MB)
App Storeで詳細を見る

他のものでもよいですが、
フォルダを見張って、ファイル追加などの変更があると、
自動的にアップロードするタイプがいいです。

2. やり方

2-1. クラウドストレージにフォルダを作成する

ストレージを開いて、すぐ見えるところに作るといいです。

Documents04.jpg

↑左の「ネットワーク」から
DropboxやらOneDriveやらに接続して、
こんな感じにフォルダを作って、
読みたいファイルを放り込みます。

2-2. そのフォルダをDocumentsで同期の設定をする

この「同期」を押します↓ Documents06.jpg

するとこんな感じになるので・・・ Documents05.jpg

力強く「同期」を押します。

すると、こんな感じに、
「書類」の中にフォルダが出現します↓ Documents01.jpg

3. 使い方

3-1. 送りたいファイルをクラウドストレージのフォルダに放り込む

そのまんまです。作ったフォルダにファイルをコピーします。
Finderのサイドバーに、フォルダを登録しておくと、
放り込みやすくなっていいですね。

3-2. Documentsを開き、同期しているフォルダを開く

おもむろに、iPhone/iPadでDocumentsを開きます。
すると、もうそこに、さっきのファイルが鎮座ましています。

Documents06.jpg

↑Yes!

今、「鎮座ますってなんだ?」と、
ゴーストがささやきましたが、
調べ始めるとめんどくさそうなので、
スルーしたいと思います。

ファイルをコピーしてから、あまり時間が経っていないと、
同期が終わっていなかったりします。
あわてず少し待ちましょう。

3-3. ファイルを開く

ファイルをタップすると、だいたい開けます。

4. やってみた感想

4-1. フォルダに放り込んでおくだけなので、とっても快適

iTunesの同期とか不要なのが、すこぶる快適です。

4-2. 大きいファイルは、WiFi環境で同期しておくといい

Documentsでファイルを開くとき、
クラウドストレージからダウンロードしています。
サイズが大きい、動画ファイルなどの場合は、
WiFi環境で開いておくといいでしょう。

4-3. 音声の再生速度が変えられたら完璧

これができたら、非常にうれしいです。


ということで、iPhone/iPadにファイルを送る、
すこぶる簡単な方法を紹介しました。

GoodReaderでも、同じような手順を踏めば、
同様のことができます。

GoodReader
販売者名 Good.iWare, Inc. (サイズ: 39.1 MB)
App Storeで詳細を見る

GoodReaderは高機能な分、有料のアプリです。

が、今回の用途では、無料のDocumentsで
十分かと思います。

<独り言>

ファイルのアップローダーが変わったら、
スクリーンショットに影が自動でつかなくなって、
見にくくて困りました。

ありがとうございます。皆さんの拍手が私のモチベーションです→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2015年11月11日 07:10に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TMTOWTDIの意味と、そのエレガントな覚え方」です。

次のブログ記事は「あけましておめでとうございます2016」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ