ベビーソープ

 我が家に、赤ちゃんが来ました。沐浴にはベビーソープ、と思いがちですが、我が家ではボディソープはもちろん、石鹸さえも、基本的には使いません。

 沐浴は、おむつ汚れがつく場所だけ、普通の石鹸で洗い流してから、お湯を張ったベビーバスに入れ、お湯をよく含ませたガーゼを使って汚れが溜まりやすい場所を撫で洗い、温まっておしまい。くさくなったら、石鹸洗いしようと思っていましたが、いつまでたっても、くさくなんてなりません。

 子供が大きくなったら、泥んこを洗うために、石鹸を使うこともあるのでしょうが、まだ外遊びをしない赤ちゃんには、石鹸やシャンプー、リンスの類は、不要なようです。

 よく「赤ちゃんの敏感な肌に」というキャッチ・コピーがありますが、肌トラブルのない健康な子の場合、新陳代謝が活発なために、湿疹などの肌トラブルは数時間で治ってしまうし、むしろ大人よりもフレキシブルで、丈夫ではないかとさえ、思えます。

 それに石鹸を使わないと、石鹸が赤ちゃんの目に入ったり、手すべりで赤ちゃんが頭を打ったりといったトラブルがなく、お父さんでも余裕を持って沐浴させることができて、いいことずくめです。

 ちなみに、赤ちゃんの沐浴は、清潔のためではなく、運動なので、毎日した方がいいんだそうです。ベビーソープ、いただいたらありがたく楽しむと良いですが、用意する必要はなさそうです。

このブログ記事について

このページは、ruruが2009年2月19日 15:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「水素マイナスイオン」です。

次のブログ記事は「哺乳瓶の消毒」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.03