2004年3月アーカイブ

タバコ

「歩きタバコ」という言葉がある。
言うまでもなく、歩きながらタバコを吸うことである。

ファミリーとして、くわえタバコ、寝タバコ、噛みタバコ、嗅ぎタバコ、ゲタバコ等枚挙にはいとまがない。

演繹してみる。

「踊りタバコ」
全身に躍動感をみなぎらせ、時に情熱的、時に切なくステップを踏みつつタバコを吸う。 決して吸いたくなるマンのことではありません。 その場合は「踊るタバコ」で、DQ5の敵モンスターとして出てきます(ウソ)。

「沈みタバコ」
イヤなことがあったり、気分が優れないときに。 深く、深く沈み込んだ気分でタバコを吸う。 決して灰皿代わりにした空き缶の濁った液体の中に中に沈んでいるタバコのことではない。

「乱れタバコ」
くらえ!秘技乱れタバコ!
なにぃ!?何百本ものタバコが、まるで意志を持っているかのように飛び回り始めた!
ククク。この乱れタバコは私の意のままに動くってオイ、寝るなよ!
ということで、着衣が乱れちゃったセクシーなタバコのことではない。

ところで何の話でしたっけ?

口を酸っぱくして

今日は「口を酸っぱくして言う」について考えましょう。

ご存知のように、酸っぱいものはpHが低い酸性のものが多い。 レモンなんかはその代表である。 同じくすっぱいものでも、梅干しは逆にアルカリ性なので注意が必要だ。

しかし、ここで「そうか、口を酸っぱくしてということは、口腔内が酸性に傾いているからなんだ!」 と考えるのは早計である。 なぜなら上に述べたように、口を酸っぱくしている原因は梅干し(アルカリ性)かもしれないしからだ。 従って、酸っぱさの原因を酸性アルカリ性に求めることは不毛といえよう。

それでは私の考えを述べよう。

なぜ「口が酸っぱく」なるのか。
それは、あまりに何回も繰り返して同じことを言うと、 だんだん腹が立ってくるのだ。 そして腹が立つのも度を超えるとむしろ気分が悪くなってくるのだ。 そして気分が悪くなるのがどんどん進行していくと、 あげくの果てには何か胸に熱く込み上げてきて酸っぱ以下自主規制

機能追加

BLOG質問箱さんの記事を参考に機能を追加してみました!

トップ右のメニューに「RECENT COMMENTS」と「RECENT TRACKBACK」を作ったのです。 これでいつコメントされてもトラックバックされても平気さとか言いつつまだTrackbackされたことありません。 この記事にトラックバックがあるのも自分でテストしたからです。 寂しくないぞー。

さて、初めてのトラックバックを試みたところ、2つ罠がありました。
一つは以下のようなエラーが表示されたことです。
「failed: HTTP error: 500 Can't locate HTML/HeadParser.pm in @INC」

これは「何かが見つからんよ」と言われている気がしますが原因は別で、 トラックバック先のURLは、その記事の「トラックバックURL」というものを指定しなくてはいけないのに、適当に指定したからです。

上の問題をクリアするとトラックバック自体は送れるようになりました。 が、以下のようなエラーが表示されるとともに、送った内容が文字バケしやがったというのが、 もう一つの問題です。
「failed: HTTP error: 500 Can't locate auto/HTML/HeadParser/_alloc_psta.al in @INC」

これも「何かが見つからんよ」と言われている気がしますがこれまた原因は別。 mt.cfgという設定ファイルの文字コードの指定で、「EUC-JP」とすべきを「EUC_JP」としていたからだったのでした。 ぐはぁ。
(参考:tamari+ satoruさん 「トラックバックの文字化け問題クリアァ。」

慣れないもんは難しいですなぁ。

お前がだ

「寒いわ・・・」
という言葉に対する新しい返事を考えました。

もちろん
「オレが温めてあげるよ」
なんかではありません。

「本当に寒いね」
とかでもありません。

ということで発表します! 引っ張ることで無意味に自分を追いつめてみましたが、おわかり頂けましたでしょうか!

「寒いわ・・・」
「オレが?」
「・・・・」
「ねぇねぇ、オレが?」

The Second Heart

「足の裏は第二の心臓」と言います。

でもぜんぜん心臓っぽくないんですけど。「足の裏」って平面ですし。 脈打てなさそうですし。
「高鳴る足の裏の鼓動」
全然意味がわかりません。

しかしそこはいいとして、話を進めてます。
あ、間違えました。すみません。
進めさせてくださいお願いします!

さて、いくら二番目とはいえ仮にも心臓です。とても大事ですよ。
にもかかわらず、私たちはあまりにもこの第二の心臓を軽んじているのではないでしょうか。

例を挙げます。
「足の裏」と言って何をイメージするでしょうか。
ほとんどの人が「クサい」だったと思いますって私だけですかそうですかいやいやもっといると思いますよ少なくとも3人に1人ぐらいは(適当)。

しかし考えてもみてください。しっかりと胸に手を当てて考えてみてください。
仮にも心臓に向かって「クサい」っていうのはどういうことなのか、と。
まず心臓を嗅ぐなと。

だって心臓ですよ?大事な臓器ですよ?止まったら死にますよ? 足の裏ってそもそも動いてるのかよって気もしますけどそれはともかく他の臓器の匂い知ってますか? 嗅いだことあるんですか!? それは足の裏とどっちが臭いんですか!!??

あ、胃とか腸とかとってもいい匂いがしそうなのでパス。

あと心臓なのに、白癬菌が繁殖するというのはどういうことなのかと。 他の臓器に菌が繁殖しますか?するんですか!!??。

あ、ピロリ菌とか胃に繁殖しますな。ま、いいや。

つまり私が言いたいのは、もうちょっとこう、心臓というものを敬う気持ちそのものを、 時代的な流れに沿った形での心臓へのやさしさというものを、 現代社会のライフスタイルにマッチした形で示していくことこそが、 高度情報化社会により利便性と引き換えに心のゆとりをなくしている私たちにこそ、 求められてきているのではないか、そういうことです。

なにがそういうことなのかわかりませんが、薄っぺらそうなことを言えたので今日も満足です。

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2004年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年2月です。

次のアーカイブは2004年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ