iPadでBluetoothキーボードの入力がおかしいときの対処法

iPadで外付けキーボードを使うと、
入力スピードが軽く3倍以上になるので、とても便利です。
しかし、ときどき入力がおかしくなるときがあります。

以下は、私が過去3年くらい、iPadでBluetoothキーボードを使っていて
遭遇したトラブルとその対処法です。

使用しているのは、AppleのWireless Keyboardです。

アップル 2011-07-22
¥ 6,090
  1. 「ローマ字入力」したいのに「かな入力」になってしまう
  2. JIS配列なのにUS配列になってしまう

1. 「ローマ字入力」したいのに「かな入力」になってしまう

ただの挨拶が、

のらみみみにかにくち

みたいな暗号になってしまい、とても困ります。

対処法:

  • ⌘キーを押しながらスペースキーを何回か押し「日本語ローマ字」**にする

kana_input1.PNG

ちなみに

⌘キーを押しながら「かな」キーを何回か押す

でも

⌘キーを押しながら「英数」キーを何回か押す

でもOKでした。

「かな」キーだけを何回押してもダメなんですよ。

2. JIS配列なのにUS配列になってしまう

日本語の文字入力自体に問題はないのですが、
記号の配置が違うので、書きたい記号が出せなくて困ります。

対処法:

  • 一度キーボードの電源を切って(電源ボタンを長押しする)、再度入れて接続し直す
  • それでダメなら「設定」→「Bluetooth」からBluetoothを一旦オフにしてからオンにする
  • それでもダメなら、以上を何回か繰り返す。

これを知らないがために、 何度必要のない
キーボードのBluetooth接続をやり直しや
iPad再起動をしたことか...
(答え:20回ぐらいです)

困った人が検索してこのページにたどり着けますように。


<関連エントリー>

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2013年4月 8日 21:18に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MTやWPの「プレビュー」がめんどくさい人のためのMarkdown対応エディター3つ(DraftPad、Nocs、Mou)」です。

次のブログ記事は「DraftPadからDropboxの指定したフォルダにファイルを保存する方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ