Time Machineのバックアップデータを新しい外付けHDDに引き継ぐ

iMac 7.1(Mid 2007)のHDDの交換手順とその罠で書いた通り、
先日内蔵HDDを新しいものに取替えた。
当然容量は大きくなったので、
Time Machine用の外付けHDDも大きいものを用意した。

これ。割引してたからという安易な選択だが、
予想以上に静かだし、今のところ何の不満もない。

で、古い外付けHDD(仮に「ところてん」と呼ぶ)のTime Machine用のデータを
新しい外付けHDD(仮に「新ところてん」と呼ぶ)に移して引き継ぎたい。

当然できるだろうと思ってたものの、
やったこともないので調べてみた。

上のサイトを参考にしたところ、
ディスクユーティリティーの「復元」を使うことで可能なようだ。

で、上のサイトを参考にやってみたら、普通にできた。
特に悩む所もなかったが、強いて言えばこれくらい。

  • 名前は同じにする
  • フォーマットはよくわからないけどGUIDにしてみた GUID.png
  • 復元の時間はかなりかかるので気長に
    (250GBのHDDを引き継ぐのに4時間くらいかかった)
  • せっかく「ところてん」とか名付けたのに使わずじまいだったのが痛恨

気がつくと外付けHDDが勝手にアンマウントされて
Time Machineのバックアップ作成に失敗しているので、
自作AppleScriptを使って手動で
「マウント+Time Machineバックアップ作成」
をしているのは相変わらず。
外付けハードディスクをマウントしてTime Machineでバックアップを作成するAppleScript

みんなどうしてるんだろう。

おしまい

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2011年8月20日 21:24に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「web拍手にお答え 2011年5月〜7月」です。

次のブログ記事は「今から5分でおもしろいこと書く」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ