2018年8月アーカイブ

シュレッダー買い換えたんですよ。シュレッダー。
家で使う、小さいやつ。
量販店で眺めて適当に決めたんですが、
使ってみたらかなり良かったんですよ!

これまで使っていたのは、 コクヨのKPS-DT10X。

サイズは 30cm×25cm×20cmくらいと小さくて、
半分に折ったA4の紙も裁断できるし、
家で使う分には特に不満はなかったんです。

結構使っていたんですが、どうも動きがおかしくなってきたので、
今回買ったものがこれ。

これね、前のものとは決定的な違いがあるんですよ。わかりますか?
ちなみに私は、買って使ってみるまで、全くわからなかったですけどね!

形が違う?
そうですね。細長い。
まぁ、それが関係ないわけじゃないんですけどね。

じゃあ、ヒントね(うざい)。

あー、もうこれでわかっちゃうなー!
家でシュレッダー使ってる人なら、もうわかっちゃうなー!

そうなんです。

正解は、「裁断片が圧倒的にこぼれにくいこと」なんです!
(背景に「あー!」という人々の声)

説明しましょう。

上のコクヨのものの場合、裁断片を取り出すとき、
引き出しを手前に引きます。
引き出しだけにね!にね!(強調)

このとき、上の刃の部分には、まだ裁断片がたくさん くっついているんです。
シュレッダー利用者の皆さんなら、お分かりですよね?

その裁断片くんたち、その後どうなっちゃうと思いますか。

そう。引き出しが取り出されたときの衝撃や振動で、
引き出しがなくなったその空間に、ポロポロと落ちてしまう
んです。

このポロポロくんたちの掃除が、地味〜〜〜にめんどくさかったんです。 特に、この空間の四隅。指でつまもうとしても、取りきれないし。

シュレッダーごと持ち上げて、傾ければなんとか落とせるのですが、
この子、結構重いので(4.4kg)、このポロポロくんたちだけのために
持ち上げるのは、あまりやりたくない。

そこで、この子の登場ですよ。
アスカのAsmix B04W。

見てください。この決定的な写真を。

そう。引き出しがないんです。

だから、引き出しを取り出したときに、
裁断片が落ちてたまるような場所がない

裁断片を捨てるときは、この写真のように上の裁断部を外すんです。
もちろん、電源コードは外してからです。

そして、裁断片が入ったバケツと化したシュレッダーの下部を、
ゴミ箱の上でゆっくり傾けていく
だけ。
軽くトントンやると、ほとんどこぼれずにゴミ箱に移せます。

厳密にいうと、上の裁断部には裁断片がついているので、
裁断部を置くときに少し落ちることがありますが、
それでも引き出し構造に比べれば、問題ないくらい少ないです。

なんか一生懸命書いてたら、メーカーページに書いてありました。

ダストボックスは持ち上げ式

この機種は、上部を持ち上げることでダストボックスにたまった細断屑を捨てることができます。持ち上げ式の良い点は切り屑の飛び散りが少ない点です。引き出し式をお使いの方は経験があると思いますが、引き出した後のシュレッダー底部に切り屑が溜まってしまうことがあります。そうするとそこも掃除しなければいけない為、2重の手間が掛かります。そうした負担が比較的少ない持ち上げ式をおすすめ致します。容量は約4.3LのA4コピー紙を約38枚収容できます。

そう・・・それが言いたかったんだよ・・・。


ということで、たまたま買ってみたらよかった、
アスカのシュレッダーB04について、熱く語ってきました。

長さは37.5cmとそこそこ長いですが、
幅が9.5cmと薄いため、意外と置いてもかさばらない印象です。

おや?説明ページの続きに何か書いてある。

ブックスエンドとしても

アスカのB04Wはスリムタイプの卓上シュレッダーだから、机に置いてブックスタンドとしてもお使いいただけます。重さは約2.9kgあるからしっかり支えます。

ブックエンド...
そうだね...
確かに使えるよね...
ハハ... 思いつかなかったナ...

じゃあ、気に入ったら上のアフィリエイトリンクからなんか買ってね!
さくらのサーバ代になるよ!

君の名は「たゆう」

「たゆう〜!」

と子供連れのお母さんが言っているのを耳にした。
声の感じからして、子供を呼んでいるのだろう。

しかし、「たゆう」って、どんな名前なのだろう?
パッとは思いつかなかった。

最近のお子さんの名前の多様化は、
確かにめざましいものがある。
だからと言って、ちょっと考えてわからないというだけで、
白旗を上げるのは、知的怠慢なのではないか。

と勝手に自分を戒め、脳細胞をフル稼働させて、
どんな名前が考えられるかを考えてみることにした。

1. 「たゆろう」を短くして「たゆう」

アレですね。
山下た(以下略)

2. 「大夫」または「太夫」

そもそも、「たゆう」と感じ変換すると、
「太夫」「大夫」なわけです。

で、「大夫」って名前だっけ?役職?
パッと思いつくのって「山椒大夫」じゃないですか。
でもあれって悪者?
「大夫」って尊称っぽいのに?

調べてみよう。

たゆう たいふ 1【大夫・太夫】
〔五位の通称「たいふ」から転じた語〕
① 能楽の観世・金春・宝生・金剛各流シテ方の家元の称号。
② 浄瑠璃の語り手の称。三味線引きにもいう。義太夫・嘉太夫などと芸名に添えても用いる。
③ 歌舞伎で,女方の敬称。
④ 江戸吉原など官許の遊郭で,最高位の遊女の称。明和(1764〜1772)以降消滅。
⑤ 万歳(まんざい)の主となる方。 →才蔵
⑥ 神主・禰宜(ねぎ)などの神職の称。
⑦ 神社の御師(おし)の称。

やっぱり、辞書的には、別に悪者じゃないっぽい。
4とか見ると、最高位の遊女の人だって。
女性でもいいわけですね。

じゃあ、悪者じゃない「大夫・太夫」って...?

あ!グレート義太夫!
グレート義太夫オフィシャルブログ 糖尿ちょっとチョコ食う Powered by Ameba

<追記 2018/8/26>
🔋マークを絵文字で書くと、ページが真っ白になってしまうという罠に
今日気付いたので修正すると同時に、
スクリプトも動かないケースがあったため、修正しました。
</追記>

<追記 2018/10/9>
Magic Trackpad と Magic Keyboardを2に買い換えたら、
"Product"にデバイス名が表示されるようになった。
つまり、
古い電池式の Magic Trackpad と Magic Keyboard は下のscriptを、
新しい充電式の Magic Trackpad と Magic Keyboard は
veadarさんのscriptを使えばいい

ということだと思われる。
</追記>

veadarさんのBluetoothデバイスの電池残量をチェックする | Macの手書き説明書を読んで、
興味を持ったのでダウンロードしてみたのだが、なぜかエラーが出て動かない。

どうやら、私の環境では"Product"でデバイス名が取得できないようだった。

  "Product" =

空っぽ。なんでだろう?

コマンドを打って調べてみたところ、
"IOClass"という項目にそれらしいものが見つかった。

  "IOClass" = "AppleBluetoothHIDKeyboard"

そこでAppleScriptを書き換えたら、動くようになった。

20180822bluetooth-check1.png

やった!

ということで、scriptを置いておく。
スクリプトの下のボタンを押すと、
スクリプトエディターが開くはずなので、
適当に保存して動かせばいい、はず。

-- http://ascii.jp/elem/000/000/592/592958/
-- https://gist.github.com/miyagawa/ed22215692e1937ab4bc


property shellText : "ioreg -r -d 1 -k BatteryPercent | egrep '(\"BatteryPercent\"|\"IOClass\") '"
property soundName : "Pop"


set shellResult to do shell script shellText


set batteryInfoList to extractText(shellResult)


set theText to ""


repeat with i from 1 to number of items in batteryInfoList
set this_item to item i of batteryInfoList
set theText to theText & item 1 of this_item & " : " & item 2 of this_item & "%🔋" & return
end repeat


notification(theText)
on notification(theText)
try
display notification theText sound name soundName with title "remaining battery level"
on error
display alert theText
end try
end notification


on extractText(shellResult)
set tempList to every paragraph of shellResult
set productNameList to {}
set batteryPercentList to {}



repeat with i from 1 to number of items in tempList
set this_item to item i of tempList
if 2nd item of makeList(this_item, "\"") = "IOClass" then
set productName to item 4 of makeList(this_item, "\"")
set end of productNameList to productName
-- display dialog productName
else if 2nd item of makeList(this_item, "\"") = "BatteryPercent" then
set batteryPercent to last item of makeList(this_item, "\" = ")
set end of batteryPercentList to batteryPercent as number
else -- 奇数処理:バッテリー残量
end if
end repeat
set resultList to {}
repeat with i from 1 to number of items in productNameList
set this_item to item i of productNameList
set that_item to item i of batteryPercentList
-- insert actions here
set end of resultList to {this_item, that_item}
end repeat


return resultList
end extractText


on makeList(theText, theDelimiter) --テキストを指定語句で区切り配列に格納する
set tmp to AppleScript's text item delimiters
set AppleScript's text item delimiters to theDelimiter
set theList to every text item of theText
set AppleScript's text item delimiters to tmp
return theList
end makeList

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、2018年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年6月です。

次のアーカイブは2019年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ