wordpressの最近のブログ記事

2017年8月から、Coreserverがサーバのリニューアルを行なっていた。
リニューアルにおけるサーバーシステムの増強と移行について | お知らせ一覧 | レンタルサーバー CORESERVER(コアサーバー)

メモリが増強されたり、ストレージがSSDのみになったり、
転送量が無制限になったりと、リニューアル自体はいいことだ。
しかしMySQLが5.1→5.7、PHPが5.3→7.1へと変更になったため、
運用しているWordPressのサイトに、以下のような問題が発生してしまった。

問題1. サイトの本文のみが表示されない(ヘッダーやサイドバーは表示される)
問題2. メディア管理画面を開くと500 Internal Server Error発生
問題3. ファイルのアップロードができない(ログイン画面に飛ばされる)

うわー困った。
ということで色々試行錯誤した結果、
紆余曲折を経て勝利にたどり着いたという汗と涙の記録、
は読んでも特におもしろくないと思うので、
うまくいった点だけを書いておこうと思う。

以下の情報がとても参考になった。感謝。
CORESERVERの大規模リニューアルでWordPressが詰んだ

対応1 .htaccessの編集

500エラーから半日以上復帰しなくなったので、
サポートに問い合わせたら、以下のことを教えてもらった。

ご連絡いただきました件につきまして、
/~~~~~/.htaccess 内の
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .phpの記述を
コメントアウトまたは削除して無効化した後に
動作のご確認を行っていただきますようお願いいたします。

早速 .htaccessを確認してみたら、確かにその記述があったので、
全部削除した。コメントアウトでもいいと思う。

直後は500エラーのままだったが、
数時間したらサイトの表示が復帰した。

これで、問題の8割は解決したような気がする。

対策2 プラグインやテーマのPHP7対応確認

調べた途中で、「PHP7に対応していないプラグインが
悪さをしている」という記事も複数読んだので、
各プラグインのPHP7対応状況を調べたいと思った。
しかし、プラグインを一つ一つ外してチェックするのは
とってもめんどくさい。

と思っていたら、
PHP Compatibility Checker」というステキなプラグインがあるそうだ。
WordPress プラグインのPHP7互換性チェック - Xakuro System

早速インストールして、PHP7とのチェックしたところ、
「EZ zenback」がError1つ、
「Broken Link Checker」がWarning1つ、
「WordPress Database Backup」がWarning5つ、
他はOKという結果だった。

「EZ zenback」は特に使っていないようだったので、削除。
ついでに、特に必要なさそうなプラグインを整理した。

私のケースでは、以上の対応で、サイトは通常通り表示され、
WordPressの管理画面も、これまで通り使えるようになった。
めでたしめでたし!


当たりだけ書けば単純な話だが、結構時間がかかってしまった。
当初はMySQLのバージョンアップを疑って、
いろいろいじっていたのだが、結果的にはハズレ。
やれやれ...

まぁ、問題が片付いてみれば、サイトの表示は早くなったし、
最悪のケースであるテーマ変更はやらずに済んだ。
その点はよかったと言えよう(プラス思考)。

現場からは以上です。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

Wordpressのテーマ TwentyEleven は、
デフォルトでは固定ページにサイドバーが表示されません。

  1. 管理画面の「外観」→「カスタマイズ」で「レイアウト」を「右コンテンツ」あるいは「左コンテンツ」にする
  2. サイドバーを表示させたい固定ページでは、編集画面で「テンプレート」を「サイドバーテンプレート」にする
  3. サイドバーを表示させたくない固定ページでは、「テンプレート」を「デフォルトテンプレート」にする
  4. 投稿にサイドバーを表示させるには、スタイルシートと single.php に以下のコードを追加する

テーマのアップデートでカスタマイズが消えてしまうと困るので、
子テーマを作った方が良いでしょう

子テーマの作り方は、以下を参考になります。
WordPressテンプレートのカスタマイズは子テーマで | SaaSes Staff Blog

スタイルシート

/* Singular */
.single #primary {
width: 73.6%;
}

#nav-single {
display: none;
}

.single .entry-header .entry-meta {
position: relative;
}

.single .entry {
padding: 0;
}

.single .entry-header, .single .entry-content, .single footer.entry-meta, .single #comments-title {
width: 100%;
}

.single #content, .left-sidebar .single #content {
margin: 0 34% 0 7.6%;
}

.single article .entry-title {
padding-top: 0;
}

.single .entry-meta .edit-link a {
right: 0;
top: 0;
left: auto;
}

single.php

<?php get_footer(); ?>

のすぐ上に

<?php get_sidebar(); ?>

を追記する。


Twenty Elevenのページにサイドバーを表示 | Webコンサルティングを参考にしました。

これだと「サイドバーを表示させない固定ページ」が実現できず、
モニョモニョしました。

スタイルシートは .singular に対してスタイルを当てると、
固定ページにも投稿にも適用されてしまうので、
.single に対して当てるように変更してあります。

今どき TwentyEleven?
しかもこのサイトWordpressじゃないよね、
というオチですね。

はい。さようなら!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

WordPressにZenbackを導入するには、いくつかの方法がある。

  1. EZ zenback(プラグイン)
  2. 「テーマ編集」でsingle.phpなどを編集し、コードを追加する

1.の方が簡単なのだが、このプラグインは
使用しているコメントシステムによってはうまく機能せず、
結局2. で実現した、という記事が多かった。

ちなみに、私はDisqus Comment Systemというのは
使っていないのだが、EZ Zenbackはうまく動かなかった。

しかし2.は、
テーマがアップデートされると、
編集した部分は元に戻ってしまう

ということを肝に銘じておく必要がある。 なので、できればあまりやりたくない。

そこで調べてみたところ、1.のプラグインだけで
Zenbackの導入ができたので、やり方を書いておく。

1. 「EZ Zenback」プラグインをインストールする

プラグインの「新規追加」から、
「zenback」で検索すれば出てくる。
インストールして、有効化する。

2. EZ Zenback を設定する

このプラグインには、
「投稿、ページに任意のHTML、Javaスクリプトを挿入」
という項目がある。

場所は「本文、抜粋の先頭」「本文、抜粋の後ろ」を選べるので、
好きな方(といっても通常は「本文、抜粋の後ろ」だろうが)
にZenbackのスクリプトコードをコピペする。

そして、「対象ページ」で、Zenbackを表示させたいページをチェックする。

EZ_zenback1.png


これで、テーマの編集をすることなく、
EZ Zenbackのプラグインだけで、
WordPressへZenbackの導入ができた。

めでたしめでたし。

と、WordPressを使っていないブログに書いてみるテスト。


<参考>

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ブラウザアップローダーならOKなのだが、Flashアップローダーでエラーが出る。
気持ち悪いので調べてみた。

結論:Basic認証入れているとエラーが出る。
(参考:Flashアップローダーでhttp errorが出る(Wordpress3.0) - sacnoha

しょうがないので、一時停止。
WP使っている別館に書くべきなのかもしれないが、
あっちは読書メモばっかりなのでこういうことはこっちに書いてみた。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

Movable Type → Wordpress移行メモ

うむらうす-annexをWordpressで動かしてみているにあたって、
Movable Type使いがまとめたWordpressへの移行メモ(自分用)の巻。

★MTでエクスポートしたtxtファイルをWordpressでインポートする

罠:インポートできる.txtファイルの文字コードはUTF-8限定
→MTでUTF-8以外(例えばEUC)を使っている場合、
エクスポートしたファイルの文字コードを
エディターで変更してからインポートする必要がある。 wordpress_import1.png wordpress_import2.png ↑ここを押す前にエンコードを変える

下で書くように、wordpressには記事の一括削除機能がないので泣いた。

★特定のカテゴリーだけをエクスポート

特定のカテゴリーだけを書き出す (MovableType スクリプト改造) (PenPenPalm)を参考に。
普通にエクスポートすると全部の記事が書き出されるのだが、
特定のカテゴリーのみ書き出す方法。

リンク先のコードは中括弧{}が閉じてないので動かない。閉じると動く。
→書評エントリのみ書き出しできた。

★エントリーの一括削除

Wordpressデフォルトでは、何百件と一括で削除する機能がない。
上の罠にはまって文字化けしたエントリーが大量にインポートされてしまった場合は、 ユーザーの削除が早いかも。

データベースを直接いじることができれば、以下の方法で一括消去できる
blog.cori95.net : WordPressで記事、コメント、トラックバック全削除
wp_posts、wp_commentsテーブルを空にしたらOKだった。
wordpress_delete1.png wordpress_delete2.png 適当にやったけど、ちょっと乱暴かな・・・

★パーマリンクを変更したらforbiddenになりwordpress/下のファイル全てにアクセスできなくなる

これはビビる。
犯人は wordpresssディレクトリ直下の.htaccess。
削除したら解決した
WordPressのパーマリンクでForbidden « 整頓中(仮) にあるように .htaccess に「Options FollowSymLinks」を追加すれば良かった。 mod_rewriteを使うにはOptions FollowSymLinksを設定しないといけないから、とのこと。

★プラグイン

インストールするには、wp-content/plugins ディレクトリに
プラグインファイルを転送するだけ。
楽チン。

以下WordPress をインストールしたら最初にしておくこと - わーどぷれすっ! に載っていたものなど。

Nonce! Please
スパム軽減。エラーが出たので入れてない。

WordPress › Revision Control
編集履歴のコントロール

WP Multibyte Patch
日本語版にはデフォルトで付いてくるらしいが。

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress

・Feedburner Feedsmith
[WP]FeedBurner FeedSmithでリダイレクトできない問題を解決する | emuxx blog

WordPress Database Backup
下参照。

★データベースのバックアップ

WordPressの自動バックアップをGmailで取るを読んで、
WordPress Database Backupを入れた。

/wp-content/ 下にバックアップフォルダができるが、
xreaではオーナーがapacheになりパーミッションを変えられないので、
削除して同名のフォルダを作成し、パーミッションを707にしたらOKだった。

★Wordpressアップグレード

アップグレードをどうするか? - わーどぷれすっ! 下の2つのプラグインはXREAでは使えず。結局手動でFTP。

Automatic Upgrade Plugin
→XREAはSAFE MODEで動いているので×

・ InstantUpgrade
WPのプラグイン:InstantUpgrade
これもSAFE MODEだと×。

とうことで、結局以下の手動アプグレードに落ち着いた。

1.データベースのバックアップ
・上に書いた通り、wp-db-backupを使う。
「ツール」→「バックアップ」から。

2.wordpress化のファイル/フォルダを書き換え
・wp-config.phpは設定を写す
・wp-content内のpluginsとthemesはカスタマイズしているので、
中身が無くならないように気をつける。

Movable Typeの昔を知っている人間としては、Wordpressの方が楽かなぁ。


全体的な感想としては、Wordpressの方が扱いやすい印象。
plug-inの扱いも楽だし、充実している。
テーマの変更もとても楽。
Movable Typeをいじるのがめんどくさいのは、
妙にカスタマイズしてしまっているせいか・・・?

ともあれ、両方使えるようになりましたとさ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちwordpressカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは人気エントリーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ