イーオンの野望

英会話のイーオンの広告と言えば、今まで数々の驚愕のキャッチコピーで我々の度胆を抜いて来ました。

セリーヌ・ディオンを起用した、
「セリーヌでイーオン」。

続いてキャメロン・ディオスを起用した
「イーオンで始めなキャメロン」。

いずれの作品も、我々の思い付くギャグのレベルを遥かに凌駕しています。


そしてこのイーオンで現在起用されている俳優が、ユアン・マグレガーです。
電車の中で広告を発見した私は、今回はどんなギャグが繰り出されているのだろうかと広告中に目を走らせました。
しかし驚いたことに、今回はなんのキャッチコピーもありません。
今まであんなに 下らないギャグ 秀逸なキャッチコピーを連発しておいて、 今回は思い付かなかったっす勘弁して下さいなんてことはあり得るのでしょうか。


あのイーオンのことです。
「イーオンで英語話せるようになりマグレガー!!」
「イーオンは最高ですとユアンかこのバカモンがー!!」
といったレベルのギャグは当然数十個単位で思い付いているはずです。

体調でもわるいのでしょうか。心配です。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2001年9月14日 22:57に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ξ」です。

次のブログ記事は「ゴッキー in the train.」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ