やり玉

「やり玉にあげる」のやり玉って何ですか?


やり玉は槍玉であって、「槍を手玉の様に扱うこと」であるそうですが、 では手玉って何ですか?と思ったらお手玉でした。

槍をお手玉のように扱うなんて、それは確かにすごいというか危険です。
まかり間違って穂先の方をつかんでしまったら、「アウチ!」どころではすみません。
というか槍は長すぎてお手玉には向いていません。
というか槍はお手玉のように扱うものではありません。

と言ったようなこれらの苦難を乗り越え「槍玉」状態にある人はかなりの槍達人であると言わざるを得ず、 そんな人にだったら槍と一緒にお手玉されてみたいナというかできるもんならしてみんかいボケー!と今日も逆ギレです。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2001年9月21日 22:53に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Nimdaの秘密」です。

次のブログ記事は「大阪像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ