ソン

オサマ・ビンラディンをビン・ラディンと表記されているのを見かけますが、 ビンは「息子」を意味する言葉であるそうですので「ビンラディン」でひとかたまりでしょう。 ちなみにビンラディン、実際はラディンさんの孫だと新聞で読んだ気がするのですが調べても見つかりません。ウソ?

要するに「ビン」は英語での「ソン(son)」のようなものなのでしょう。 というかそういうことにしておきましょう。

例えば。
ジョンソン(Johnson)とか。
ジャクソン(Jackson)とか。
ジェイソン(Jason)とか。
アニソン(Anison)とか。
質量欠損(Shitsuryou-kesson)とかそういった感じのものですね。 これはちょっと苦しかったかな!(フォロー)

と思ったのですが、ビンラディンは名字なのでしょうか名前なのでしょうか。 もし仮に名前なのだとしたら、名前の方にもソンが付くものを見つけなくてはなりません。

いろいろ考えた末に思いつきました。

トムソン・ガゼル。


これを思いついた瞬間はとてもうれしかったのですが、 人でないと思いついたときの悔しさおよび脱力感はそれ以上のものでして、収支はマイナスでした。


おすめす ともに つのがある。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2001年10月 3日 00:15に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Ears and Eyes」です。

次のブログ記事は「クリントン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ