イケメン

「イケメン(Ike-men)」について考えてみましょう。


イケメンは、言うまでもなくイケイケメンマ(Ikeike-menma)ではありません。 イケてるメン(Iketeru-men)の略で(たぶん)、つまりかっこええオトコのことです。

ということはきっとオンナバージョンもあるはずです。
イケてるウィメン(iketeru-women)、すなわちイケウィメン(Ike-women)

しかしポリスマン(Policeman)がポリスパースン(Policeperson)になる今日この頃ですから、 イケメンもこれに習う必要があるかもしれません。 すなわちイケパースン(Ike-person)。これで男性女性の違いを考える必要がなくなりました。 大いなる前進です。

ところがふと元の言葉を見てみると、イケメン(Men)であってイケマン(Man)ではありません。 つまり複数形です。
従って、イケパースン(Ike-person)ではいけません。イケピーポー(Ike-people)となります。

しかしイケピーポー(Ike-people)では少し長すぎます。
「ねぇねぇ、右から二番目、けっこうイケピーポーじゃない?」
というように、とっさの場面で使うにはちょっと長すぎます。
いや、この例ではとっさの場面感が出ていないのでよりとっさな感じがする例を。
「犯人はどいつだ!?」
「あ、あそこのイケピーポーです!」
ムリがあるのでやめましょう。

で、要するに、略すときにはイケピーイケポーか、どっちがいいかという話です。 でもイケピー柿ピーみたいだし、イケポー「行け!ジャイアント馬場!」みたいだし困ったなぁということでまた来週!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2001年10月19日 00:07に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シャンプーっぽい」です。

次のブログ記事は「笑激映像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ