朝飯とケーキ

英語で「朝飯前」「Before breakfast」ではなく 「It's a piece of cake」と言います。 「そんなのはケーキひと切れだよ!」といった感じですね。 さわやかに歯を光らせながら不遜に言い放ちましょう。

しかし個人的には、それが難しいのか簡単なんかはどんなケーキかによると思うのです。 例えば「1+1はケーキ」 「形而上学的ケーキ」とでは難易度がずいぶん違うでしょう。 ちなみに後者はどんなケーキだか想像もつかないところも含めて難しいケーキです。 また、前者から「ケーキ=2」としてしまうのは初心者が陥りやすいところです。 ここでの「1+1は」は「イチゴショート」のようなケーキを限定する名前だと考えて下さい。

ところで「朝飯前」「赤子の手をひねるようなもの」でもあるわけですが、 これは「It's like taking candy from a baby.」 であるそうです。

つまり
「It's a piece of cake」=「It's like taking candy from a baby.」
          ↓
a piece of cake≒taking candy from a baby
ここから「ひと切れのケーキ」「赤子からキャンディーを取り上げること」 とほぼ等しいであるということが明らかになりました!

これは大変です。 基本的に女性はケーキ大好きですから、 「ケーキちょっとだけ食べちゃお〜」とか言いながら、 赤子からキャンディーを取り上げまくりです。 このようにして十分なキャンディーを与えられずに育った子供は、 大人になってからも常にキャンディーへの渇望感を抱えて生きることになります。
つまり。


これからはキャンディー業界が熱い!!!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2002年1月 2日 00:04に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おめでとうございます」です。

次のブログ記事は「好み」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ