カブトミスコン

カブトムシ幼虫のミスコンテスト開催 青森

文字通りカブトムシの幼虫のミスコンである。 青森で行われた「カブトムシサミット」での催しのようだ。 これはオスメス差別にはつながらないのか、 と心にも無い心配をかましたところで本文へ進むと、 写真のキャプションが目を引いた。

「甲乙つけがたいカブトムシのミス幼虫(右)と準ミス幼虫」

記者はこの説明をウケ狙いで書いたことに疑いの余地は無い。 「こんなのどこが違うのかわからないよな。ハハハ」 とトシちゃんのような笑いをしているのが目に浮かぶようだ。

しかし果たして本当に甲乙つけがたいのだろうか、と私は問いたい。

写真をご覧いただきたい。
明らかに左側の幼虫の方が丸々としていて健康的で、 右側の幼虫の方は腹を見せていて元気がない。 もし「肌の色つやや動きの活発さ」から判断するのならば、 明らかに左側の圧勝だ。 この程度の利き幼虫、素人にもできるではないか。

と思ったら、目に飛び込んでくる
「ミス幼虫(右)」
の文字。


完敗。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2002年4月23日 00:37に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ぶらんこ特許」です。

次のブログ記事は「Profileページ作った」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ