オレのなんです

今日は高尚な話題をすることに決めたので、 日向くんのタイガーショットについて考えてみましょう。

さて、ハングリー精神旺盛な日向くん。
彼は必殺シュート(物騒な名前ですね)であるタイガーショットを放つとき、 こういいます。

「くらえ!これがオレのタイガーショットだ!」

今日はこのセリフについて今日はじっくり考えてみたい気分なわけです。

まず「くらえ!」の部分ですが、 これは「タイガーショット」に対する枕詞のようなものと考えればいいでしょう。 「たらちねの」→「母」、「くらえ!」→「タイガーショット!」というわけです。 ここで「くらえ!」は、タイガーショットだけでなく、スカイラブハリケーン、イーグルショット等さまざまな必殺シュートの枕詞でもあることに注意が必要です。

「これが」ですが、これは言うまでも指示語です。 「あれ」ではなく、「それ」でもなく、「これ」がタイガーショットなのですよ、 まちがえないでくださいね、という日向君の心づかいが痛いほど伝わってきます。

残った問題は「オレの」です。 仮に「オレの」で無かった場合を考えてみましょう。

「これがアイツのタイガーショットだ!」

いばるなお前のじゃないだろう、と言いたくなってきます。

「これがそいつのタイガーショットだ!」

それはどいつのタイガーショットだ?、と聞き返したくなります。

つまり、「オレの」は自明であるのではないか、とここに提唱したいわけです。

そんな私の脳ミソに、タイガーショット。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2003年4月 4日 23:03に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「うに変化」です。

次のブログ記事は「塊と魂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ