Complete PHP on Panther(Tiger)

前回はOSX用のApache2パッケージであるComplete Apache2のインストールをしたわけだが、 その勢いに乗ってComplete PHPをインストールしてみることにする。

このComplete PHPComplete Apache 2と一緒に動くことを前提としているので、 二人の息はバッチリなはずである=互換性とか気にしなくてよし。

こちらもServer Logisticsのもの。感謝しましょう。

Jun '05 追記)Tiger(OSX 10.4)でもこのままで問題なく動作しました

インストール

まず、Complete PHP - downloadから最新版のComplete PHPをダウンロードする。 現在(Jan '05)の最新versionは4.3.9。

こちらもやることはGrooveCafeさんの例の通り。
ちなみにシステム要件は「Complete Apache 2」がインストールされていること。 別に同じバージョンのApache2が入っていてもいいのだが、 互換性を考えると Complete Apache 2 と一緒に使うのが吉だろう。

以下手順。

1. マウントされたディスクイメージ「Complete PHP」内の「PHP4.pkg」をダブルクリック。質問に「はい」と答えまくりインストール
2. ディスクイメージ内にある「test.php」を /Library/Apache2/htdocs/ にコピーして、ブラウザで「http://localhost/test.php」にアクセスしてphpinfo()というページが表示されればOK

以上終了。えぇー!?というぐらい簡単。言わないけど。

さて、インストールする際にApache2を止める必要はない。 Complete PHPのインストーラーが、勝手に止めたりまた動かしたりしてくれるからだ。 ファイルは、module(本体)が /Library/Apache2/module に、設定ファイルが /Library/PHP4/ にインストールされる。

PHPはApacheの拡張モジュールのような感じで動作する。 このため、Complete PHPをインストールすると、/Library/Apache2/conf/httpd.conf の終わりの方に

LoadModule php4_module /Library/Apache2/modules/libphp4.so
AddType application/x-httpd-php .php
AddType application/x-httpd-php-source .phps

という3行が追加される。
これによって、Apache2上でPHPを使える設定となる。 PHPインストーラーがApacheを勝手に止めたり動かしたりしたのは、 この設定変更を有効にするためだったというわけだ。
ちなみにこの簡単なインストールで有効になっているオプションは以下の通りである。

--prefix=/Library/PHP4
--with-apxs2=/Library/Apache2/bin/apxs
--with-openssl=/usr
--with-zlib=/usr
--enable-calendar
--enable-shared
--enable-exif
--enable-ftp
--enable-mbstring
--enable-mbregex
--enable-session
--enable-sockets
--enable-tokenizer
--enable-wddx
--with-xml
--enable-yp
--enable-versioning
--enable-trans-id
--enable-track-vars
--with-mysql
--with-ldap=/usr
--with-iodbc=/Library/PHP4
--with-gd=/Library/PHP4
--with-jpeg-dir=/Library/PHP4
--with-png-dir=/Library/PHP4
--enable-xslt
--with-xslt-sablot=/Library/PHP4
--with-pdflib=/Library/PHP4
--with-tiff-dir=/Library/PHP4
--with-pgsql=/Library/PHP4
--with-iconv=/Library/PHP4
--with-sybase=/Library/PHP4
--with-mcrypt=/Library/PHP4
--with-curl=/Library/PHP4
--with-freetype-dir=/Library/PHP4
--with-ttf=/Library/PHP4
--with-gettext=/Library/PHP4
--with-xmlrpc --enable-mime-magic
--with-pspell=/Library/PHP4
--with-expat-dir=/Library/Apache2
--with-t1lib=/Library/PHP4
--enable-dbx
--with-imap=/Library/PHP4
--with-imap-ssl=/usr
--enable-cli
--without-xpm-dir
--enable-dbase
--with-bz2=/usr
--enable-cgi
--with-pear
--with-java
--with-dom=/Library/PHP4
--with-dom-xslt=/Library/PHP4
--with-dom-exslt=/Library/PHP4
--with-snmp=/Library/PHP4
--enable-ucd-snmp-hack
--with-mhash=/Library/PHP4
--with-ming=/Library/PHP4
--enable-shmop
--with-mcal=/Library/PHP4
--with-gmp=/Library/PHP4
--enable-dio
--enable-bcmath
--enable-ctype
--enable-dba
--with-cdb
--enable-gd-native-ttf

白鳥が優雅に泳ぐその水面下では、激しく足を動かしているということだ。

PHP CLIインストール

さて、Complete PHP - downloadには、 PHP 4.3.9 CLI (10.3)というものもある。 CLIというのは、command line binaryである。 「それじゃあCLBじゃないか」という気がしなくもないが、深くはツッコまない。 おそらく command line interface といったところなのだろう。

結局の所、これはPHPをターミナル上で操作できるようにするものなのである。 これもついでに入れておこう。ちなみにこれも Complete PHP がインストールされていることを前提としている。

1. 上記サイトから「PHP 4.3.9 CLI (10.3)」をダウンロード
2. 勝手に解凍されてデスクトップに「PHP4-CLI」フォルダができるので、以下のコマンドを入力してインストール

インストールが終了したら、ターミナルで

php --version

と入力してみて
「PHP 4.3.9 (cli)・・・・・」
というような表示がほにゃほにゃと出たら 1. は成功。

man php

と入力してみて、なんか文字がいーっぱい出てきたら 2. も成功。「q」を押して脱出する。

さて、このComplete PHPのいいところは、インストールが簡単なだけではなく、 PEAR :: The PHP Extension and Application Repository の最新版がもれなく付いてくる、というところにもある。

で、その洋梨って食べられるの?ということなのだが、これは残念なことに食用の洋梨ではなく、 PHPでよく使うであろうアプリケーション(認証とかDB操作とか)のパッケージをまとめたものである。 つまり、これだけ入っていればとりあえずよかろうという感じなのである。ありがたい。

とうことで、PEARについてはまた今度。あればな。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2005年1月24日 23:31に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Complete Apache2 on Panther(Tiger)」です。

次のブログ記事は「ペンギンの速さ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ