複合プリンタpsc2150をOSXとWindowsで共有(Tiger)

以前書いた複合プリンタpsc2150をOSXとWindowsで共有だが、 OSをPanther→Tigerとメジャーバージョンアップすると、せっかく行った設定が失われてしまう (上書きインストールの場合は利用できるかもしれないが、未確認)。

Windowsマシン側にUSBポートがないと共有できないので注意

そこで、Tigerでの設定方法を記しておく。

下準備

1. プリンタ共有設定

Tigerでは、CUPS(Common Unix Printing System)はデフォルトの状態で利用可能になっている。 従って、Jaguar、Pantherで必要だった以下のファイルの編集は必要なし。
/etc/cups/mime.convs
/etc/cups/mime.types

単純に「システム環境設定」→「共有」→「サービス」から 「Windows共有」「プリンタ共有」をチェックすれば良い。 Windows共有をonにしたら、アクセスできるアカウントを設定しておいた方がよい様子(未確認)。

2. Xcodeインストール

Xcode Toolsをインストールした記憶がない場合は、以下の方法でインストールしておくこと (通常のインストール方法では入っていないはず)。

方法と言っても至って簡単。
TigerのインストールDVDを入れ(再起動不要)、「Xcode Tools」フォルダの中にある 「Xcode Tools.mpkg」をダブルクリックする。 あとは指示に従って「続ける」とかを押して行くだけ。

Cのコンパイラ(gccとか)がこの中に入っていて、これを後の方で使うことになるため。 知らなくても問題なし。

ghostscriptインストール

CUPSというのは、プリントしたいデータを、PCからプリンタに渡す橋渡し役である。 しかしあくまで橋渡しだけであり、データをプリンタが理解できる形への翻訳はしてくれないのだ。 この通訳をしてくれるのがghostscriptである。 これがなければ当然プリントはできないため、インストールする。

一番使い勝手の良いghostscriptは小川氏のサイト にある。 こちらのページに行って、「ESP Ghostscript 7.07.1 for MacOSX 10.2/10.3」 というファイルダウンロードし、インストールする。

ghostscriptがどういうことをしているのか知りたい人は、小川氏のサイトのghostscriptパッケージでの印刷方法を参照されたい。

HPIJSインストール

HPIJSというのは、CUPSでPSC 2150を利用するために必要なドライバで、 HPから配布されている。 ということで、このHPIJSというドライバをインストールする。 詳細はHPのサイトのHPIJSインストール手順を参照(英語)。 ただし、上記サイトの記述そのままだと微妙にダメな部分があるので、注意が必要(下記太字の部分が変更部分)。

1・ダウンロードとインストール

上記のサイトよりhpijs-1.7.1.tar.gz(その時ある最新のもの。Apr '05時点で1.7.1) をダウンロードする。 私の環境では、「hpijs-1.7.1.tar.gz」をダウンロードすると、勝手に「hpijs-1.7.1.tar」に解凍された。

この「hpijs-1.7.1.tar」をStaffIt Expanderにドラッグすると、 同じ場所に「hpijs-1.7.1」というフォルダができる。

このフォルダがデスクトップにあることを確認し、ターミナルに以下のコマンドを打ち込む。 ターミナルを操れる人は、フォルダをデスクトップに置かなくてもOK。

ここまでで、「hpijs-1.7.1」フォルダ内に「Makefile」というテキストファイルが作成される。

このファイルを、viやJedit、mi、テキストエディターなどお好きなテキストエディタで開き、 784行目あたりにある以下の行を見つける。

cp -ax ppd/* $(ppddir)

この行の「-ax」を削除し、以下のようにする。

cp /ppd/* $(ppddir)

これをしないと下の作業でエラーが出る。
できたら、ターミナルに戻って以下のコマンドを入力する。

installは管理者権限でないとできないので、「sudo」を使う。 rehashは、hpijsへのpathを通すもの。わからなくても問題なし。 ちなみに、ドライバのファイル本体であるppdファイルは、/usr/local/share/ppd/HP/ というフォルダに入っている。 確認したい人は、ターミナルで以下のコマンドを入力すると確認できる。しなくてもいい。

2・確認

以下のコマンドをターミナルで入力。

下のような表示が出れば、OK。

Hewlett-Packard Co. Inkjet Server 1.7.1
Copyright (c) 2001-2004, Hewlett-Packard Co.

ghostscriptがhpijsに対応していることを確認するため、以下のコマンドを打ち込む。

grepの前は 小文字のL ではなく「 | 」(縦棒)。
入力後に以下のように一行表示されればOK。

hpdjportable ibmpro ijs imagen inferno iwhi iwlo iwlq jetp3852 jj100 jpeg

エラーメッセージが表示された場合は、Ghostscriptがインストールされていないことになる。 がんばってやり直し。

以上でghostscriptとhpijsドライバを正しくインストールできた。

動作確認

これまで変えた設定を反映させるため、ターミナルで以下のコマンドを入力し、CUPSを再起動。

% sudo killall -HUP cupsd

これからプリンタの登録だが、Jaguar、Pantherのときよりもずっと楽になっている。

・プリンタの電源を入れて、起動するまで十秒ほど待つ ・「アプリケーション」→「ユーティリティー」→「プリンタ設定ユーティリティー」を起動
・追加ボタンを押す
・ウィンドウの上段に「PSC 2150 Series」と表示されるので、その行をクリックする ・下段の「使用するドライバ」をクリックし、「HP」から「HP PSC 2150 , Foomatic + hpijs」を選ぶ(画像参照)
・「名前」は変えたければ変える
・追加ボタンを押す

psc2150driver.png

以上で、HPIJSを利用するプリンタの設定を登録できた。

さて、CUPSはブラウザ上で管理することができるインターフェースを持っている。 Safari、IE、Mozillaなどお好きなブラウザで下記の場所を開く。

 http://localhsot:631/

ここで「Manage Printers」を選ぶと、 登録されているプリンタが、プリンタ設定ユーティリティーと同じ内容で表示されているので、 正しく印刷できるかテストするため、 「Print Test Page」をクリックしてる。 プリンタが動き出せば、正しく設定ができていることになる。 しばらく待っても動かなければ、どこか問題があるということ。

Windowsマシンプリンタ設定

次はWindowsマシン側からの設定。

Windowsマシン側に要求されるスペックは、USBポートがあることである。 というのも、PSC 2150を使うにはWindowsマシンにドライバをインストールする必要があるのだが、 USBポートを持たないマシンにはドライバのインストールができないからである。

ということで、Windowsマシン側で必要な作業は以下の通り。

  1. プリンタ付属のCDからドライバをインストールする
  2. http://192.168.xxx.xxx:631/printers/ (←192.168.xxx.xxxはMacのローカルIP。コントロールパネル「共有」から確認可)
    でMacでのプリンター設定画面にアクセスする。 先程登録したPSC 2150があるはずなので、そのプリンタのアイコンをクリックし、ジャンプした先のページのURLをコピーする。次のようになっているはず。
    http://192.168.xxx.xxx:631/printers/登録したプリンター名
  3. 「設定」→「プリンタとFAX」→右クリックで「プリンタの追加」
  4. 「ネットワークプリンタ」を選択
  5. 「ネットワーク上のプリンタに接続する」を選択し、記入欄に上の「 2.」で調べたURLをペーストする
  6. ドライバを選択する画面になるが、HPを選択してもPSC 2150は出てこないので 適当なダミーのドライバを選択し、登録を終える
  7. 「設定」→「プリンタとFAX」に登録したプリンタが現れるはずなので、 そのプリンタの「プロパティー」→「詳細」からドライバを「PSC 2150」に変更する

7でダミーのドライバを選択するところがポイント。

まとめ

以上でWindowsマシンを用いて、Macに接続したPSC 2150からプリントできるようになったと思う。 Jaguar→Panther→Tigerとなるに従って、設定も楽になって行っているのがよいですね。

参考サイト

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2005年5月 2日 12:20に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「超えられぬ壁」です。

次のブログ記事は「おおトーニャ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ