自身

「男性自身」という表現がある。

言うまでもなくナニなわけだが、 その勢いで「女性自身」と言うと、 なんだかとってもいかがわしい感じがするわけだが、 その感触を保ちつつここを見ると、 なんていかがわしい雑誌なんだ!と勘違いしてしまうので注意が必要だ。 以上前振り。

そこで、これからいろいろな言葉に「自身」を付ける遊びをしてみる。

「私自身」
別に何もおかしなことはないはずなのだが、何となく居心地の悪さを感じてしまうのはなぜなのか。 わかっいてるけどあえて問う。 なんだかもう、何でもいかがわしく感じられてきてしまって、なんていやらしいの!いやらしい子!

「アメリカ人自身」
もう何考えてるの?洋モノって何?どういうこと?そういうこと。

「馬自身」
だからさ・・・もうそこから離れようよ・・・

というように、一歩目をまちがえるとその後に全て尾を引いてしまう。 これを「ドミノ現象」と言うなんて言うと意味がそのまんまで捻りがなくてつまらないので、 ちょっと捻って「最初の挨拶で噛んだ現象」と命名するも、微妙に分かりにくくて断念する私自身(オチた!←錯覚)

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2006年12月13日 00:11に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんじゃそりゃ」です。

次のブログ記事は「絶好調」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ