「らっこの皮」

 日本語には、ほとんどのひとが知らないであろうことわざが数多く存在する。 日本人として生まれたからには、こういったマイナーなことわざを 小粋に使いこなしたいものである。

 というわけで勝手にことわざを紹介する。


「らっこの皮」
(ラッコの毛は、手でなでつけるとどちらへでもなびくところから) たやすく人の意見に従う人をたとえていう。 日葡「ラッコノカワノヤウナヒト」(広辞苑)

すぐ人に説得される人を見つけたら、チャンスだ。すかさず使おう。
例1「おまえ、今のはらっこの皮だろ〜。」
例2「おまえはらっこの皮かい!!」

ほぼ100%通じまい。
かくいう私も、日々使うチャンスをうかがってはいるものの、 周りの反応も考えると全く使う気になれない。


じゃあらっこの次はうさぎ。

「兎に祭文」
「馬の耳に念仏」と同じ。(同)

どうだ。知らないだろう。私も知らなかった。
このことわざも「いつもいつも『馬の耳に念仏』じゃワンパターンだよなぁ」 とあきあきしている方にオススメ。 ちょっとしたシチュエーションで、こんなことわざをさりげなく使いこなせると素敵ですね。

そんな例を一つ。
「ポケモンの隠れキャラに、『兎に祭文』 っていうのがいるらしいぜ。知ってるか?」
「オレにそんなこと言っても『兎に祭文』だよ」
「・・・」


も一つうさぎ。

「兎の上り坂」
兎が巧みに坂を上ることから、もっとも得意とする場所で力を振るうことのたとえ。(同)

例文
「あいつ、よくがんばるなー。」
「ああ、あいつこれだけは得意だからな。まるで『兎の上り坂』だよ」

しかしはずかしながら、私は兎が上り坂を上るところを見たことがない。 本当に兎は、下り坂に比べて上り坂が得意なのだろうか? もしそうなら、箱根駅伝で5区を任せるべきだ。

そうじゃなくて、まぁホントだとすると、山で兎を捕まえるようと思ったら 山の上側から狙うのがセオリーなんだろう。
すごく山のふもとへ逃げられそうな気がするが。

今日は勉強になったなぁ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2001年1月29日 22:42に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「だまされないぞ」です。

次のブログ記事は「辞書といえば」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ