辞書といえば

辞書は引く度に新しい発見がある。好きになってきた。

まずはこれ。 子供時代に辞書を手に取ったことがある人ならば多分知っているだろう。

「ちんちん」
1・やきもち。嫉妬。
2・極めてねんごろなこと。特に、男女の仲の極めて睦まじいこと。
3・(幼児語)陰茎。ちんこ。
4・犬が前脚で立って前足を上げる芸
5・「ちんちんもがもが」に同じ。
6・鈴・鉦(かね)の鳴る音。
(広辞苑)

この年になって広辞苑で引く単語がこれかよ、というツッコミは禁止。
ところで、これ順序がおかしい。 1、2が最初に思いつく人は果たして日本人のうち何%なのだろうか。 さらに2は「ちんちんかもかも」(男女が仲睦まじいこと)で知っているとしても、 1は知らないぞ。普通。
「おい、お前ちんちんしてんのか?」
「はぁ!???」
もっとうまく使いこなしたいところだ。
「あれ?あんたもしかして・・アタシにちんちんしてんの?」
「・・・は?」
あ、これもダメだ。

んで戻ると、5もなかなかすごい。なんだ?「もがもが」って。

「ちんちんもがもが」
子供の遊戯。片足を後方に上げて、他の片方で飛び歩くもの。けんけん。
(同)

けんけんって先に言えよ。 どんな遊戯か一生懸命考えちゃったじゃないか。
んで、目を右の項目に走らせるとさらに驚愕の事実が!

「ちんちら」
1・平たい石を投げて水上を走らせる遊戯。
2松毬(まつかさ)の異名。ちんちろりん。ちろり。
(同)

あれって「水切り」じゃなかったっけ? 地方によって違ったりするのだろうか。 情報求む。

ああ、今日もまた賢くなってしまった。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2001年2月 1日 22:56に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「らっこの皮」」です。

次のブログ記事は「なれるかな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ