屈服

屋内にいたらとても風が強く、ビュービューと音があまりにうるさいので 「やかましー!」と一喝したら、 その直後から

びゅー!びゅー!ぶおー!!ごー!!

とそれはもうものすごい音をたてはじめたので、 しまった!これは怒らせてしまった!!と思い、 おびえた声で「ごめんなさい」と言ってしまったのですが、 途端にさっきまでの音が嘘のようにぴたりと止んだではありませんか。

これは明らかに

「ああん?小動物が誰にもの言ってんだい?っていうか何様? ちょっとボク本気見せて格の違い見せつけちゃうヨ!?」

といった感じで自らの力を誇示し、私を屈服させたところで

「わかればいいんだよ〜。わかれば。
最初からそう言ってればこんなことしなくてすんだんだよ。な!?」

と勝ち誇った態度を取りつつ肩に手を回され頬を手の甲でピタピタされた感じですそうですきっとそうに違いありません。

ということで明日から復習のために天に向かって唾を吐いてみようと思います。 私の強い思いのこもった唾は、重力の法則なんて超越するに違いありません。

具体的には私の唾は第二宇宙速度で噴射されますので、 空気抵抗を無視すると重力圏突破なのですが、 空気抵抗がありますので途中で燃え尽きます(蒸発が先?)。

ちなみに唾の体積を3ccとし比重を1とすると、 横向きに唾を吐いた場合、後ろ向きに秒速0.2mほどの勢いで進みます。

すごいんだかすごくないんだかよくわからないので今日はここまで!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2002年1月27日 23:50に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「健康のためなら」です。

次のブログ記事は「リピーター」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ