空間活用

電車の座席の下には、よくわからない空間があります。
金属製の壁があり、座席の真下を見ることはできませんが、 機械が入っているように思えます。

座席の背もたれと座る部分の継ぎ目に手を突っ込むと、 そのよくわからないゾーンにどこまでも入って行ってしまい、 果てはありません。というか届きません。

あまりにもよくわからないので、ゴミを捨てたことがある人も少なくないはずです。すいません捨てたことあります。 そして時が流れ冬になり座席があたたかくなったとき、 ああ、あの中には暖房の機械が入っているんだと悟りました。

しかし。
さらに時は流れ、技術革命によって暖房器具が小型化したからか知りませんが、 座席の下に何もなくなってしまいました。 そのくせ座席は暖かいので、暖房の省スペースに成功したのでしょう。

ということで、座席の下の空間の有効な活用法を考えてみます。

1・荷物を置いてみる
まっ先に思い付きます。高さがある荷物は横にしないと入りません。 縦も横も高さもあるものは、変形してつめこみましょう。
欠点は荷物が汚れるところです。

2・寝てみる
高さ的に、十分人が入る空間はあります。 入るのにやや苦労するでしょうが、 まず床に寝転がり、両手を上に上げて転がることで簡単に入れます。 座っている人の足は、回転のエネルギーではねとばすといいと思います。 入ってしまえばこっちのもの、誰にも邪魔されない快適な車内ライフが約束されます。 出てくるときのことを考えないのがポイントです。

3・通過してみる
助走をつけて、ヘッドスライディングの形で、座席の下を通過します。 「でゅわ!」 と発音しながらすることで、さらに注目の的になれます。 ここまで怪しいと逆に誰にも何も言われません。
欠点は、服が汚れるところです。


しかし皆空間の存在自体に気付いておらず、誰も活用していないようです。
私もしてませんし、あまりするつもりもありません。
というわけで意味ナシ。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2002年2月 1日 00:31に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「回るよ」です。

次のブログ記事は「まるで夢のよう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ