まるで夢のよう

私は走っていました。
走っているのですが、周りはスローモーションのように動き、 進みません。 それどころか、気付くと自分だけ後ろ向きに進んでします。 前に向かって走っているにも関わらずです。
焦った私が「待ってくれ!」と言った瞬間、足の裏から巨大なもやしが生えてきて、 スーパーマリオのボーナスステージへ行く感じで空へと向かいました。 左を見ると、パンチョ伊藤が同じようにもやしを動力として並進しています。 彼はこちらを向いてニッコリと微笑みましたが、 私は直感的に(ヅラだ)と見破りました。

ふと気付くと草原に座っています。
私の左側には知らない人が立っていて、
「だから左じゃないんですってば」
と言いました。
しょうがないので右を向くとなぜか同じ人がいて、
「だから当然右でもないんだよ」
と言われました。
全く意味が分かりませんが、 私は直感的に(端ではなくまん中を渡ればよいのだ)と見破りました。


という夢を見ました。
というのはウソで、妄想でした。
夢見がちな年頃なのです(起きてても)。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2002年2月 2日 00:30に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「空間活用」です。

次のブログ記事は「私は信じる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ