Maclalalaさん復活

現在各所で勃発している(といっても2件しか知らないが)転送量問題で、 しばらくお休みされていたmaclalalaさんが更新を再開された。 隠れウォッチャーとしては喜ばしい限りだ。

さてそのmaclalalaさんのエントリーで興味深いものがあったので早速引用する。
ハンドヘルドコンピュータ革命 《 maclalala

引用といいつつリンクしかしていないことはさておき、 iPod+(+appleTV)→iPhone という流れが、 iTunesやSafariなどのアプリとセットになっているという点に注目したい。

これらは単体として機能させることをかなり慎重に避け、 iTunesをインターフェースとしてのみアクセスできるように作られている。 その一方でiTunesはWindows版もリリースし、 iPodやiPhoneという魅力的な製品を、 MacユーザーのみでなくWindowsユーザーへも垣根を広げて訴求することで、 Macの世界をWindowsユーザにとっても身近なものへと近づけている。 そして、iPhoneに搭載されているものは、まさにOSXそのものだ。

Steve Jobs の戦術(それは iPod 登場のずっと以前から熟慮されたものに間違いない)

これが何を意味するのか。
maclalalaさんが紹介されている記事を読みながら、そんな楽しい想像を膨らませた。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2007年8月 7日 00:07に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Safari 3 Public Previewを試してみた」です。

次のブログ記事は「新・Macオンラインウエア情報検索をサービスメニューに登録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ