補わない

 本屋で「チーズはどこへ消えたか?」を立ち読み。 2ページごとに出てくる大きなチーズだけ読み飛ばす。

 そもそもチーズチーズと言っているから「チーズがない」とか言うわけで、 むしろチーズに対する欲を消すという方向に考えるのが「禅-mind」だ、 などと考えたりする。

 しかし一番印象深かったことは本の内容ではなく、 隣に「バターはどこへ溶けたか?」という本が違う出版社から出ていたことだった。 もちろん 装丁そっくり。 たくましいなぁ。

 話は変わって、テレビで長嶋へのインタビューをやってるのを見て。 今日の試合で長嶋は川上を抜いて、巨人歴代の監督の中で試合数が1位になったらしい。 そのことについて語る長嶋。 例によって、話したことがそのまま画面下にテロップが出る。

「われわれは来る日も来る日もゲームを消化しなくちゃいけないわけですしね。 節目としては、(意識)しますけどね。」

ちょっと待て。 その(意識)というのはなんだ。 どうやら番組側が、勝手に長嶋の意を汲んで補ったようだ。 しかし長嶋が「節目として、した」ことは、本当に「意識」なのだろうか。

例えば
「節目としては、(興奮) しますけどね。」
かもしれないし、もしかすると
「節目としては、(東京ドームを爆破) しますけどね。」
という犯行声明かもしれないということだ。 こんな大事なメッセージが隠されていても、 勝手にわかった気になっていては何も読み取ることはできない。 これは危険なことだと言わざるを得ないだろう。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2001年4月28日 23:57に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「近ごろの若いもん」です。

次のブログ記事は「就活」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ