近ごろの若いもん

いつも思うこと。

 「最近の若い人は・・・」
紀元前のエジプトでも言われていたという(ホント?)この言葉。 要するに、上の世代の人たちの常識と違う行動をする、 若い世代の人に対する違和感(不満?)が発言の原因だろう。

 でも、上の世代の人たちが今の若い世代に生まれ育っていた場合、 一体どうなるのだろう。 おそらく「今の若い世代」と同じ価値観を持ち、「最近の若いやつは・・・」 と言われる立場になるのだろう。 現在上の世代の人たちも昔は言われる立場だっただろうし、 いずれは今の若い世代が者が言う側の立場になる。 reincarnationってやつだ。

 「おれたちの頃はこんなことあり得なかったけどね・・・」
とは不思議そうに言われても、こちらとしてはそれがデフォルトだったりする。
こうするとほめられる、とか適応しようとした結果だし。

 育てた側の責任とも言えない。
皆自分の子供に幸せに育って欲しいと思って育てているのだから
(少なくともそう信じたい)。

 結局このテのセリフは言ってもしょうがないのかもしれない。
でも私も時々言いたくなる。

 世代の傾向って、周期的に繰り返すもののような気がする。
親の世代への反発って言うのもあるわけだし。
少し前は斜に構えるのがカッコイイといったな雰囲気があったけど、
その反動か近ごろはまっすぐというか純粋というか、そんのが増えている気がする。


話が散らかってしまったが、一つ確かなことは。
若かろうが年取っていようが、人のめーわく省みない方は大キライということです。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2001年4月15日 23:59に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メジャー」です。

次のブログ記事は「補わない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ