tabとスペースキーで左クリックを代用できる


知ってる人には当たり前、知らない人には目からウロコのコーナーです(←今作った)。


今日のお題は、ショートカットです。
キーボードショートに手を置いているときは、なるべくマウスに持ち替えたくないですよね。
私は意地でも持ち替えたくありません。みんなそうですよね。
今日は、そんな意地っ張りのあなたも大興奮のお勧めキーをご紹介!
その名もスペースキー!あのでっかいやつ!


なんだよそんなのいつも使ってるよ、という方も聞くだけ聞いてってくださいね。
あのキー、空白作ったり漢字変換するだけが能じゃないんですよ。


例えば、こんなダイアログが出てるとしましょうよ。


space-shortcut1.png


このファイルを「暗号化」して保存したいとしましょう。
こんなときどうします?おっと、マウス使っちゃうんですか?
でも今日は一つがんばって、キーボードだけで行ってみましょう。


とりあえず、まずtabを連打して「暗号化」がハイライトされた状態にしましょう。


space-shortcut2.png


ちょっと見にくいですが、こんな感じ。
ここでおもむろにスペースキー押しますね。するとこうなります。


space-shortcut3.png


そう。チェックボックスを選択できちゃいました。
マウスで左クリックしなくてもいいんですね。
ここで「return」「enter」を押せば、青地になっている「保存」をクリックしたことになります。こっちは有名ですよね。


このテクはこんなときにも使えます。


space-shortcut4.png


絶望的に「キャンセル」してしまいそうなこの状況ですが、
ファイルを「置き換え」たい!こんなとき、どうしますか?


そうです。キーボードだけで行きましょう。
まずtabを何回か押して「置き換え」を選択します。


space-shortcut5.png


こんな風にボタンの周りがぼんやり青くなっていればOKです。
ここでおもむろにスペースキーを押します。
そうすると「置き換え」ボタンをクリックしたことになり、ファイルは置き換えられちゃいます。
すごいですね!


このテクを使うことで、今まではあきらめていたような状況でも、
キーボードから手を放すことなく切り抜けることが
できるようになるかもしれません。お試しあれ!


と、ここで大事なことが判明したのですが、これをやるには、
「環境設定」→「キーボード」で「フルキーボードアクセス」を
「すべてのコントロール」にしておく必要がある
ようです。
(参考:キーボードでMacの環境設定やダイヤログなどを操作する方法 / Inforati


まとめ

  • スペースキーは左クリックの代わりになる
  • 決定したいボタンへのフォーカスの移動は、tabキーで
  • 「return」「enter」は青地のボタンを押す代わりになる

ということで、自分が知らなかったので書いてみたものの、 みんな知ってることだったら赤っ恥ですね! そんなリスクを抱えつつ、皆さん次回のこのコーナーで! (←あるのか?)ご機嫌よう!

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2008年10月16日 23:04に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「読書メモ:グーグル革命の衝撃」です。

次のブログ記事は「思わせぶりなタイトル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ