FinkからMacPortsへ乗り換えた

MacOSXはにUNIXのツールをインストールする便利ソフトとして、FinkとMacPosrtsが有名だ。 今回は、今までFinkを使っていたのをMacPortsに乗り換えることにした。

なんでか?なんとなくだッ!(1分ほど調べたが差がよくわからなかった)
ということで以下やり方。

1.finkのアンインストール

ターミナルを起動し、以下のコマンド(「$」以降)を打ち込む。

$ sudo rm -rf /sw

「sw」を打ち忘れると大変なことになる(全部消える)ので気をつけること。

参考:Fink - F.A.Q. - Fink の使用方法

2.Xcode最新版入手

http://connect.apple.com/から。 アカウントは無料で登録できるので入手し、ログイン。 「Downloads」→「Developer Tools」と進み、 「Xcode X.X.X Developer Tools」で、X.X.X(数字)が一番新しいものをダウンロード。('08 11月現在は3.1.1)

4.X11インストール(Tiger以前)

OSインストールディスクから。 Leopardからは、標準でインストールされるのでこの作業は不要。

5.MacPortsインストール

やっと本題にたどり着いた。
http://svn.macosforge.org/repository/macports/downloads/からダウンロードする。'08 11月現在1.6.0が最新。

6.環境変数設定

シェルがBashHの場合(Leopard標準)
.bash_profileあるいは.bashrcに以下を追記

export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

CSH, TCSHの場合
.cshrcとかに以下を追記。

set path = (/opt/local/bin /opt/local/sbin $path /Developer/Tools)
setenv MANPATH /opt/local/man:"$MANPATH"

設定したら一度ターミナルを終了させて、新しく立ち上げて「env」と入力。 PATHとMANPATHの表示に、以下のように/opt/....が入っていればOK(太字の部分)。

PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/usr/local/bin:/usr/X11/bin
MANPATH=/opt/local/man:/usr/share/man:/usr/local/share/man:/usr/X11/man

あとは以下のコマンドを打ち込んで、MacPortsをアップデートすれば使える状態に。

$ sudo port -d selfupdate
$ sudo port -d sync

ソフトの検索、インストール、アンインストールはそれぞれ

$ port search ソフト名
$ sudo port install ソフト名
$ sudo port uninstall ソフト名

他、使い方についてははこべにっき#さんに詳しい。
MacPortsでステキなUNIXツールをインストール - はこべにっき#


ということで、以上で乗り換え作業終了! とりあえずsl でもインストールするかな・・・と思ったらMacPortsにはないじゃん!

〜終了〜

参考:

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2008年11月23日 23:27に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「読書メモ: 科学と方法」です。

次のブログ記事は「あなたの知らないKJ法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ