二次元大介

ということばを思いついて喜び勇んで書いてみたら、あんまりおもしろくない。なぜだ。

次に「三次元大介」ということばを思いついて喜び勇んで書いてみたら、やっぱり大しておもしろくない。不思議だ。

しょうがないから「四次元大介」という、腹部に白い半円状のポケットを付けた次元を考えた。

「おいルパン、不二子のやつ、また何かたくらんでタケコプター!!!

とか言ってる姿を想像したらちょっと楽しくなった。よかった。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2008年12月19日 23:35に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「読書メモ:アフォーダンス-新しい認知の理論」です。

次のブログ記事は「ハナメガネーカーで遊んでみた その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ