iTunes10パッチ当ての儀式

iTunesはversion upの度に行う儀式がある。

  • 再生するとジャンルが日本語に直されるのをTune-up iTunesでパッチを当てて元に戻す

というものだ。
ところがiTunes10になって、以下のことも必要になった。

  • 曲の横に表示される矢印を、Ping関連の表示からLibrary内の表示に戻す

Pingはあまりやる気がないので、黙らせたいのです。

ということで、以下を参考に黙ってもらうことにした。
iTunesライブラリに表示されるようになったPingボタンを消す | Macの手書き説明書
以下の3つをコマンドプロンプトで入力。
これはアプリ側ではないので、一回やればずっと有効(なはず)。

% defaults write com.apple.iTunes hide-ping-dropdown -bool TRUE
% defaults write com.apple.iTunes show-store-link-arrows 1
% defaults write com.apple.iTunes invertStoreLinks 1

ちなみに、Tune-up iTunesの最新verが10.0.3なのだが、
こちらはPing関連の設定もできるようだ。

ようだ、というのは、私の環境ではエラーが出るため、
いまだにver8を使っているからだ。
サイトに書かれている注意書きはやってみたのだが。
なんでだろう。

と微妙なタイミングで終了。

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2010年11月15日 00:51に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「α波が出る音楽を流しながらキレイな写真のスライドショーをながめてリラックスする」です。

次のブログ記事は「Bentoに興味がある」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ