メモリ解放アプリPurge Memoryを作ってみた(要Xcode)

Purgeというコマンドがある

Macで使っていないメモリを解放する方法 | Macで遊んでるという記事を読んだ。

ターミナルを起動してpurgeと入力するだけです。

Macで使っていないメモリを解放する方法 | Macで遊んでる

早速やってみた。
ターミナルで
「purge」
と打ってreturn押すだけ。

作業中は、5秒ほど?マウスクリックを受け付けなくなるが、
確かにガッツリ空きメモリが増え、
アクティブメモリもインアクティブメモリも減りました!
なんと!

で、「purge」って何?

Purge can be used to approximate initial boot conditions with a cold disk buffer cache for performance analysis. It does not affect anonymous memory that has been allocated through malloc, vm_allocate, etc.

for performance analysisとあるが、
要はディスクキャッシュ解放のためのコマンドみたい。
いいじゃないですか。知らなかった!
最近できたの?

September 20, 2005

あっれ〜。おかしいなぁ!おかしいなぁ!
(しきりに首をひねりながら)

Purge Memory作ってみた

私はこれまで、虹色カーソルグルグル対策として、
メモリの解放アプリをいくつか作って公開してきた。
(スワップファイルをなくそう4 - Release Memory2 (for Tiger) (うむらうす)など)

これらでは、「ディスクのアクセス権修」とか、
「locate.dbの再構築」とか、
「本来メモリ解放のためのものじゃないけど、解放されるからまぁいっか」
的な感じのコマンドを利用してきた。

でも、こんな「それ専用のコマンド」があるのなら、
これ使えばいいんじゃなかろうか?

で、自分用に作ってみたらちゃんと動いて効果もあった。
使ってくれる人もいるかもしれないので、公開しておく。

やってることはほぼこれまで通り4つで、
4番目を「purge」コマンドに変えただけ。

  1. Finder再起動
  2. Dock再起動
  3. Dashboard cache消去
  4. purge

これを「Purge Memory.app」とした。

ダウンロード

Purge_Memory.zip

<追記>
わかばマークのMacの備忘録 のwakabaさんが、
アイコンをRetina Displayに対応したものに作り直してくださいました。
いつもありがとうございます!!
<追記ここまで>

<追記2>
Mountain Lionでは、「purge」コマンドでエラーが出るように
なってしまっているそうです。

Mountain Lionで使用する場合は、
ターミナルで以下のコマンドを順に実行してください。

cd /System/Library/PrivateFrameworks/CoreProfile.framework/Versions/A/Resources/Devices/ (一行で) sudo ln -s osx-12.0.0.xml osx-12.1.0.xml

(参考:Mountain Lionでエラーがでるようになってしまったpurgeコマンドを直す方法 - Macの手書き説明書
<追記2ここまで>

いくつものversionを作るのめんどくさかったので、通知はGrowl版のみ。
(コマンドプロンプト版とか別にいいですよね?)

使い方

zipファイルにしてあるので、ダブルクリックするなどして解凍し、
/ホーム/ライブラリ/Scripts/

に放り込んでおくと、スクリプトメニューからアクセスできるようになる。

スクリプトメニューの使い方は、↓の「方法2:スクリプトメニューに登録する」を参照のこと。
AppleScriptの使い方(スクリプトメニューとユニバーサルパレット)

その他の説明はこちらを参照ください。
Release Memory、Freemem Monitor、Freemem KeeperがSnow Leopardに対応

そしていつも通り、こいつがなにか暴走しても、
何の保証もいたしかねますので、ご利用は自己責任でお願いします。
なんかおかしくなったら「強制終了」してください。

また、フォアグラウンドの処理を5〜10秒ほど奪いますので、
DVD焼いているとか、そういう作業中には
起動しない方がよろしいかと思います。(特にKeeper)

あと「purge」コマンド実行のためには、
Xcodeが必要らしいで、ご注意を。

Xcodeのインストールについてはこちらを参照ください。
Xcode 4.1 を AppStore からダウンロードしてインストール - Debian GNU/Linux 3.1 on PowerMac G4

ちなみに動作確認はMountainLion(10.8.1)でしかしてません!

おしまい。


関連記事:
Release Memory for Leopardを作ってみた (うむらうす)
アイコンを作っていただいた (うむらうす)
空きメモリ確保AppleScript「Freemem Keeper」作った (うむらうす)
スワップファイルをなくそう4 - Release Memory2 (for Tiger) (うむらうす)
空きメモリ確保AppleScript「Freemem Keeper」作った (うむらうす)
残り空きメモリ監視AppleScript「Freemem Monitor」作成 (うむらうす)

皆さんの拍手が私のモチベーションです。
励ましのコメントも送れるよ!→

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2012年7月18日 22:47に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「web拍手にお答え 2012年1月〜3月」です。

次のブログ記事は「Podcastアプリの不便な点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

広告

アーカイブ