転びそうで転ばない人と、転んだり転ばなかったりする人と、転びまくる人

暗いニュースが多いこんな時代だからこそ、
観たら強制的に笑ってしまう動画を観るべきである(確信)。

笑ってしまうといえば、ネット廃人の皆様にはお馴染みの、
転びそうで転ばない人。さぁ、行ってみましょう。

一般人なら一瞬で転んでしまうオフバランスな状態で、
9秒間も耐えるこの身体能力。何度観てもすばらしいですね。
さすが「転びそうで転ばないおじさん」の二つ名に
ふさわしいパフォーマンスです。 最後にスコップを放り投げ、落ち着きを取り戻す姿、最高ですね。

次。

こちらのおじさま、恥ずかしながら初めて拝見しました。
このオフバランスな状態は、これはもう足が後ろに行って
顔からビターン!というところまで想像した視聴者を
見事に裏切るそのバランス感覚。
視聴後は謎の感動に包まれますね。

次。

「階段」+「転びそう」という嫌な予感しかしない場面で、
普通の人なら11回くらい捻挫しそうな動きを
若さゆえの足首の柔軟性で乗り越えています

最後に、声をかけてくれた人に目礼しているところも好感が持てますね。

次。
ここからは、転んでしまう人です。

スケートが「滑れんのに最初からいく勇気」とのことですが、
転ぶ恐怖などものともせず、リンクに降り立つ姿はまさに勇者。 最初は2回見事に転んでしまいますが、
18秒くらいからのパフォーマンスは圧巻。
コサックダンスにも似た姿勢での動きは、
足腰の強さを証明しています。
なぜオフバランスな状態を乗り越える姿に、
人は感動してしまうのでしょうか。

次。

凍った路面が、坂になっているところがポイント。
下の人は、バランスを取って立っているだけで下れますが、
上りは絶望的。何度転んでも立ち上がり、斜面に挑む姿は
我々に勇気を与えてくれます。


いかがでしたでしょうか。
ちょっと気分が落ち込んだときとかに観れば、
たちまち明るく気分になれそうです。
自分でもブックマークしておこう。

最後に猫様のパフォーマンス。
猫もオフバランスでは慌てるのね。

ガッツゴリラ

この最も大事な位置にガッツポーズをするゴリラが表示されていることに何の意味があるのだろうか?答え:何もありません。こんなところまでお読みいただきありがとうございました。

Macオンラインウエア情報検索

Loading
Macオンラインウエア情報検索についてはこちらを参照ください。 →「Macオンラインウエア情報検索」をアップデートしました2012

このブログ記事について

このページは、2020年12月15日 11:38に書かれたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「てぇてえ(尊い)」です。

次のブログ記事は「なんでもできる系サービスNotionの使い方について考えてみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ